箱根の「30センチピッツア」

 「ピザ」ではなく、イタリア風に「ピッツァ」。元箱根の人気イタリアンで、40分ほど待たされてようやくたどり着いた、本格的ナポリ風ピッツァをテーブルに乗せるとしよう。

箱根・強羅で同級会宴会の翌日、二日酔いの頭を抱えながら、大涌谷⇒芦ノ湖遊覧の定番コースをまわり、元箱根でちょうどランチタイムとなった。「美味いパスタを食いたいな」という声が上がり、村長は有名な芦ノ湖テラスへと一行約10人を案内することにした。
          芦ノ湖テラス 
          箱根のナポリ?

ここにある「ラ・テラッツァ芦ノ湖」は箱根でも有名な本格的イタリアンレストランで、土日などは1時間以上待たされることもある。オープンテラスもある広いシャレた建物で、どこか日本離れしている。
          芦ノ湖テラス3 
        シャレた店内が見える

パスタ派とピッツァ派に別れたが、村長は少数派のピッツアを頼むことにした。「マルゲリータ」にしようか迷ったが、フトコロ事情の関係で「アッチュガーナ」(税込み 1100円)を選んだ。ピッツァだけで30種類もある。地場の「箱根四季ビール」(同 700円)も抜け目なく頼んだ。合計1800円ナリ。ちと痛いが、やむを得ない。
          芦ノ湖テラス④ 
          メニューの一部
          芦ノ湖テラス⑤ 
          地ビール

ここは本格的なナポリピッツァを出してくれる。東京・広尾の名店「アクアパッツァテラス」から独立、店名も「ラ・テラッツァ芦ノ湖」と変えている。イタリアから取り寄せた巨大窯を使い、手延べした生地を直火で焼き上げる。燃料が薪というのもナポリそのもの。
          芦ノ湖テラス1 
          七湯ビールだって?

注文してからの待ち時間は12~3分ほど。その間に地ビールをゆっくり飲む。ビールをチビチビ飲むのも悪くない。箱根四季ビールを頼んだのになぜか「箱根七湯ビール」が来た。ま、いっか。ハーフ&ハーフのような炒った麦芽の香りが特徴のビールで、半分ほど飲んだところで、「アッチュガーナ」がいい匂いとともにやって来た。
          芦ノ湖テラス⑦ 
          主役の登場
          芦ノ湖テラス⑥ 
          これで一人前
          芦ノ湖テラス⑧ 
          でかー

デ、デカい。2人前と間違えたのではないかと思うほどの大きさ。優に30センチはある。真っ赤なトマトソース(マリナーラ)をベースにアンチョビ、フレッシュトマト、バジリコの葉などの色合いがどぎつい。どこかレディー・ガガのよう。ポーカーフェイスを歌いたくなる。

生地がナポリそのもので、薄くて、縁だけが盛り上がっている。直火のまだら状の焦げ目がポエム。縁のパリパリ感ともっちり感。
          芦ノ湖テラス⑨ 
          本場の味わい
          芦ノ湖テラス11 
          あーん
          芦ノ湖テラス12 
          裏側もチェック

トマトソースの濃い風味とアンチョビの塩辛さ、オリーブオイル、ニンニクの隠し味などが生地の小麦粉の香ばしさとマッチしている。小麦粉はイタリアから取り寄せているそう。黄と赤のイタリアンミニトマトがいいアクセントになっている。
          芦ノ湖テラス13  
          ボーノ、ボーノ
 
それにしてはボリュームがあり過ぎる。全部で8カットされていたが、何とか平らげると、口の中がナポリになってしまった。モッツァレラチーズがないのが残念だが、これはこれで満足。レディー・ガガの休養宣言が心配だが、最後に残った箱根七湯ビールをグイッと飲み干すと、胃袋の奥からジローラモが「パスタも食べる?」とささやいてきた・・・気がした。何というオチだ。

本日の大金言。

彼は昔の彼ならず。彼女も昔の彼女ならず。だが、ピッツァはナポリのまま。ピッツァの元祖はローマではなく、むろんアメリカでもなく、ナポリなのである。現在のような「マルゲリータ」が誕生したのは1889年と言われている。



                  芦ノ湖テラス15 





スポンサーサイト

メッツ青木とハンバーグカレー

 本日、テーブルに乗せるのは「ハンバーグカレー」である。ただのカレーではない。

ポンコツ車を飛ばして、ゴッドマザーが住んでいた、群馬・桐生市の留守宅に掃除に行ったついでに、ひょんなことから入った店。これが意外な店だった。

かの日本新聞協会にも加盟しているローカル紙の星「桐生タイムス」が近くにある東五丁目界隈。このあたりは昔ながらのいい店が潜んでいる。織物の町の面影が色濃く残ってもいる。

広い家なので掃除が長引き、午後1時半を回っていた。腹の虫がぴいぴい鳴いている。街なかで生の情報を拾うことにした。

「釜飯もいいけど、カレーがうめえよ。喫茶店というより洋食屋みたいだよ」
          ルポ① 
         一軒家の隠れ家

でっぷり太った地元オバハンの情報で、その「イート喫茶 ルポ」を探す。焦げ茶と白の一軒家。「REPOS」も看板が見えた。日本語で「ルポ」。フランス語で「休憩所」の意味らしい。
          ルポ② 
         カレーだけで9種類
          ルポ③ 
          落ち着く

店内はウッディーで落ち着いた雰囲気。フルートのジャズが流れていた。カウンター席とテーブル席。マスターと女性(奥さん?)2人。時間が時間なので、客は一組だけ。テーブル席に座って、「一番人気」だという「ハンバーグカレー」(税込み 850円)。村民2号は「ベジタブルカレー」(同 750円)。ランチセット(ミニサラダとコーヒー 150円)も付けてもらった。
          ルポ⑤ 
          このボリューム
          ルポ3 
          まずはサラダ
          ルポ⑥ 
          本格的なカレー

この「ハンバーグカレー」がボリューム満点だった。大皿に焦げ茶のカレールーがたっぷりと広がり、隠れるように真っ白いご飯が湯気を立てていた。ハンバーグの姿は見えない。カレーライスだけで9種類あり、「スパイスは10種類ほど使ってます。じっくり煮込んでから、一晩寝かすんですよ」(マスター)とか。
          ルポ⑧ 
          ライスとルー

辛さとタマネギの甘みが濃厚に凝縮していて、悪くない味わい。スパイスが口中に広がる。スプーンでカレールーを分けると、中からかなりデカいハンバーグが姿を現した。自家製のハンバーグで、多分豚挽き肉中心。肉がそのままストレートに伝わってきて、玉ネギなどつなぎの変化球はあまりない。注文を受けてからフライパンでしっかり焼いた気配が漂っている。
          ルポ⑨ 
       ゴジラが隠れていた?
          ルポ12 
          肉の圧倒
          ルポ13 
          直球の肉汁

メチャウマではないが、喫茶店のカレーのレベルは超えていると思う。食べ終えると、ベルトが一つ弛むほどのボリューム。村民2号は「喫茶店のいいカレーって感じかな。ベジタブルは新鮮で、ナスが特に旨かったわ」と中辛の感想。

店は39年になるそう。ふとメジャーリーグの青木宣親(現メッツ)のサインがあることに気づいた。聞いてみると、「オフのときなどここにもよく見えます。奥さんが桐生の出身なんですよ」。
          ルポ15 
          コーヒーは普通

奥さんは確か元テレ東の女子アナ。ほおー、ということは・・・このハンバーグカレーも食べているの違いない。ブルージェーズからメッツに移籍したばかりだが、村長は青木のファンでもある。日本での輝かしい実績と高給を捨て、30歳でメジャーに挑戦、何度も苦難を乗り越えてきた苦労人、青木の頑張る姿が、イチローとは別の感動を与えてくれる。犬も歩けばいい店にぶつかる、である。

本日の大金言。

青木の凄さはめげないことだと思う。メッツでもヒットを量産し始めている。投手ではなく野手でメジャーで成功することは凄いこと。ハンバーグカレーと青木の粘り強く俊敏なパワーはどこかで繋がっている? まさかね。


                  ルポ14

「冷したぬき」と明治煉瓦窯

 「ちょっといいそば屋があるんですよ。食べに行きましょう」

個展開催中の画家夫妻から誘われて、村民2号ともども茨城・古河市郊外まで便乗した。すぐ近くに国の重要文化財「野木町煉瓦窯」もあり、それも見ようとなった。夫妻の大型車の中で話題が弾む。小さなお孫さんも「ソフトクリームが食べたい」と一緒に助手席に陣取っている。下駄ばきがかわゆい。ちなみに村長は草履。

室町時代末期は古河公方が治め、江戸時代初期は秀忠の知恵袋・土井利勝が君臨し、日光街道・古河宿としても栄えた街でもある。その北の外れ、松並町にその「ちょっといい」そば処「松川屋」が白い暖簾を下げていた。一軒家の古いそば屋。北関東にはいいそば屋が多い。
          松川屋② 
          いい店構え

夫妻もそば好きで、村長がそば好きなことを知っている。たまたまなのか、正午過ぎだがお客はそう多くはない。テーブル席と小上がりの座敷があり、どこかのどかで落ち着く。
          松川屋3 
          客は少ない
          松川屋③ 
          ええのう

夫妻は通らしく「ざるそば」(税込み 630円)を頼み、村長は夏季限定の「冷したぬきそば」(同780円)を頼むことにした。村民2号は「もりそば」(同470円)と天ぷら「野菜天盛り合わせ」(同520円)。

12~3分の待ち時間で、ざるともりが置かれ、「冷したぬきそば」と野菜天盛り合わせが続いてやって来た。このそばが懐かしいそばで、グレー地に黒い星が滲むように光っていた。細打ちではなく、気持ち太めの手打ちそば。洗練というより野暮に近いそば。
          松川屋④ 
          もりそば
          松川屋⑥ 
          冷したぬきそば
          松川屋⑤ 
          野菜天盛り合わせ

「冷したぬき」はキュウリ、かまぼこ、ハム、カニもどき、錦糸卵が色鮮やかにいい世界を作っていた。細かい天かすが星雲のようにたっぷりとばらけていて、ひと目で気に入ってしまった。天かすの少ない「冷したぬき」があまりに多いが、これぞ正統派の冷したぬきそばだと思う。村長にとっては東京・越中島の「宝盛庵」以来のドンピシャ。
          松川屋⑦ 
          こうでなくっちゃ
          松川屋⑨ 
          黄金の時間?

つゆをゆっくりとかける。やや甘めだが、カツオの出汁が効いている。野暮に近いそばをたぐる。コシともっちり感、つるっとした感触、そばの風味が絶妙に田舎のそばを演出している。二八そばか三七くらいのそばだと思う。つなぎは多分小麦粉。それが絶妙に美味い。
          松川屋10 
        絶妙な加減

キュウリの鮮度、かまぼこの鮮度、何よりも天かすのサクッとしたカリカリ感がとてもいい。そばによく絡む。皿が平皿に近いので、最後は少し食べづらいが、ボリュームもちょうどいい。
          松川屋11 
          正統派
          松川屋① 
          素材のよさ

「野菜天もカラッと揚がっていて美味いわ。ナスもかぼちゃも美味い。妙に洗練されていないのがいいわ。こういうそば屋はありそうであまりないかもね」
辛口の村民2号もうなずいている。
          野木町煉瓦窯① 
                                  127年前の世界

そのすぐ後、お隣りの野木町へ。明治23年(1890年)に造られ、昭和46年(1971年)まで、赤レンガを作り続けたホフマン式「野木町煉瓦窯」が青空に向けて屹立していた。日本で現存しているのはここだけ。どこかドイツの風景。乗馬クラブが隣接していた。小さな天使が「早くソフトクリーム食べたい」と下駄を鳴らした。

本日の大金言。

北関東にかような世界があったとは。田舎そばと127年前の「煉瓦窯」を延長線上で楽しめる。東京中心の目から、ローカルの発見へ。まだまだ日本は広く、しかも深いと思う。スマホやテレビの前から離れてみるのもたまには必要だと思う。







                  松川屋12 




世界遺産の「昭和カツカレー」

お江戸で修行中のキオが珍しくお盆帰省した。

「富岡製糸場に行ってみたいわ。世界遺産になってもう3年経つから、一度くらい行かないとね」

世界を相手にする仕事の末端に付いているので、明治5年(1872年)に国策事業として建設された富岡製糸場に関心があるらしい。これまでは歴史にはほとんど無関心だった。天変地異が起きなければいいが。

「いいわね。絹のスカーフも買いたいし、美味い食堂もあるし、確かいい喫茶店もあったわね」
村民2号が3年前に行ったときのことを思い出しながら、同調した。動機がちょっと不純だが。

ボケがひどくなってきたゴッドマザーは家でお留守番。耳も遠くなっている。
「ナニ、富山に行ってくるのかい? あー、何だっけ。あれあれ・・・松葉ガニ買ってきておくれ」
外に出て徘徊(はいかい)しなければいいが。
          富岡製糸場① 
          お盆の世界文化遺産

お盆渋滞の中、ポンコツ車を飛ばして、富岡インターで降り、富岡製糸場へ。正午近くなっていた。3年前ほどではないが、長い行列。

「混み合う前に先にランチしましょ」

3人の意見がこの時だけは一致。そこで村長はおもむろに「高田食堂」を持ち出した。富岡製糸場の工女(女工とは言わない)が食べたカレーライスの店として、「富士屋」とともに知る人ぞ知る存在。3年前に「富士屋」で食べたカレーライスに感動したことを覚えている。
          高田食堂 
      こちらは味の文化遺産?

さて、その「高田食堂」。創業が昭和28年(1953年)で、白地のシンプルな店構えとノレンが昭和のよき食堂を思わせる。すでに混み合い始めていたが、あまり待たずに中に入れた。
          高田食堂② 
       正午前なのにほぼ満席
          高田食堂3 
          メニューの一部

村長は「カツカレー」(税込み800円)を頼んだ。村民2号とキオは「カツ丼」(卵とじ 同750円)を選んだ。

このカツカレーがスグレモノだった。ドロリとした濃い色のカレーが全面を覆い、揚げたての大きめの豚カツが寝そべっていた。かなりのボリューム。福神漬けの色がいい。多分自家製。こうでなくっちゃ。
          高田食堂④ 
          おおお
          高田食堂1 
          こちらはカツ丼

カレーは「富士屋」(昭和30年創業)とよく似ている。フライパンで小麦粉から炒め、カレー粉などを加え、特性スープでじっくり煮込んでいる。ひと口で懐かしいコクが口中に広がった。その後に辛さが追いかけてくる。スパイシー。角に切った豚バラ肉が3個ほど、飴色の玉葱がこのカレーライスに昭和のよき存在感をかもし出している。
          高田食堂⑤ 
          素晴らしき世界
          高田食堂11 
          揚げたて
          高田食堂12 
          薄めの豚カツ

ロース肉の豚カツは薄めで、コロモが細かい。ドロリとしたカレーとの相性がとてもいい。ライスもいいレベル。どんどん食べ進む。途中でウースターソースをかけてみた。これが意外に美味。もう一つの味わいを楽しめる。ひょっとして工女も途中でソースをかけたかもしれない。食べ終えると、かなりの満足感。これで800円というのは得した気分になる。
          高田食堂14 
      ウースターソースをかける
          高田食堂13 
          飴色の玉葱

「カツ丼はまあまあのレベルかな。あっさりした味付け。これで帰りにコーヒーを飲んだら、私はほぼ満足よ」
「ナニ言ってんの、富岡製糸場に早く行こ」

フランス人の指導で日本の大工が造ったレンガ造りの巨大な建物が見えた。明治5年の刻印。当時を想像する。ここから世界に向けての日本の近代化が始まった。まだちょんまげが至るところに残っていた時代。フランス人が飲む赤ワインを生き血を勘違いして、恐れおののき、工女がなかなか集まらなかったという。ウソみたいだが本当の話、である。たった145年前・・・。

本日の大金言。

この145年で日本は進歩したのだろうか? 科学と情報網は恐るべきスピードで発達したが、人間自体はとても進歩したとは言えない。いや、悪くなっているかもしれない。カレーライスを食べながら、あれこれ考えるのも悪くはない。



                   高田食堂15 







山小屋のバターチキンカレー

 お盆の真っ最中、今回テーブルに乗せるのは尾瀬ヶ原の山荘で食べたカレーライスである。

山仲間の凸凹6人と一泊二日で尾瀬を楽しんだ。あわよくば至仏山(しぶつざん)に登ろうと思ったが、悲しいかな腰に爆弾を抱えているため、難コースを断念。重いリュックを背って空まで続くような木道をひたすら歩いた。遠くに燧ケ岳(ひうちがたけ)も見える。
          尾瀬ヶ原② 
        木道とコオニユリ

歩いているうちに木道が人生に見えてきたり、エンタメ新聞社時代に燧ケ岳の頂上付近で持参したウイスキーに雪渓を入れ、それが実に美味かったことなどを思い出した。過去と現在がコブラツイスト状態。アブナイ、アブナイ・・・。
          尾瀬ロッジ① 
          美味いカレーがある?

その途中、山ノ鼻の「尾瀬ロッジ」で早めのランチを取ることにした。鳩待峠で土産物屋のおばはんから「尾瀬ロッジのカレーが美味いですよ。おすすめです」という情報をこっそりゲットしていたからである。山おばはんの情報は従うに限る。
          尾瀬ロッジ③ 
          これかいな

時間が早かったせいか、意外に客は少ない。予定通りランチメニューの中から「尾瀬ロッジカレー バターチキン」(税込み1200円)を頼んだ。ナンとライスを選べる。ライスはサフランライス。1200円は安くはないが、標高1410メートルということを考えると、そう高いとは言えない。

セルフサービスなので、自分でお茶を入れ、12~3分ほど待っていると、トレーに乗ったバターチキンカレーがやってきた。これが本格的な黄色みの強いインドカレーだった。いいスパイスが立ち上がっている。黄色いサフランライスと地場の野菜サラダ、それに福神漬けとラッキョウ。
          尾瀬ロッジ⑤ 
          山小屋のカレー?

トロリとしたルーをスプーンですくうと、湯気とともによく煮込まれた鶏肉が現れた。口中に運ぶと、ルーのコクとヨーグルトの酸味がいい具合に混じり合う。複雑な旨味。スパイシーだが、甘めで、辛さが思ったほどない。
          尾瀬ロッジ⑦ 
          本格的なカレー
          尾瀬ロッジ⑧ 
          チキンの美味さ

サフランライスは沼田産のコシヒカリを使用。高原野菜の鮮度がいい。福神漬けとラッキョウは多分出来合いのもの。ちょっと残念。
          尾瀬ロッジ⑨ 
          サフランライス
          尾瀬ロッジ10 
          合わせ技

全体的には山小屋のカレーとは思えない本格的なカレーだが、女将らしき女性と雑談したら、「日本人向けに少しアレンジしてます。すべて手作りで、じっくり煮込んでるんですよ」とか。ボリュームが山男にはやや物足りないかもしれない。ぎっくり腰を抱えた山男未満にはほどよい。
          尾瀬ロッジ11 
          高原野菜の鮮度

尾瀬の澄んだ空気を思いっ切り吸い込んで、思いもかけぬ本格カレーを食べ、どこまでも続く木道へ出る。誰かが言った。遠くを見てははいけない。何も足さず何も引かず。足元だけに意識を集中する。だが、集中し過ぎた反動か、その夜は酒宴で脱線、足元を踏み外してしまった。

本日の大金言。

居酒屋もいいが、たまには山へ行くのも悪くない。尾瀬ヶ原は夏休みのおすめスポット。何も考えずに、点になって高原の中に身を沈める。すると元気になってくるから不思議だ。



                  尾瀬ロッジ13
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR