「ソースかつカレー」に驚く

村のルーティンワークとなった実家の掃除で群馬・桐生へポンコツ車を飛ばす。桐生は 日本三大ソースかつ丼のメッカとして、長野・駒ヶ根、福島・会津とともに知る人ぞ知る存在。

約1時間半ほどの掃除を終え、ひと汗かいた後に、桐生市内境野(さかいの)にある洋食レストラン「ペーペ.」へ。イタリア語で胡椒(こしょう)の意味。時計を見ると、午後1時半を少し超えていた。「西の西陣、東の桐生」と言われた過日ほどの活気はないが、織物の街・桐生には隠れたいい料理屋が多い。
          ペーペ 
          メルヘン風外観

「境野には大伯父が大きな屋敷を構えていたのよ。織物工場で成功していたけど、知人の借金の保証人になったことが原因で破産してしまったのよ。紙切れ一枚で全財産を失ってしまうなんてバカみたい。だから境野に来るとついついそれを思い出しちゃう」

珍しく村民2号がセンチメンタルジャーニーになってしまった。村だって破産寸前(?)かもしれないので、困った。こういう時は黙っているに限る。沈黙は銀なり。あまり関係ないが、貴乃花の沈黙は金なりか。勝敗は場所後にわかると思う。TVの根拠不明なおしゃべりは語るに落ちる。
          ペーペ5 
          落ち着く

「ペーペ.」はサーモンピンク色の一軒家のレストランで、ここが美味いという情報は、村民2号が仕入れて来たもの。「カレー&パスタ」と表記されたドアを開けると、ウッディな床と植物、それに窓から入ってくる柔らかな日差しがゆったりと落ち着く雰囲気をかもし出している。。木のテーブルが6つほど。小さなカウンター席もあり、その対面が厨房になっていて、そこに白いコック服姿の二人(ご夫婦?)が仕事に励んでいた。BGMはなぜか安室奈美恵だった。
          ペーペ② 
          メニューの一部

イタリア料理を中心にメニューは多い。この店の売り物でもある「カレー」だけでも15種類もある。その中から村長は「ソースかつ」(税込み 950円)を、村民2号は「なすとひき肉」(同 800円)を選んだ。ついでにランチタイムサービスの「サラダと飲み物」(プラス250円)も頼むことにした。むろん、コーヒー。
          ペーペ④     
          まずサラダ
     
注文を受けてから作り始めているようで、とんかつを揚げる軽やかな音が厨房から聞こえてきた。待ち時間は15分ほど。サラダが先に来て、「ソースかつ」カレーライスがやって来た。おおおというビジュアル。
          ペーペ⑤ 
          おおおの登場
          ペーペ⑥ 
          海と孤島
          ペーペ1 
     こちらは「なすとひき肉」

白い大皿に焦げ茶色の自家製カレーの海。真ん中に孤島のようにライスが盛られ、千切りキャベツが乗り、さらにその上に一口かつが3個「どうだい」とそびえていた。しっかりとソースにくぐらせてある。紅ショウガがちょこんと乗っている。カレーライスと桐生のソースかつ丼をドッキングさせたアイデアがユニークではある。
          ペーペ⑦ 
          本格的味わい

カレーは本格的な欧風カレーで、深みのあるまろやかな味わい。スパイスもほどほど。仕込みに二日ほどかけているそう。タマネギがすっかり溶け込んでいる。
          ペーペ⑨ 
          ヒレの一口かつ

一口かつは噛んだ瞬間、コロモのサクッとした歯触りがいい。中の肉は国産豚のヒレ肉だそうで、厚みはさほどないが、柔らかくて美味。思ったほどのボリュームはないが、それがお腹にはほどよい。
          ペーペ4 
          かじり愛?
          ペーペ11 
          ソースとカレー

好みもあるが、ちょっと惜しいと思うのが、ソースがライスの下まで浸みていること。つまりソースの量が多すぎると思う。せっかくのカレーの美味さが減少してしまうのではないだろうか。加減の問題。

「私の方は当たり。チーズが添えられていてそれが意外に悪くない。カレーの美味さに尽きるわね。天国の大叔母が私に味方したのね。コーヒーも美味いわ」
すっかりセンチメンタルは消え、うふうふ顔。変わり身は金なり。

店は今年で33年になるそう。「旬の味」カキフライカレーも美味そうだった。また来ることにしよう。

本日の大金言。

ソースかつのカレーは極めて珍しいが、東京・新宿にある大正10年創業「王ろじ」に歴史的な名物があることを思い出した。以前このブログでもご紹介した「とん丼」である。こちらはドンブリだが、あの柴田錬三郎も愛したとんかつ屋である。



                  ペーペ12 





続きを読む

スポンサーサイト

お江戸日本橋の「讃岐肉うどん」

 東京・三越前に行ったついでに、天丼で有名な行列店「金子半之介」をのぞいてみた。天ぷらの盛りのよさとリーズナブルな価格設定で、時間によっては1~2時間待ちもある。

これまでも何度か行ってみたが、スマホ片手の行列に嫌気が差し、入ったことはまだない。今回は時刻が2時近かったので、ひょっとしてと思い、のぞいてみた。20~30人が並んでいた。
          ほし野① 
          大行列のこちら側

へそ曲がりゆえにスマホ片手というのがイマイチ気が進まない。そこはあきらめて、すぐ並びの先にある「讃岐うどん ほし野」に入ることにした。長い黒板塀に大きな提灯が下がっている。ちょっとした料亭みたい。
          ほし野② 
          看板の誘い

行列がなかったのと道路の外側に出ていたスタンド看板の「肉うどん」の写真が美味そうだったからだ。讃岐うどんは嫌いではない。630円という安さも後押しした。自家製うどん、という表記。花のお江戸の中心地、日本橋室町でこれだけの外観と安さは得難い。江戸の讃岐うどんてえのも案外いいかも。 
           
入ると、明るい木の空間。カウンター席が続いていた。テーブル席もある。きれいだがどこかバーチャル風で、個人的な印象だと、職人の匂いがしない。BGMはなぜか津軽三味線が流れていた。外観と内側のギャップを感じてしまった。今どきの店のようで、「まだ1年ちょっとです」(女性スタッフ)。店の対応はテキパキとしていて悪くはない。
          ほし野③ 
        そそるメニュー(一部)

カウンター席に座って、スタンド看板に出ていた「肉うどん」(温 税込み630円)を頼んだ。待ち時間は7~8分ほど。手打ちのさぬきだとしたら、ちょっと早すぎる。
          ほし野⑥ 
          肉のボリューム
          ほし野⑤ 
          おおお

丼ぶりは小さ目だが、テンコ盛りの薄切り肉と黄金色のツユ、かまぼこ、その下のうどんはやや細め。いいイリコ出汁の匂いが立ち上がっている。これで630円なら、ハズレテもしょうがないかな。

そう思いながら、まずは黄金色の透き通ったツユをひと口。塩気が強めだが、イリコ出汁の旨みが悪くはない。
          ほし野⑧ 
        いりこ出汁のツユ
          ほし野④ 
          天かすとネギ

薄切り肉はかなりの量だが、どこか吉野家の牛丼の肉のような印象。そう悪くはない。豚肉ではない。聞いてみると「牛肉です」。うどんは少々期待外れ。本場・香川で食べたコシともっちり感にあふれたうどんとは比べようもない。ブツッと切れる印象。コシももっちり感もそこそこ。
          ほし野⑨ 
          讃岐うどん
          ほし野10 
          薄切り肉
            ほし野11 
        天かすをパラパラ

トリ天(200円)、げそ天(200円)、ちくわ天(180円)などトッピングもあり、サブメニューもある。それなりに楽しめるとは思うが、全体としてはよくできた時代劇のセットのようで、あまり奥行きが感じられない。黒板塀の外観と大きな提灯に少々期待した分、「悪くはないが、ま、こんなもんかな」という昼めしとなった。その後、調べてみたら、大行列店「金子半之介」の姉妹店だった。うむ。


本日の大金言。

店の良し悪しは最終的には個人の好みだが、最近の人気店で気になるのは、それらしい店が多いこと。店構え、店内、メニュー・・・それらが計算の下に「それなりに」作られている。化学調味料も「それなり」。



                ほし野12 


「運慶」前の元祖かつサンド

 東京・上野はとんかつのメッカでもある。東京国立博物館で開催中の「運慶」を観に行くついでに、もう一つの目的、湯島の「井泉(いせん)本店」で「元祖かつサンド」を食べることにした。

上野は老舗中の老舗「ぽん多本家」(明治38年創業)、「蓬莱屋(ほうらいや)」(大正元年創業)があり、かつて「とんかつ御三家」の一角だった「双葉」は3年前に閉店に追い込まれている。「井泉本店」は創業が昭和5年(1930年)で、その次あたりに位置する存在。ぽん多本家や蓬莱屋より敷居がやや低いのがいい。ここは「かつサンド」の元祖でもある。
          運慶展 
          大行列だった

「運慶」展は予想以上の大行列で、待ち時間が50分だった。ため息が青空に吸い込まれて行く。見てから食べるか、食べてから見るか。芸術の秋か食欲の秋か。少し迷ったが、村民2号が「食べてから見ましょ」。運慶を見るには体力がいる。で、先にランチとなった。
          井泉本店 
          井泉本店へ

正午前ということもあり、こちらはさすがに行列はなかった。「蓬莱屋」ほどの古さではないが、一軒家の古い木造の店構えと紺地の暖簾はポエム、である。
          井泉本店② 
          メニューの一部
          井泉本店③ 
          いい座敷

暖簾をくぐると、一階はカウンター席で満員。とんかつを揚げる白衣の職人さんが4~5人ほど、さすが老舗のとんかつ屋。中居さんの動きもテキパキとしている。軋みそうな古い階段を上り、二階座敷に案内される。蓬莱屋とよく似たいい雰囲気。村長は「かつサンド」(6切れ 税込み900円)、村民2号は「かつ丼」(同1350円)を頼んだ。ついでに「グラスビール」(同400円)も忘れない。
          井泉本店⑤ 
        元祖かつサンド、登場
          井泉本店④ 
          こちらはかつ丼

初代の女将さんが考案したという「かつサンド」は、創業当時とほとんど変わらないもの。注文を受けてから揚げるので、待ち時間は12~3分ほど。白い大皿に下紙が敷いてあり、そこにきれいに6切れが並んでいた。
          井泉本店⑥ 
          見事なバランス

とんかつはきつね色にきれいに揚げられていて、濃厚な自家製ソースにたっぷりとくぐらせている。見るからに柔らかそうな肉は厚みが1センチほど。思ったほど厚みはないが、上質のロース肉だとわかる。脂身はきれいに取られている。脂身好きにはちょっと残念だが。鮮度のいいパセリがちょこんと添えられている。

食パンは8枚切りの薄さで、しっとりと柔らかい。手に持った瞬間、指型が付くような感じ。
          井泉本店⑧ 
          失礼します

ガブリと行くと、とんかつは揚げたてのサクサク感が残っていて、ソースは思ったほど甘くはない。ロース肉はこの店の特徴である「箸で切れる柔らかさ」。筋や繊維を丁寧に叩いて柔らかく仕込んでいるに違いない。
          井泉本店1 
          マスタードなど脇役陣
          井泉本店10  
        マスタードを付ける
          井泉本店11 
          上質な味だが
 
食パンにはバターもマスタードも塗られていない。余分なものがない。直球勝負の元祖かつサンドで、それがこの店の伝統と矜持かもしれない。途中でマスタードを付けると、さらに味わいに変化が付く。

「かつ丼」はドンブリではなくお重で、黙々と食べていた村民2号が「思ったほどボリュームはないけど、きれいな味で、ヘンなものが入っていない、洗練された味わいだわ。タマネギではなく長ネギというのも伝統を感じさせる。良きトンカツ屋なのは確かだわ。ドンブリにしてほしかったけど」と中辛の寸評。

残りのグラスビールを流し込むと、胃袋が落ち着いた。芸術の秋か食欲の秋か。いや、両方だろう。目線の先には運慶の大行列・・・。

本日の大金言。

かつサンドは銀座梅林も有名。東京かつサンドの東西横綱と言えるが、銀座梅林の創業は昭和2年(1921年)。とんかつ(カツレツ)の元祖は銀座「煉瓦亭」(明治30年創業)と言われている。明治末期から大正、昭和にかけて、上野と銀座はとんかつのメッカだった。かつサンドはコロンブスの卵で、その中から生まれた。


                   井泉本店13

渡来人と「原木椎茸せいろ」

 少し前、愛読している東京新聞で「渡来人伝説・日高市」を特集していた。面白かった。

日本人のルーツには謎が多いが、日本人が単一民族でないことは、人類学者や考古学者の間では異論がない。埼玉県の南西部にある人口5万6000人弱の日高市にある高麗神社(こまじんじゃ)へポンコツ車を飛ばすことにした。

その地名が示すように、このあたりはかつて高麗郡と呼ばれ、紀元前7世紀後半に超大国・唐と新羅の連合軍に敗れた高句麗の王族や臣下が集団で落ちのびてきた場所らしい。渡来人は紀元前からいくつかの波があり、それが古代日本に大きな影響を与えたという。
          高麗神社① 
          高麗神社
          聖光院② 
          こちらは聖天院

村長の遠い祖先は、耳垢の状態から見て、ニューギニアあたりが半分以上だと思うが、日本に逃れてきた王族の末えい・高麗若光王を祀っている高麗神社に詣でると、不思議な声が聞こえてきた。

「おまえはどこから来て、どこへ行く?」

そう来たか。で、ひとまず昼食を取ることにした。腹が減っては探索もできぬ。
          高麗川駅 
          高麗川駅

だが、この街は不思議な街で、歩いても歩いてもいわゆる商店街や飲食街が見当たらない。JR高麗川駅に行っても、ピンとくる店がない。人も驚くほど少ない。仕方なく、市立図書館に行って、そこの女性スタッフに「どこか美味いもん食べるとこありませんかねえ」と窮状を訴えた。

「ないですねえ。商店街というのも特にはないんです。コンビニはいかがですか?」
「はあ、渡来人の街に来てコンビニとは」

5~6分ほど糠に釘のような問答をしていると、別の女性スタッフが「あっ、ちょっと高いですけど、一軒だけいいそば屋があります」。
          遊蕎① 
          砂漠のオアシス?

教えてくれたのが、「そば茶房 遊蕎(ゆうきょう)」だった。蔵造りの一軒家で、いい店構え。「新そば」の文字が食欲をそそった。ウッディーなそば処で、砂漠にオアシスの気分。ここで食べたのが「原木しいたけせいろ」(税込み 1100円)。日高産の肉厚椎茸(しいたけ)を使った温かいツユに打ちたての冷たい新そば(北海道産)をくぐらせてたぐる。
          遊蕎② 
          メニューの一部
          遊蕎⑤ 
        原木しいたけせいろ
          遊蕎⑥ 
          上空より
          遊蕎2 
          新そば!

細打ちの二八そばで、期待したほどの風味はなかったが、コシがほどよくあり、肉厚椎茸の風味と昆布出汁の効いたツユとの相性は悪くない。途中で持って来てくれたそば湯がこってりしていて美味。
          遊蕎3 
          この肉厚しいたけ
       
少し物足りなかったので、デザート代わりに自家製「そばがき団子」(1ケ 350円)を頼んだ。もっちりしたそばがきでつぶあんを包んでいた。きな粉がまぶしてある。そば湯を飲みながらこれを賞味すると、ようやく落ち着いてきた。
          遊蕎⑨ 
        そば湯とそばがき団子
          遊蕎11 
          当たりか?
          遊蕎10 
          店でしか食えない

若い店主と雑談。店は創業して14年になるそう。あの伝説の店「足利 一茶庵」で5年半ほど修業、地場の野菜を使ったオリジナルメニューやそばスイーツも作っている。人も食事処も少ない、殺風景な(失礼)渡来人伝説の街で、やや値段は高めながら、14年も店を続けているのは凄いことでもある。

八割の満足感。食べ終えてから、ふと隣に「渡来人」の気配がした。「そばだって我らが持ってきたもんですぞ」そんなつぶやきが聞こえた気がした。まさか?

本日の大金言。

日本人のルーツはさまざまなルートがあり、近年はDNA分析なども取り入れられ、北から南から様々な人種がやって来たようだ。縄文人も弥生人も長友顔も槙野顔もいつしか日本という器の中に収まって行った。日高市はその意味で面白い存在だと思う。排除ではなく共存の可能性。





                  遊蕎12 





アキバの意外「大正の煎餅屋」

 大の甘党だが、煎餅(せんべい)好きでもある。本日テーブルに乗せるのは、神田⇒秋葉原周辺を散策中に見つけたポエムな煎餅屋さん。
          せんべい柏屋① 
          かような場所に

神保町から昭和通りに出てアキバ方面へのぶら歩きは好きなコースの一つ。古くていい店が残っている。神田川を越えてすぐアキバというところで、ふと右手を見ると、そこだけセピア色の煎餅屋が見えた。「せんべい柏屋」の古びた看板。時代に取り残されたような小さな店構え。ここが知る人ぞ知る、あの煎餅屋とは知らなかった。

歴史の浸みこんだ木枠のガラス戸から見える世界は、写真で見た懐かしい世界で、手焼きの煎餅がガラスケースにあれこれ納まっていた。その値段が驚くほど安い。以前食べた大宮・氷川神社参道の「小林屋」もいい煎餅屋だったが、ここにはかなわないと思った。浅草・入山煎餅のような、派手なパフォーマンスもない。
          せんべい柏屋⑤ 
          この素晴らしき世界

創業は大正8年(1919年)で、この店の味を愛する有名人は多い。加山雄三や長嶋茂雄のサインもある。ちょうど女将さん(二代目夫人)がいて、いかにも下町の気さくなおばさんだった。

「あと少しで百年になるんですよ」と話しながら、村長のささやかな注文を受ける。たまたまいた常連のおばさんが「ここ美味いわよ」と合いの手を入れる。すぐ近くがアキバとは思えない。よく考えてみれば、歴史的には江戸⇒東京の中心の一つはこのあたりで、高層ビルやオタクの街こそがごく最近の出来事と思い直す。
          せんべい柏屋② 
          梅ザラメさま
          せんべい柏屋③ 
          げんこつさま
          せんべい柏屋④ 
          味くらべさま

「梅ザラメ」(一枚 税込み80円)を3枚、「げんこつ」を一袋(12個入り 同300円)、それに「味くらべ」も一袋(3種類 同300円)を頼んだ。「一枚でもいいですよ」との言葉に嫌みがない。京都の老舗和菓子屋「松寿軒」のイケズな対応とはえらい違い(イケズも文化だが)。
          柏屋 
          試食会開始

翌日、賞味となった。「梅ザラメ」は中に梅の実が入っている定番の一つだが、宮城産うるち米を使った煎餅と表面にびっしり付いたザラメ、それに梅の実のバランスがいい。固めの歯ごたえだが、固すぎない。特出したものがないが、それがいい余韻で、「フツーに美味いことが大事」ということを思い出させてくれる味わい。
          柏屋⑧ 
          手焼き梅ザラメ
          柏屋⑨ 
          宝石かい?
          柏屋⑤ 
          げんこつのヒビ

いかつい「げんこつ」も醤油に柔らかな旨味がある。鰹節を隠し味にしている? こちらも固すぎず、ほどよい歯ごたえ。
          柏屋③ 
          上質の時間
          柏屋⑦ 
          抹茶砂糖

「味くらべ」はあられに醤油、砂糖、抹茶砂糖がそれぞれコーティングされたもの。一番気に入ったのは抹茶。抹茶砂糖が厚めにコーティングされ、これが風味、味わい共にこれまで食べた中でベスト。東京の中心地でこの値段でこの味わいは多分他にはないと思う。その分、ご高齢の二代目以降が気になる。もっと早く来ていれば、と後悔してしまった。手焼き「柿の種」がたまたま切れていたが、これがこの店の売りの一つ。次回はこれを買いに行かねばならない。

本日の大金言。

いい店が後継者の問題などで暖簾をたたんでいく。それは図書館一軒分の喪失だと思う。置き換えの効くビジネスの匂いより、置き換えの効かない職人の匂い。簡単には行かない問題だが、どうにか解決策はないものか? 





                 柏屋10 







プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR