明治の駅弁「壺屋のいなり寿司」

 応仁の乱を生で見物したと噂の(まさか)京都のグルメ仙人は時々貴重な情報をくれる。東海道本線豊橋駅の名物いなり寿司を「旨かったですよ、あーたも一度食べたらよろしい」と糸電話で送ってきた。

いなり寿司をレースに例えると、京都が大本命で東京が対抗か三角印、横浜(泉平本店)が穴というのが村長の個人的な評価。そこに愛知・豊橋のお稲荷さん情報。そんな場所に名物いなり寿司があるなんて、し、知らなかった。いなり寿司好きの村長の好奇心がくすぐられた。

「あのね、ボクは大阪の阪神百貨店で買って食べたんやけど、東京では日本橋三越でしか買えへんらしいで」

兜町ペンクラブに行ったついでに、足を延ばすことにした。
          壺屋① 
        京都と東京の中間?

調べてみたら、発売元は豊橋市に本店がある壺屋(つぼや)弁当部。壺屋の創業は明治21年(1888年)、翌年開業した東海道本線豊橋駅構内でいなり寿司を販売、それが評判となり、豊橋の名物駅弁となった。以来約130年間作り方も味も変えていないそう。ほんまかいな
          壺屋② 
          約130年の歴史

それが「伝統の稲荷(いなり)」(一折7個入り 税込み735円)だった。日本橋三越地下のフード街は名店がしのぎを削っていて店舗数もかなり多い。探すのにひと苦労したが、何とか辿り着き、愛想のいいおばはん店員さんとあれこれ話しながらゲットした。

「じゃこ稲荷」「わさび稲荷」「五目稲荷」などなどこの130年で種類も増えているが、一番人気は何といっても創業当時のままの『伝統の稲荷』です。甘くて本当に旨いですよ」と太鼓判まで押された。グルメ仙人といとこかもしれない。
          壺屋③ 
       包みを取る楽しみ

夜遅くウマズイめんくい村に帰ってから、こっそり福島の地酒「自然郷」をちびちびやりながら賞味することにした。村民2号もゴッドマザーも大の字で夢の中。シチュエーションとしてはそう悪くはない。
          壺屋④ 
       意外な名物いなり
          壺屋⑤ 
          形はほぼ東京型

かなり甘いお稲荷さんで、京都のふっくらと炊かれた出汁の効いたものとはまるで違う。形も味わいもむしろ関東に近い。色が明るい飴色で、砂糖とザラメをたっぷり使い、濃口醤油で長時間煮締めていると思う。京都のような洗練はない。素朴な作り方だと思う。つゆも継ぎ足しを加えているかもしれない。
          壺屋⑧ 
          お揚げの煮締め方
          壺屋10 
          惹かれる
          壺屋11 
          かなり甘い

甘酢の酢飯はやや固めに炊かれていて、千住「松むら」のような白ゴマすら入っていない。シンプルそのもの。江戸時代末期創業の横浜「泉平本店」の濃厚な甘いお揚げに近いが、甘さに陰影と深みがない気がする。

それでも旨い。手が止まらない。グルメ仙人の言ったことは確かだが、ふと気になって、原材料を見てみた。食品添加物が羅列されていた。うむ。ふつうの駅弁並みの添加物・・・それが次第にアリの行列に見えてきたのだった。あり?

本日の大金言。

添加物を完全否定するわけではない。特に駅弁において、それを含めて楽しむというのが、あるいはルールかもしれない。こんこん様に脱帽するとしよう。



                  壺屋14
スポンサーサイト

本日は「初詣とあんこ初め」

 明けましておめでとうございます。

きのう元旦は関東最古の大社「鷲宮(わしのみや)神社」へ初詣。キオも帰村していたので、どうしたわけかめでたい正月となった。村民2号手づくりのおせち料理を食べ、大好きな清水酒造の花菱純米吟醸(原酒)を飲んでいるうちに、飲み過ぎてバタンキュー。そのまま本日2日になってしまった。何という甘さ。
          鷲宮神社初詣10 
          初詣は鷲宮神社

これでは先が思いやられる。反省の意味を込め、今年の村の初仕事として、あんこ作りに取り組むことにした。秘伝の技を特別公開しようと思う(オーバーだよ)。

昨年暮れに東京・谷中の丸安商店(ここは穴場です)で仕入れておいた大納言小豆(岩手・花巻産、無農薬)を使い、砂糖はグラニュー糖。丸安商店のオヤジさんが「この小豆はいいですよ。もちろん新豆です」と珍しく村長に勧めた大納言小豆である。1リットル(約745グラム)税込み750円。これはフツーはあり得ない値段だと思う。
          丸安商店① 
          谷中「丸安商店」で

あんこ作りは思ったよりもそう難しいものではない。プロのレベルのものは別にして、普通に作れば普通においしいあんこができる。ウマズイめんくい村秘伝のあんこ作り。つまりは2018年、平成三十年いぬ年のあんこ初め、というわけである。

興味のない人には苦痛かもしれないが、好きな人には天使にもなる。ちょっとしたコツは作りながら、小豆ちゃんに話しかけること。「どんどんきれいになってくよ」とか「拗ねちゃあダメっ」とか。なだめたり励ましたり。小豆にだって人格があることを忘れずに・・・ではお正月のあんこ作り、行ってみましょう!
          あんこ作り8 
          あんこ作り、です
          あんこ作り⑤ 
          無農薬大納言小豆

① まずは大納言小豆を水洗い。新豆なので一晩水に漬けることはない。
② 大鍋に洗った大納言小豆を移し、たっぷりの水を入れ、強火で10~15分ほどぐつぐつと炊く。
③ 見計らって、それをザルにあげる。これを渋抜きという。渋抜きは好みにもよるが、村長はあずきの風味をできる限り残したいので、基本的にはこの一回のみ。
          あんこ作り1 
          ①まずは水洗い
          あんこ作り⑥ 
    ②たっぷりの水で火にかける
          あんこ作り⑧ 
       沸騰させて10~15分
          あんこ作り② 
         ③渋抜きは一回

④ 再びたっぷりの水を入れ、中火で小豆が踊るまで炊く。
⑤ 踊り出したら、弱火にしてじっくりと炊く。
⑥ アクを丁寧に取る。この作業は何度も必要。
⑦ 途中で差し水を2~3回ほど行う。
⑧ 1時間ほどすると、小豆が柔らかくなり、1~2個取り出して、指で軽く潰してみる。簡単に潰れるようになったら、砂糖を入れる準備に取り掛かる。
          あんこ作り10 
      ⑥アクを丁寧に取る
          あんこ作り11 
       ⑦差し水は2~3回
          あんこ作り16   
      ⑧柔らかくなったら

(ここで一服。できればBGMをかけたい。今回はG線上のアリア。あんこに気品が出てくる。)  

⑨ 砂糖は数回に分けて入れる。村長は小豆と同量1対1(つまり745グラム)を目安にしている。
⑩ ここで余分な煮汁を別の容器に入れ、それは捨てない。お汁粉として使えるので。
⑪ 火を強めにして、木べらで焦げ付かないように素早く回しながら煮詰めていく。

          あんこ作り14 
     ⑨砂糖は数回に分けて
          あんこ作り18 
     ⑩いい具合になってくる
          あんこ作り2 
     ⑬このくらいで火を止める

⑫ 塩を好みの量入れてもいい。村長の場合は小さじ半分ほど入れている。
⑬ 小豆の粒のつややかさが増し、適度(固さをお好みで調整する)なところで火を止める。村長の場合はゆるめにしている。冷めると結構固まるので。
⑭ しばらく置いておいて、タッパーに移す。その後、冷蔵庫に保存する。
          あんこ作り5 
        ⑭タッパーに移す
          あんこ作り7 
       ようやく完成、です

本当のところ秘伝というほどのものではない。この程度で意外においしいあんこが出来上がるということをぜひ知ってほしい。時間にして約2時半間ほど。大納言小豆なので普通の小豆よりも時間がかかってしまった。出来上がった後は餅と一緒にぜんざいにしてもいいし、パンに付けて食べてもおいしい。あんこでパンダ、案外イケますぞ。お粗末さまでした。


※〈臨時ニュースです〉 彦作村長が「週刊あんこ」と提携いたしました。「週刊あんこ」と打てば出てくるはずです。よかったら、覗いてやってください。

本日の大金言。

道に迷った時はあんこを作る。むろん、これは人によりけり。料理でもいい。手を動かし、自分の存在を意識する。広大な宇宙の中の点。点の点。点々人生・・・そこからきっと「あんこ道」が拓けてくるはずだ。あれ、そんな道なんてあったっけ?(あるはずないだろッ。いい加減にしろ、カネ返せ!)



              あんこ①

続きを読む

大阪「豚ねぎ焼き」にハマる

 「ちゃうちゃう、ちゃうでえ。大阪の粉もん言うたら、ネギ焼きや。お好み焼きのルーツみたいなもんや。お好み焼きやらたこ焼きもええけど、ネギ焼き食わんで、大阪は語れまへんでえ」

エンタメ新聞社時代に大阪出身の友人がチュウハイをすすりながら、そう熱く語ったことがある。京都に2回行っている時に、突然それを思い出した。
          福太郎①         
          待つ身は楽し?

時間があまりない中、阪急線に乗って、難波で降り、ネギ焼きが美味いと評判の「福太郎本店」にたどり着いた。午後3時過ぎ。たどり着いたら雨降りではなく、行列。人気店のようで、若いカップルや外国人が退屈そうに並んでいた。基本的に並ぶのが大嫌いだが、店構えがいいので、順番票に名前を書いて待つことにした。
          福太郎③  
          コテコテか?
          福太郎 
          メニューの一部

この店はネギ焼きとお好み焼きが売りで、創業から20年ほどしか経っていないのに、大阪でも有数の粉もんの名店になっている。待っている間に注文取りが来たので、「豚ねぎ焼き」(税込み 980円)と、生ビール(小400円)を頼んだ。
          福太郎1 
          ポエム、である
          福太郎⑥ 
          技に見とれる

約20分ほど待って、店内へ。コノ字に長い使い込んだ木のカウンター席と鉄板が絵になっている。50人近くは座れると思う。粉もんを焼くいい匂いが充満している。スタッフは6~7人はいる。中心で焼いている料理人の鮮やかな手さばきに見とれながら、しばし待つ。どこか下町の居酒屋のいい雰囲気にも通じている。コテコテの大阪、東京にはないねぎ焼き文化。
          福太郎④ 
          素晴らしき世界
          福太郎⑦ 
          豚ねぎ焼きさま

お好み焼きよりネギ焼きを注文する客が多い。溶いた小麦粉に難波ネギをどっさり乗せ、それを何度も繰り返す。さらに7~8分待っていると、こんがりと焼き色の入った「豚ねぎ焼き」がすーっと目の前に置かれた。表面には自家製の醤油が塗られ、大きな豚三枚肉が二枚ほどカリカリ感を漂わせながら、「はよう食ってえな」とささやいていた。
          福太郎⑨ 
          美味の予感

          福太郎14 
          外側と内側
          福太郎12 
          クリーミー
          福太郎11 
          豚三枚肉

生ビールをぐいと飲んでから、コテで切り分ける。厚みが3センチ近くある。皿に取って、ふうふうしながらガブリと行く。最初の一口で、やられてしまった。ダシ醤油が滲み込んだ表面のカリカリ感と中のあまりにクリーミーな舌触りがたまらない。柔らかいミルフィーユのような食感。予想より美味い。浅草「染太郎」のお好み焼きや行田のフライとは別次元の味わい。同じ粉ものとは思えない。
          福太郎10  
          技がぎっしり

                                     福太郎13 
                                     出汁の効き方

難波ネギの美味さと小麦粉のミルフィーユ状態が、出汁の隠し味によって、口の中で小さな極楽を作っている。それを生ビールで胃袋の奥へと流し込む。全身極楽。できるならば、もう少し安いといいのだが。行田のフライとまでは行かなくとも、せめて700~800円台にしてほしい。それでこそ浪花の粉もん、というものではないだろうか。

本日の大金言。

ネギ焼きもお好み焼きもラーメンと同じように高級化の道をたどっているように見える。店舗を増やしていくと、それが当たり前になり、いい匂いの中にビジネスの匂いも混じり始める。暖簾とビジネスのジレンマがここにもある。



                  福太郎15 


神戸最古の喫茶で「玉子トースト」

 本日テーブルに乗せるのは、神戸で見つけたシーラカンスのような喫茶店で食べた「玉子トースト」であります。

京都から足を延ばして、神戸・新開地の安ホテルへ。中心地・三宮からは市営地下鉄で3駅ほど離れているが、このあたりはかつては港町神戸の中心地だった。戦前から昭和30年代まで、映画館や劇場が並び、「西の浅草」と称された場所でもある。神戸市役所も昭和32年(1957年)三宮に移転するまではこの地にあったという。

今では過日の面影はない。だが、ここに喫茶店好きにはちょいと知られた古い喫茶店がある。それが「エデン」である。神戸で現存する一番古い喫茶店。創業が昭和23年。神戸大空襲の焼け跡から立ち上がり、さらに大震災を乗り越えての生き残っていることを考えると、ほとんど奇跡に近い喫茶店だと思う。ここでモーニングを食べようと思い立った。
          エデン① 
       神戸現存最古の喫茶店へ
          エデン② 
          楽園の入り口

午前9時前に到着。植物の繁った入り口が歴史を感じさせる。神戸のハイカラ喫茶店文化の先駆けだが、どこか哀愁さえ感じさせる。店内は船のキャビンをイメージした造りで、そのレトロ感は只事ではない。はげかかった板張りの床はギシギシと音がしそうで、音量を落としたBGMのクラシックがさらに哀愁を膨らませる。
          エデン4 
          床板もポエム
          エデン③ 
          メニューの一部

メニューの中から「玉子トースト」(税込み 400円)、それに「ホットコーヒー」(同 350円)を頼むことにした。モーニングなのでセットにすると100円引き。安ホテルですでにモーニングを食べている村民2号は、ホットコーヒーのみ。「ホットコーヒー」という言い方も多分、当時はモダンだったに違いない。
          エデン2 
          レトロの歴史

この玉子トーストがかなりのレベルだった。初代から2代目に受け継がれた作り方で、まずパンの美味さに軽く驚く。神戸はパンの美味い街だが、ここのトーストした食パンはかじった瞬間、素朴な食感と小麦粉の香ばしさが優れている。浅草「ペリカン」の食パンと同じくらいのレベルか、ひょっとしてそれ以上かもしれない。
          エデン⑤ 
          玉子トースト、登場
          エデン12 
          上質の手づくり
          エデン⑨ 
          神戸の底力
          エデン10 
          さり気ない鮮度

具の卵は関西流の卵焼きで、キュウリとトマトで挟んでいる。自家製マヨネーズ(マスタードも入っている?)とマーガリンが絶妙なバランスで、思っていたよりも美味。時代が変わっても美味いものは美味い。添えられていたオレンジとバナナの鮮度もとてもいい。全体のボリュームも結構ある。

「このコーヒー、本当に美味いわ。コクが素晴らしい。時代から取り残されたような喫茶店なのに、作り方は時代を超えているみたい」
          エデン⑧ 
          さり気ないコーヒー

「確かに。常連客が多いようだけど、見ていると、この店を愛しているのがよくわかる。メニューがお世辞にもきれいじゃないので、最初は期待外れかな、と思ったけど、それだけで店を判断してはいけないってことだな」

「コーヒーカップも香蘭社のものよ。砂糖入れといい、一級品をさり気なく使っている。それでいて、この安さ。泣きたくなってくるわ」

「ここに来てよかったよ。エデンとはよく名付けたもんだ」

「またいつか来たいわね」
          エデン④  
          参りました

「おカネが続かないよ。第一、ヘビは一杯いるし、リンゴは食い過ぎてる。でもまあここが閉店しない限り、また来たいよ」

「何わけのわかんないこと言ってんのよ。私がリンゴ好きなことを皮肉ってんの?」

「・・・・・・」
 
本物のエデンは遠すぎるようで・・・。

本日の大金言。

栄枯盛衰は世の習いだが、そこに宝石が残っていることもある。たまには往時をしのぶ時間も必要かもしれない。









                 エデン13

深夜の「元祖いかめし」

 本日取り上げるのはかの阿部商店「元祖いかめし」であります。函館本線森駅のいかめし! 駅弁大会などでも人気ナンバーワンに何度も輝いた北海道の名物駅弁。村長はずいぶん以前に北海道で食べた記憶があるくらいで、口にしたのはホントに久しぶり。
          元祖いかめし 
          元祖いかめし

昨夜のこと。日本ペンクラブの9月例会に出席、桐野夏生さんのミニ講演などもあり、大いに盛り上がった。その後、北千住に流れて、ここでもまた痛飲。ウマズイめんくい村に帰ったのは午後11時を過ぎていた。すでに村民2号もゴッドマザーもグースカ寝ていた。シメシメ・・・。
          元祖いかめし③ 
            実演販売中だった
          元祖いかめし④ 
       たまらずゲットしたが

実はその数時間前に、北千住「マルイ」の地下「食遊館」で、「元祖いかめし」を仕入れていた。たまたま「北海道フェア」が行われており、阿部商店が元祖いかめしを実演販売していたのである。税込み780円なり。これをしっかりゲットし、カバンの中に入れておいたのである。ミサイルが飛んでくる時代、こうした用心はある意味必要だと思う(こじつけが過ぎる)。

で、真夜中。小腹がすいていたのと、「本日中にお召し上がりくださいね」(女性スタッフ)の言葉もあったので、冷蔵庫から白ワインを取り出し、真夜中の元祖いかめし賞味、となったわけである。
          元祖いかめし① 
          おお~
          元祖いかめし③ 
          お見事×2

紙包みを解き、経木の蓋を取ると、見事な煮色のいかめしが2杯現れた。いかめしの独特のいい匂いが部屋中に充満した。村民2号とゴッドマザーが起きてこないか気になったが、走り出した食欲は止められない。こっそり一人で食べるという、どこかやましい意識もすっかり消えていた。
          元祖いかめし② 
          駅弁キング?

いかは小ぶりだが、丸々と太っていた。小皿に移してから切り分ける。まずはひと口。イカの柔らかな食感と歯ごたえ。ギッシリ詰まった半透明の米・・・煮汁がいい具合に滲み込んでいる。絶妙な甘辛さで、素朴な美味さに歴史を感じる。
          元祖いかめし④ 
          丸ごと一杯
          元祖いかめし⑤ 
          切り分ける

スルメイカを使い、きれいに洗ってから生のうるち米ともち米を詰め、じっくりとボイルし、それを醤油と粗目砂糖で作った秘伝のタレに漬け込む。駅弁には珍しく添加物を使っていない。
          元祖いかめし⑥ 
          かぶりつきたい
          元祖いかめし⑦ 
          美味い部分
          元祖いかめし⑧ 
       えんぺら、最高

明治36年(1903年)創業以来の手づくりで、それが売りでもある。小ぶり2個なのでディナーとしては少々物足りないが、小腹を満足させるには十分だと思う。真夜中の酔っ払いには、最高の贈り物。

あっという間に平らげ、余韻に浸っていると、隣の部屋からゴッドマザーのいびきが聞こえてきた。そのいびきがグースカ、グースカから・・・いかめしやうらめしや~と聞こえた気がした。慌てて、ビニール袋にカラになった折詰の箱ごと放り込んで、ギュッと縛ってから、ごみ箱の底に隠すように忍ばせた。このせこさはどこから来るんだろう? 明日バレなきゃいいが・・・。

本日の大金言。

阿部商店の元祖いかめしは今ではデパートや駅弁大会でも手に入るようになった。値段も少しずつ上がっている。だが、その素朴な美味さは何ものにも代えがたい。




                  元祖いかめし⑨ 





プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR