意外な場所の「玉ひで」親子丼

 東京・人形町「玉ひで」と言えば、元祖親子丼で有名な鳥料理の老舗。ランチ時はいつ行っても行列、土日などは1時間以上待たされることもある。創業が宝暦10年(1760年)と古く、あの石原慎太郎さんが常連の店でもある。敷居の低い店ではない。

宮仕え時代に何度か並んで「元祖親子丼」(1500円)などを食べたことがあるが、正直に言うと、一度食べたら、並んでまでも、という気にはならない。とはいえ、生に近いふわとろ卵としゃも肉(東京しゃも)だけの甘く濃厚な味は、往時の東京っ子の好みを知る上では貴重だと思う。
          五味八珍 
          いい外観では?

てな前振りで、本題に入る。群馬・桐生市の中心部・本町をブラ散歩中に、いい店構えの料理屋が目に入った。「五味八珍」(ごみはっちん)の長ノレン。ちょうどランチタイム。入ろうかどうか迷っていると、村民2号が「あら、この店の三代目が、人形町『玉ひで』で修業したんだって」と入り口のメニューをめざとく見つけた。
          五味八珍① 
          当たりかハズレか?
          五味八珍② 
          玉ひで?

「ふわとろ玉子 親子丼」の文字。まさかの玉ひで。行列はない。好奇心がむくむく。これは入るっきゃない。

元々はフグ料理と海鮮料理の料理屋で、三代目が「玉ひで」で修業したことで、鳥料理も売り物に加えたようだ。年季の入った木のカウンター席とテーブル席がいい料理屋の気配。白衣の二代目と三代目、それに女性スタッフが切り盛りしていた。
          五味八珍16 
          ポエム
          五味八珍③ 
          メニューの一部

テーブル席に腰を下ろして、「ふわとろ親子丼セット」(サラダ、お新香、味噌汁付き 1000円=税込み)を頼んだ。メニューがきれいではない。中山秀征と井森美幸のポスターがポエム。
          五味八珍④ 
          おいでやす

15分ほどの待ち時間で、玉ひで直伝の「ふわとろ親子丼」がやって来た。漆器の大きなドンブリ。フタを取ると、黄色い海。ふわとろというより、半熟、いや生に近い部分がどこまでも広がる、あの「玉ひで親子丼」そのもの。細かい気泡までそっくり(当り前だが)。甘いいい匂いが鼻腔を刺激する。
          五味八珍⑤ 
          おおお玉ひで
          五味八珍⑥ 
          半なまの世界

木匙でまずはひと口。かなり濃い。玉ひでは甘さの方が強いが、ここは上州流が入っているのか、甘さが少し抑えられ、かえし(醤油)がきつめ。つゆだくなのは同じ。ご飯はやや固め。
          五味八珍11 
          地鶏の柔らかさ
          五味八珍⑧ 
          出は人形町かい?
          五味八珍12 
          七味をパラリ

鳥肉はほどよい大きさのものがころころと10個ほど。もも肉が多い。玉ひでよりも柔らかい弾力で、悪くない。女性スタッフにそれとなく聞いてみると、「最初の頃は玉ひでと同じくしゃも肉を使ってたんですけど、固いので秋田の地鶏にしました」とか。
          五味八珍13 
          たまらーん

卵は3個使っているそう(玉ひでと同じ)。なめこと豆腐のみそ汁、サラダ、漬け物もフツーに美味い。

「1000円でこの内容だと、コスパも悪くないわ。コーヒーまで付いてきた。私は大満足よ。第一、並ばずに玉ひでの親子丼を食べれるのがいいわ」

「本家玉ひでよりも手ごろなのがいいけど、もう少し醤油を抑えた方が好みだけどね。本家は砂糖まで加えているらしいけど、ここは味りんだけで、砂糖は加えていないようだよ。だから醤油をもう少し抑えた方がいいのにね」

「上州の好みなのよ、この味の濃さが。ボリュームもかなりあるし、わざわざ人形町に行かなくてもいい。いい店を見つけたわ」
          五味八珍2 
          お新香マル

「ここは創業60年くらい。桐生は花ぱんの小松屋とうなぎの泉新、それに坂口安吾も通った芭蕉といういい店がある。そこまでは行かないけど、まずまずいい店だと思う」

「もっといい店が隠れているかもよ。それを探すのが村長の仕事。隠れた美味の発掘屋、なんでしょ?」

「苦節5年、骨折2年、発掘屋もつらいよ」

「またくだらないダジャレでごまかそうとして」

「発掘されたい・・・・・・」

「それじゃミイラってこと? ミイラ取りがミイラに? 笑えるわ」

「・・・・・・」

本日の大金言。

東京に一極集中の代償は地方都市のさびれ感。これは深刻だと思う。人体に例えると、心臓だけで体は動かない。地方の文化、歴史、そこにいる職人さんたちに目線を。



                    五味八珍15 



スポンサーサイト

有名人も愛した「清風楼のシウマイ」

 今回テーブルに乗せるのは、横浜中華街で知る人ぞ知る「清風楼(せいふうろう)」の「シウマイ」であります。シュウマイではなく、シウマイ。あの食通作家・池波正太郎や評論家・草柳大蔵が愛したというのもある種の伝説になっていて、土日などは時間帯によっては行列にもなる。
          清風楼 
          隠れた人気店

数年前、たまたま関帝廟通り(かんていびょうどおり)にあるこの店を見つけて、手土産にしようと思ったが、一番小さい折詰が(12個入り)が税込みで1720円と予想外に高かった。財布と相談した結果、その時は泣く泣く断念した。

それを今回、横浜に行ったついでに、断崖から飛び降りるつもりで(オーバーだよ)、手土産にした。創業が昭和20年(1945年)。現在は3代目。広東料理の老舗でもあるが、店内は小さな大衆食堂のようで、敷居の高さはない。シウマイばかりでなく、炒飯や焼きそばも美味い、という評判。
          清風楼① 
          安くはない

賞味期限は「冷蔵庫に入れて4日間です」(女性スタッフ)。で、上州から愛らしい老犬とともに、ウマズイめんくい村に移住してきたゴッドマザーを交えて、89歳のお誕生会をかねて、賞味することにした。ささやかなぜい沢。
          清風楼① 
          賞味の時間
          清風楼② 
          これこれ
          清風楼④ 
          本物の予感

懐かしい経木の箱(これがたまらない)にきっちりと納まった12個のシウマイは意外に小ぶりで、崎陽軒のシュウマイとそう変わらない大きさ。コック帽のような縦長が特長。外側から見ただけで、いい豚肉が薄っすらと見える。経木の蓋を取った瞬間、独特の玉葱のような濃密な匂いが広がった。
          清風楼⑥ 
          蒸し器で蒸す

村民2号が蒸し器で約8分ほど蒸す。白ワインを用意し、備え付けの辛子をお湯で溶く。酢醤油で食べる前に、いい色に蒸し上がったシウマイを、何もつけずにガブリと行く。
          清風楼⑧ 
          おおお
          蓬莱閣2 
          71年の歴史
          清風楼2  
          肉の圧倒

粗挽きの豚肉の旨みがまず押し寄せてきた。続いて長ネギとつなぎの片栗粉(?)が絶妙に絡んできた。貝柱の旨みと何か隠し味のようなものが全体の旨みを押し上げている。ほのかな塩味(魚醤?)。自然な甘みと旨味。
          清風楼12 
          辛子でガブリ
          清風楼10 
          酢醤油でガブリ

さらに辛子を付けて食べる。酢醤油でまた食べる。それぞれに別の旨みが引き出されてくる。

「確かに美味いわ。本物って感じ。でも1720円というのは安くはない。今日は特別な日だからいいけど、崎陽軒のシュウマイで十分だわ」

「こんな美味いシューマイ、あたしゃ初めてだよ。冥途の土産になるわ。もう二、三度は食べたいよ、店で食べたらもっと旨いだろうね、ぐふふふ」
          清風楼11 
          深みと値段

「このままじゃ村の財政が破たんする予感がする。もう一度働きに出ようかな」

「誰も雇ってくれないわよ。ぎっくり腰の村長なんて」

「村長一人でどこかに移住したくなってきた」

「賛成。天国へ移住するのもいいかもね」

「・・・・・・」

本日の大金言。

横浜中華街は観光化しすぎている気もするが、まだまだ美味の迷路は健在。特にメーンストリートより裏通り。



                   清風楼13 

究極か「あん入り焼きまんじゅう」

GWの真っ最中、法事で 群馬・前橋市までポンコツ車を飛ばす。今年はどうしたわけか法事が多い。

法事の当たり年、そう考えると心が落ち着く。生者必滅の四文字がようやく実感としてわかってきた気がする(遅すぎだよ)。

法事でも舌は止まらない。胃袋も止まらない。止めてはいけない。止めようとしてもそう簡単には止まらない。

前橋からの帰り道、県道桐生・伊勢崎線周辺は「焼きまんじゅう街道」でもある(そう勝手に呼ばせていただきます)。群馬県内でも老舗の名店の一つ「堀田商店」に立ち寄ることにした。
          堀田商店 
          本物の予感

焼きまんじゅうは群馬県民がひそかに誇る郷土食で、県内には専門店だけでも優に100店超はあると思う(数えたわけではないので、単なる実感です)。ていうか、群馬県民にしか通用しない、全国的には珍しいまんじゅう。江戸時代末期には存在していたようだ。「秘密のケンミンショー」などでも笑いのネタにされている代物。伊勢崎市昭和町にある「堀田商店」は、その星の数ほどの焼きまんじゅうの中でも、トップに位置する老舗という噂の店である。
          堀田商店① 
          創業90年
          堀田商店1 
          職人の気配

桐生・伊勢崎線沿いに「やきまんじゅう」の幟(のぼり)が見え、その奥に瓦屋根の古い店構え。隙のない一軒家。年季の入った木枠の出窓のところが板場になっていて、そこにご高齢の店主が白衣姿で精を出していた。炭火が見えた。ポエム。本物の予感。
          堀田商店③ 
          ポエム!

きれいに磨かれた大きな木のテーブルが三つほど。そこに腰を下ろして、「焼きまんじゅう」(1串税込み150円)2串とあん入り焼きまんじゅう」(同250円)を1串頼んだ。あん入りも2串頼もうとしたが、村民2号が「1串4個で1個が大きいから、そんなに食えないわよ」で、3串で妥協した。
          堀田商店② 
          メニューはこれだけ
          堀田商店④ 
          手づくりの世界

女将さんがお茶を持ってきてくれた。持ち帰りの客が多いそうで、ポツリポツリとお客がやってくる。焼き上がるまでの時間、店の創業を聞くと「もう90年になります。主人で3代目です」とか。昭和初期の創業ということになる。
          堀田商店2 
      隅々まで気が届いている

12~3分ほどで、益子焼の大皿に盛られた焼きまんじゅう3串がいい匂いとともに目の前に置かれた。見事な世界。味噌ダレと焦げ目、食欲をそそる甘い匂いが鼻腔をくすぐる。
          堀田商店⑥ 
          香ばしきシンプル
          堀田商店3 
          大皿と竹串まで

まずは焼きまんじゅう。竹の大串を抜いて、ガブリと行く。1串4個。1個の大きさは7センチ弱ほど。厚みは約2・5センチ。噛んだ瞬間、甘い濃厚な味噌ダレと柔らかな食感と香ばしい小麦の風味が口中に広がった。もちっとした歯ごたえ。美味。甘味が強いが、村長がこれまで食べた焼きまんじゅうの中でもこれは間違いなくトップだと思う。
          堀田商店⑧ 
          焼き立て
          堀田商店10 
          頂点の世界

皮種は地粉を使い、米粉も少し入れているようだ。それを糀(こうじ)で膨らませている。むろん自家製。どこかイタリアのフォカッチャを連想してしまった。

続いて、あん入りにかじりついた。こしあんが入っただけで、ずしりと重みが加わった。こしあんだけは「あんこ屋さんから仕入れてます」(店主)とか。きれいな甘みで、それが焼きまんじゅうの味噌ダレの濃厚な香ばしさに妙に合っている。
          堀田商店12 
          あん入りへ
          堀田商店13 
          ミスマッチではない
          堀田商店14 
          上質な職人芸
          堀田商店16  
          あーん

「あん入りも美味いけど、私は何も入っていない、本来のシンプルな焼きまんじゅうの方が好きだな。焼きまんじゅうはずいぶん食べたけど、これは凄いわ」

「焼きまんじゅう店は駄菓子屋みたいな店が多いけど、ここは庶民的なのに格がある。本物に出会えた感じ。焼きまんじゅうは決してB級ではない。そんな気になる。古い木の温もりと隅々まできれいに雑巾がかけられている感じがとてもいい」

「上州生まれとしては、うれしいわ。焼きまんじゅうはどこか小バカにされてる気がするけど、この店に来てほしいわ。この安さも店の心意気を感じるわ。1串150円は他の老舗より安い。しかも美味い。本当にいい店だわ」

「目がうるんでるね。そうか悔しかったのか(笑)」
「花粉症よ。会津の饅頭の天ぷらより全然いいでしょ?」
「何だか秘密のケンミンショーみたいになって来たね。やめよう、今日は法事帰りだから。平和に平和に・・・」
「生者必滅。饅頭にも平和を・・・」

本日の大金言。

焼きまんじゅうは以前は「あんなもん、どこが美味いのか」と思っていたが、いい焼きまんじゅうに出会ってから、その見方を変えた。ホントに美味いのである。千利休がメニューに出した「麩の焼き」も味噌ダレを付けて焼いたもの。ある意味で、焼きまんじゅうはその伝統の線の上にある、と思う。



                  堀田商店5 



「舌の迷路」横浜中華街

 久しぶりに横浜中華街へ。主目的はハマのドン、西欧先生ご夫妻とディナーのためだが、せっかくの中華街。早めに行って、「安くて美味い店」を足で探し歩き、それなりのランチも楽しみたい。

横浜中華街には中華料理店だけで226店、その他を入れると約500店舗あり、その店舗密度はアジア最大とか。ここには何度か来ているが、ちょっと路地に入っただけで、中国語が飛び交い、香港か上海の裏通りにいるような錯覚に陥る。舌の迷路。胃袋のイエローマジックオーケストラ。
          横浜中華街② 
      関帝廟(かんていびょう)通り

そこがまた魅力でもある。観光客でにぎわう中華街大通りから少し外れて、裏通りの関帝廟通りに入ってみた。ここにはいい店が並んでいる。ぶら歩きしながら、その一つ「蓬莱閣(ほうらいかく)」に狙いを定めた。あの池波正太郎も通っていた店でもある。
          蓬菜閣 
       見かけは侘びしげだが

北京料理と書いてあるが、実際はその源流、山東料理。昭和35年(1960年)創業で、小さいながら「本格的な山東料理を出し、餃子とチャーハンも美味い」らしい。地道にいい料理を出しているような、やや煤けた店構えが気に入った。
          蓬菜閣② 
          餃子が美味い?
          蓬菜閣③ 
          チャーハンさま

テーブルが六つほど。時間が正午前だったので、お客は半分ほど。「焼餃子」(税込み720円)、「蒸餃子」(同)、それに「チャーハン」(同830円)を頼むことにした。生ビール(小420円)もしっかり頼んだ。
          清風楼③  
          焼餃子の大きさ

約15分ほどの待ち時間で、まずは焼き餃子がやってきた。4個だが、1個がかなりデカい。フツーの餃子の優に2~3倍はある。壁に「不要醤油」と書いてあり、「タレなしでそのままどうぞ」と説明してあった。付けるなら酢とラー油だけ、とも。うむ。
          蓬菜閣1 
          タレは不要だって?

これが当たりだった。皮のもっちりとした食感が只事ではない。具は豚肉、白菜、ネギが中心。しっかり薄味が付いていて、その肉汁と旨味がひと味違った。柔らかな香辛料(五香粉?)がいい具合に効いている。オイスターソースの気配もある。村民2号が「うまいわ。佐野の餃子より本格的ね」と妙な感心の仕方で頷いている。
          蓬菜閣2 
          只事ではない
          蓬菜閣5 
          がぶりと行け
          蓬菜閣12 
          こちらは蒸し餃子
          蓬菜閣4 
          酢とラー油だけ

続いて蒸籠に入った蒸し餃子。湯気が立ちのぼっている。白菜が敷かれていて、こちらも特大が4個。作り方が違うだけで、皮の恐るべきもっちり感と具の絶妙がピッタリ合っていた。酢とラー油を付けて食べると、別の旨みが舌に滲み込んでくる。
          蓬菜閣13 
          肉汁と菜汁
          蓬菜閣⑧ 
          名チャーハン!

ビールで咽喉を潤してから、最後にやって来たチャーハンへ。盛りのよさ、一粒一粒のパラパラ感、すべてがさり気なく上質。以前チャーハンの名店「同發(どうはつ)」で食べたものと遜色がない。値段等を考えると、こちらの方がコスパが高いと思う。
          蓬菜閣10 
          パラパラ絶妙
          蓬菜閣11 
          あーん

その約6時間後、みんなで食べた人気店「山東2号店」は同じ山東料理とは思えないほど、味付けが濃かった。水餃子は噂通り美味かったが。その分、時折り瑞典語も交った会話がいい隠し味となり、楽しいディナーとなったのは言うまでもない。

本日の大金言。

横浜中華街の店選びで注意すべきは、食べログなどの人気は眉唾と考えることだと思う。行列店はスマホ片手が多い。店の対応もいい意味でも悪い意味でも大陸的で、水を頼んでも、持ってこないこともある。スマホ片手の行列店は避けた方が無難と思う。





                        蓬菜閣15 



涙の絶品「鬼ひも川うどん」

 先週末は東京・神楽坂「日本出版クラブ会館」へ。今年2月7日に急逝した翻訳家・ライター・画家の片岡みい子さんの「お別れの会」に村民2号と出席、170人もの友人知人がその早すぎる死を悼んだ。

みい子さんの活躍の舞台は日本とロシアを中心に米国からインドにまで及び、折々に描いた個性的な作品も会場に並べられていて、村民2号も遺作となったそれらの絵画や写真をしんみりと見つめていた。

ご本人はシャイで、能ある鷹は爪隠すという人柄だった。それ故に170人もの人が参列し、その人数の多さに参列者が改めて脱帽したものだった。なくなってわかる親とお金とみい子さん・・・日が経つにつれてそんな存在になるのではないか。
          県立館林美術館① 
      清宮質文の世界(館林美術館)

その後、二軒ほどハシゴしてしまったために、昨日は二日酔い状態。三連休なので、キオも誘って、群馬県立館林美術館へポンコツ車を走らせた。

版画家の清宮質文(せいみや のぶふみ)生誕百年コレクションを見に行くため。村長の好きな世界で、ビッグネームではないが、村民2号とキオもその透明な世界に見入っていた。
          花山うどん 
          五代目花山うどん

その後、ランチは館林駅前にある「五代目花山うどん」で。1894年(明治27年)創業の老舗うどん屋で、館林うどんの中心的な店。東京・銀座にも支店を出している。

午後1時半過ぎだったが、店の前には7~8人が並んでいた。外人カップルの姿も。
          花山うどん① 
          いい暖簾だのう

テーブル席に案内されて、村長は「鬼ひも川」(麦豚、冷 税込み950円)を頼むことにした。村民2号とキオは「鬼ひも川」(しいたけ、温)を選んだ。「鬼」とは地元では「すごい」という意味だとか。つまり「すごいひも川うどん」となる。
          花やま① 
          鬼ひも川って?

これが実に美味かった。鬼ひも川うどんとは、幅4~5センチほどの幅広うどんで、この店の名物。乾麺も売っているが、店では讃岐うどんのように足踏み⇒一晩熟成の、手間ひまをかけた手打ちうどん。「うどん天下一決定戦」で三連覇したといううどんでもある。
          花山うどん③ 
          これが麦豚・冷
          花山うどん④ 
       こちらはシイタケ・温

じっくりと茹で上げるために待ち時間は17~8分ほどかかった。たぬきの器にブランド豚「上州麦豚」のロース肉と温玉、それに小ネギ、海苔、かまぼこが乗っていた。その下には「鬼ひも川」が鎮座していた。
          花山うどん⑤ 
          つゆの風味

鰹出汁の効いた、甘めのつゆをゆっくりとかけ、ワサビを乗せ、鬼ひも川を手繰り寄せながら食べると、そのもっちり感と伸びやかなコシがいいうどんの風味とともに口中に広がる。鴻巣の川幅うどんよりも美味だと思う。
          花山うどん⑧ 
          鬼ひも川!
          花山うどん⑦ 
          麦豚の旨み
          花山うどん1 
          温玉とワサビ

ワサビがいいワサビで、そのツンとした辛さとつゆ(かなり返しがきつめ)がうどんの美味さを引き立てている。つゆのかけ過ぎには注意が必要だが、実に上質な奥行きのある美味さ。小麦粉は地場の小麦を使い、麦豚の量も申し分ない。
          花山うどん5 
          たまらん
          花山うどん2 
      かまぼこもあるでよ

「こっちはシイタケが分厚くて本当に美味い。うどんは温かい方がいいわ」(キオ)
「もう少し安いともっといいけど、ボリュームも結構ある。腹八分の満足感がいいわ」(村民2号)

村民3人はすっかり満足。空は高く、どこまでも青い。みい子さんは遺言通りに、きっと精霊になって天国で170人(それ以上)を見守っているに違いない。空が目に染みる・・・。

風の鳴る枯野の奥に梅一輪


本日の大金言。

誠に人生一瞬の夢。だが、その一瞬には人知れぬ思いが一杯詰まっている。図書館一つ分の思い。しょっちゅうは不可能だが、折に触れて思い出すことが供養になるのかもしれない。




                                             花山うどん10 


プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR