限定20食今半「百年牛丼」の味

 浅草今半、といえば「すき焼き」の老舗だが、元々の今半本店(新仲見世通り)をはじめ、別館、国際通り本店など暖簾分けがややこしい。

創業が明治28年(1895年)、吾妻橋で「牛鍋屋」としてスタートしている。この時代は元祖牛鍋チェーン「いろは」(明治11年創業)の全盛時で、当時の東京は牛鍋が大人気だった。社長の木村荘平は立志伝中の怪人物で、都内に22店舗を持ち、それぞれにお妾さん(これって死語?)を配置し、店長をやらせていた、今の常識で考えると、とんでも人物。あだ名は「いろは大王」(このあたりは山田風太郎著「明治バベルの塔」の中で詳しく書かれている。これがメッチャ面白い)。
          浅草今半 
          浅草今半(国際通り)

この流れの中で、今半も「牛鍋屋」を始めたと思われる。それから約122年後、浅草に用事があり、国際通りを歩いていると、「浅草今半 国際通り本店」の立派な建物が見えた。ここは昭和3年(1928年)に本店から暖簾分けしている。時計を見ると、午後2時近い。
          浅草今半③ 
          狙い目?

敷居が高い店だが、入り口で「百年牛丼」(税別 1500円)の文字が見えた。今半にしては比較的安い。しかも限定20食、の文字。ダメもとで入ることにした。

「20食、もうないでしょ?」
「いえ、たまたまですが、まだございます」(和服の女性スタッフ)

で、半信半疑のまま、入ることにした。エレベーターで三階へ。高級料亭の雰囲気。長くなるので、このあたりの途中経過は省略。
          浅草今半④ 
          プチリッチ?

目の前に「百年牛丼」がある。大きな有田焼のドンブリ。赤だし、お新香付き。畳と障子戸から明かりが差し込んでいる。他の客は多分1万円以上のメニューを楽しんでいる。隣りと後ろに関西弁の家族と中国語の家族。あまりにポエムな状況。
          浅草今半⑤ 
        主役、登場でありんす
          浅草今半⑥ 
          フタを取ると・・・

フタを取ると、いい匂いとともに、和牛が長じゅばん姿で寝そべっていた(まさか)。大きな薄切りが二枚ほど。見るからに旨そうな霜降り赤身で、その上に焼き豆腐二つと面取りした玉ネギ5個、それにグリンピース。
          浅草今半⑦ 
          百年が見える

値段を考えると、ま、それなりの肉だろうな、と高をくくっていたが、これが大間違いだった。割下で軽く火を通した霜降り牛は噛んだ瞬間、柔らかい感触とジューシーさにうむむ、となってしまった。多分黒毛和牛でもAランクの下だろうが、それを全く感じさせない。
          浅草今半3 
          当たりィ~
          浅草今半15 
          たまりまへんなあ
          浅草今半16 
          焼き豆腐
          浅草今半11 
          秀逸な玉ネギ

関西ほど甘くないのもいい。玉ネギはさっと熱湯にくぐらせた程度だが、それが絶妙。焼き豆腐も申し分ない。牛肉の下には細切りの煮コンニャク。見た目のきれいさも感動もの。
          浅草今半12 
          長じゅばんの奥?

ご飯だけがやや不満。つゆのかけ具合はいいが、米自体の美味さが思ったほど伝わってこない。お新香の中で紅ショウガが美味。仕上げにこれを乗せ、思い切ってかっ込むと、牛丼チェーンの味わいとは別格の美味さが口中に広がった。七味もかけると、これは牛丼の大王、だと思う。イマハン大王さま・・・。
          浅草今半17 
        紅ショウガの秀逸

帰り際、和服姿の中居さんに「よく限定なのに残ってましたね」と言うと、「これはもともとはオレンジ通り店のオリジナルだったんですよ。オレンジ通り店が閉店して、それをこちらで引き取ったんです」とか。今半のランチメニューの中で、多分一番安いと思う。どこか得した気分になって、ついツマヨウジを口にくわえたくなった。オロウカモノめ。

本日の大金言。

今半はあまりに有名で、あまりに安くはない。だが、探せば、その高級感を安く味わうことも不可能ではない。他の老舗も子細にチェックしていけば、新しいリッチな楽しみ方もできると思う。





                 浅草今半18 

スポンサーサイト

「両さんの街」の超絶ナポリタン

 所用で東京・亀有に行くことになった。ここはコッペパンで有名な「吉田パン」もあるが、「こち亀」の街、と言った方がわかりやすいかもしれない。駅前には銅像もある。

用事を終えてから、北口を吉田パンに足を運ぼうと思ったが、その途中でお腹の虫がきゅっと鳴いた。時計を見ると、午後1時半過ぎ。どこかいい店はないか? 
          ラッキー 
          ゲット、ラッキー?

ちょいと横道を見ると、幸運が向こうからウインク(これって死語?)してきた。その名も「ラッキー亀有2号店」。出来過ぎ。さすが下町、亀有。両津勘吉が煙草を吸いながら油を売っていそうな気配。
          ラッキー① 
          よき喫茶店、めっけ
          ラッキー14 
          西ドイツ製焙煎機

本格的なコーヒー専門店(純喫茶?)で、入り口に大きな焙煎機が見えた。よき時代のレトロな世界。ひと目で外観に惹かれてしまった。

ランチタイムメニューの「ナポリタンセット」(税込み880円)に目が行った。懐かしいコテコテのナポリタンが頭の中の空に浮かんだ。
          ラッキー② 
          ランチメニュー
          ラッキー13 
          ポエム

店内はカウンター席とテーブル席で、ゆったりとした高級感に包まれていた。ご近所の常連らしい主婦客が多く、地元に愛されている店のようだ。煙草をプカプカ吸っているのがポエム。これこれ、この世界! イッツ・ワンダフル・ワールドだと思う。

押し出しのいい白髪の店主と女性スタッフが二人ほど。「ナポリタンセット」を頼んだ。これがコテコテの昭和のナポリタンだった。コンソメスープとサラダとデザート(ヨーグルト)付き。食後に「ブレンドコーヒー」。
          ラッキー④ 
          これこれ

ボリュームがかなりある。半熟の目玉焼きが上に乗っていた。こういう場合、粉チーズとタバスコをドバっとかけて食べるのが正しい食べ方だと思う。哀しいかな胃の調子がイマイチなので、タバスコは断念して、粉チーズだけを盛大にかける。
          ラッキー⑥ 
          粉チーズをたっぷり
          ラッキー⑨ 
          たまりませぬ

美味いという表現だけでは把握できない。具はウインナー、ピーマン、マッシュルーム、タマネギ。パスタにまとわりついてくるケチャップのこってり感と粉チーズが、あの懐かしい空腹の世界を現出させてくる。グイグイと胃袋に入ってくる。激ウマではなく、激マン(足)の味わい。 
          ラッキー⑧ 
          昭和のぜい沢
          ラッキー11 
          超絶の味わい?

半熟の目玉焼きがいい具合で、「どうだい、うめえだろ? 昭和を忘れちゃダメだぜ」と問いかけてくる。
          ラッキー⑦ 
          コンソメの深味

コンソメスープ、サラダ、デザートも昭和の丁寧さ。食後のコーヒー(サイフォン)も焙煎が効いた深い味わいだった。
          ラッキー12 
          本物の味わい

店は昭和52年(1977年)にオープン、元々は3号店まであったそう。それが「今じゃ、ここしかないよ」(店主)。喫茶店は下町に限るなあ。そう思いたくなる黄金の時間をしばし楽しむ。どこかに両津勘吉の気配・・・。

本日の大金言。

銅版でじっくり焼くホットケーキもここの売り物。昭和は死んではいない。いや、死なせてはいけない。外側だけの銀座シックスより、下町の喫茶店の方が大事だと思う。



                   ラッキー5

「駅弁屋」の高原たまごサンド

東京駅構内にある「駅弁屋 祭」はたまに利用する。全国の駅弁が集合していて、ここにいるだけで、SLで全国旅行した気分を味わえる。

で、今回テーブルに乗せるのは、中央本線小淵沢の駅弁「八ヶ岳高原たまごサンド」(税込み650円)。大正7年(1918年)創業の老舗駅弁屋の逸品。ネーミングからして実に美味そう、である。卵サンド好きにはたまらない世界。
          駅弁屋① 
     こういう駅弁もマル(駅弁屋 祭で)

サンドウイッチの駅弁と言うのもオツではないか。駅弁はどんどん高級化しているが、このくらいの価格帯がちょうどいい。
          八ヶ岳高原たまごサンド① 
          美味そう!

紙製の箱に3セット納まっている。フタを開けた途端、卵の厚みに驚かされる。優に3センチほどありそうで、その色が高原の卵らしくて(?)食欲をそそられる。たまごはスクランブルではなく、マッシュしたゆで卵でもなく、関西系の厚焼き。
          八ヶ岳高原たまごサンド② 
          ランチタイム
          八ヶ岳高原たまごサンド③ 
          おおおの世界

できれば缶ビールをそばに置きたい。新鮮な卵のいい匂いを吸いながら、手に取ると、食パンの柔らかなしっとり感が伝わってくる。食パンは薄い。そのアンバランスが悪くない。
          玉子サンド③ 
          あららの世界

ガブリと行くのがサンドイッチに対する礼儀だと思う。それを実行する。まずパンの美味さ、続いて卵焼きの甘めの味付けが口中に広がった。築地市場の卵焼きの名店「松露」の「松露サンド」ほど甘くはないが、かなり甘め。

マスタードの粒つぶとマヨネーズ、それにバターの香りが3メートル先から押し寄せてくる感じ。「松露サンド」はマヨネーズだけでそのまんまの味だが、これはそれよりも少しだけ深みがある。
          玉子サンド② 
          ウシシの世界
          玉子サンド⑥ 
          粒マスタードとバター
          玉子サンド⑤ 
          スーパーな厚焼き

だが、関西系のような出汁感はない。といって関東流のストレートな味わいでもない。あえて言うと、その中間くらい。粒マスタードをたっぷり使っているのは好感。
          玉子サンド⑦ 
          しっとり感

どうして味付けが甘くなるのだろう、まさか子供向け? 缶ビールでのどを潤し、柿ピーでもつまみながら食べるといいかもしれない。とはいえ、見た目の驚きと甘い卵焼き好きにはおすすめ。

本日の大金言。

忘れていたけど、今年はトリ年だった。卵サンドの駅弁で日常から一時的に飛び立つのもいいかもしれない。飛び過ぎてはいけないが。




                   玉子サンド⑧ 

続きを読む

神保町の感動「ライスカレー」

 よく考えてみれば、昔は「カレーライス」ではなく「ライスカレー」だった。いつからライスカレーと言わなくなったんだろう?

カレーとライスが別々に盛られたのがカレーライスで、一緒に盛られたのがライスカレー。そういう説明が多いが、今ではほとんどがどちらも「カレーライス」と呼ばれていると思う。

戦後はライスカレーとラーメン、それにカツ丼が食堂の三代スターだった。「カレーライス」はある種のステータスだった気がする。一般の庶民家庭ではほとんど「ライスカレー」だったと思う。
          まんてん4 
        ライスカレーの始まりィ~

それがいつしか死語になりつつある。所用で東京・神田神保町に行ったついでに、白山通りの裏道にある「まんてん」へ。今では数少ない「ライスカレー」を堂々と表記しているカレー屋さん。懐かしい昭和の匂い。創業は昭和56年(1981年)。主役はライスで、カレーは準主役という感じかな。
          まんてん 
          ファンが多い
          まんてん③ 
          庶民価格

だが、この準主役がすごい。ここはかつカレーが有名だが、村長は「ウインナーカレー(並)」(税込み600円)を頼んだ。午後1時半過ぎだというのに、コの字のカウンターは満席。内側が厨房で、庶民的なコックさんが3人、とんかつを揚げたり、シュウマイを揚げたりと忙しい。
          まんてん16 
          いい雰囲気

すべて注文を受けてから揚げる。そのため待ち時間は10分ほど。その間、水の入ったコップとなぜかアイスコーヒーが入った白いデミタスカップがポンと置かれた。コップには銀色のスプーンが無造作に入っている。これがこの店の流儀で、アイスコーヒーはサービス。このさり気ないツカミがたまらない。
          まんてん④ 
          ここから、です

アイスコーヒーはどうってことのない味わいだが、それを飲みながら、20人ほどのお客を眺めると、サラリーマンや学生が多い。女性より圧倒的に男性。ほとんどが「かつカレー」の大盛りを注文している。揚げたてのカツ、どんよりとした黄土色のルーが実に旨そう。
          まんてん⑥ 
          たまらん
          まんてん⑦ 
          た、たまらん

「ウインナーカレー」がサッと置かれた。楕円の深皿をどろりとしたルーが覆っている。その上に素揚げされた赤ウインナーが3個! 食欲中枢が刺激される景色。赤ウインナー好きの心が踊り始める。きれいな切れ込み。ポエム。
          まんてん⑧ 
          た、た、たまらん!

スプーンでひと口。バターを使って小麦粉からじっくりと炒めた香りとカレー粉のコラボ、懐かしいどろっとした食感。辛さはあまりなく、むしろまろやかな味わい。素朴だが、不思議な深味。細かい豚ひき肉が時折り舌をくすぐる。

具の姿はほとんど見えない。タマネギはルーの中に溶け込んでいて、それがまろやかさとまったり感をかもし出している。
          まんてん⑨ 
          この素朴

ライスは柔らかめ。ルーは見た目ほど多くはない。ソースをかけようかと思ったが、カレーの味わいが隠れてしまいそうで、代わりに福神漬けをさらにドッカと乗せて、ぐいぐいと食べ進む。
          まんてん13 
         昭和の正統派
          まんてん14 
          このどろり感
          まんてん10 
          主役はライス?

これが実に旨い。どこか学食のカレーライスを食べているような錯覚を起こす。だが学食よりはこのライスカレーの方が個性的で、病み付きになる味わいだと思う。
          まんてん3 
          たまらん×7

並だったので、思ったほどのボリューム感はない。大盛りかジャンボにした方が、この店の醍醐味を楽しめると思う。食べ終えると、店員さんが「毎度~」と言ってニカッと白い歯を見せた。また来たくなったよ。

本日の大金言。

神保町周辺は旨いカレー屋さんのメッカでもある。だが、人気店はそう安くはない。その意味で、庶民的なカレー屋さん(チェーン店ではない)が元気なのは、学生の街ということを差っ引いても、いいことには違いない。





                    まんてん15 

続きを読む

「肉寿司」にかぶりついてみた

 本日テーブルに乗せるのは肉寿司、である。

それもただの肉ではない。生に近い馬肉が中心の肉寿司、であります。

最近、ちょっとしたブームになっているが、寿司と言えば「魚介類に決まっている」という人にはあり合えない世界だと思う。「そんなの、寿司じゃない!」と言いたくもなる。村長もその一人だった。だが・・・。
          肉寿司 
          肉寿司だって?

夕暮れ時、東京・人形町をブラ歩き中に、「肉寿司」の看板が極太明朝で目に飛び込んできた。メディア仲間との晩餐会(ただの飲み会だが)までに少々時間があったので、好奇心剥き出しで入ってみることにした。恋愛も食べ物も食べてみなければわからない、こともある。
          肉寿司③ 
          メニューの一部

一階が10席ほどのカウンター席で、二階もあるようだが、レトロな雰囲気が、どこかドラマのセットのようでもあり、フードプロデューサーが隠れていそうな気もする。若い人にウケそうな店の造りと雰囲気。

そこにややコワモテそうな白衣姿の店主。メニューを見ながら、迷った末に、「炙(あぶ)り盛り合わせ」(一人前4貫 税込み1000円)を頼むことにした。ビールを飲みたいところだが、ここは夜に備えて我慢・・・。
          肉寿司② 
          どれにすっべか

10分ほどの待ち時間で「炙り盛り合わせ」がやって来た。目の前で握った肉寿司をバーナーで豪快に炙った。ポエム。
          肉寿司⑤ 
          来たあ~

店主がていねいに説明してくれる。
「一番左がハラミ、次がヒレ、それからエンガワです。ここまでが馬肉で、最後が昆布〆鶏肉となります」
「エンガワ? 平目じゃないの?」
「ここは肉寿司ですよ。エンガワというのは馬肉の背脂の部分です」
          肉寿司1 
          ごめんね、馬くん
          肉寿司⑦ 
          美味の予感
          肉寿司⑧ 
          特製醤油ダレ

店主は一見コワモテだが、出身が会津だとわかった途端、話がつながり愛想がよくなった。会津は熊本と並んで馬肉の産地で、この店が馬肉にかなりのこだわりを持っていることがわかった。ここは熊本の馬肉が中心で、会津や青森の馬肉も使っているとか。
          肉寿司⑨ 
          たら~り

特製醤油ダレをツツツとかけて、まずはハラミ。マグロでいうと、中トロのような味わい。赤身と甘い脂のきれいな旨さ。シャリは普通の寿司の酢飯と変わらない。口の中で化学反応が起きる。美味、という他はない。
          ハラミ① 
          ハラミでごわす

続いてヒレ肉。柔らかさと炙った表面の旨みがマッチしていて、黒毛和牛のよう。だが、こってり感はなく、きれいな旨味。
          赤身① 
          ヒレどす

問題のエンガワへ。これが予想よりも美味かった。脂身がきれいで、ほのかな甘みがにじみ出てくる。表面を焼くことによって旨味が増している? 
          エンガワ① 
          エンガワだべ

生でも食べれるものなんですよ」と店長がキン肉マンの微笑返し。うむむ。

最後の昆布〆鶏は鶏の淡泊さと昆布〆めが旨味を深めていた。醤油ダレは甘さを抑えていて、それがネタと酢飯の旨みを押し上げてくるよう。
          昆布〆鶏① 
          あたしトリってこと?

生姜ではなく、セロリのガリも気が利いている。かような肉寿司が人形町にあったとは。オープンしたのは約一年前とか。舌代がそう安くはないが、安全性を考えると、普通の寿司屋よりやや高めでも仕方がないかもしれない。
          肉寿司11 
          セロリのガリとは

舌に残るいい余韻のまま、飲み会に行って、自慢げに肉寿司初体験の話をしたら、肉好きの元女性キャスターが「あら、肉寿司って、今、あちこちにあるわよ。知らなかったの?」。

ひえ~、し、知らなかった(汗)。隣りの敏腕編集者も「そんなことも知らないんだ」と一瞥をくれたのだった。穴があったら入りたい・・・。井の中の蛙、大海を知らずの巻、おしゅまいでちゅ(尼神インター風に)。

本日の大金言。

賢者の前で知ったかぶりは禁物。愚者は語り、賢者は静かにほほ笑む。馬はただ沈黙する。



                  肉寿司12
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR