ガレ展のち「海鮮米麺」

 台風5号の影響で箱根は早朝から雨となった。雨は食欲を刺激する。で、本日テーブルに載せるのはポーラ美術館のフレンチレストラン「アレイ」で食べた、ちょっと優雅なランチである。
          ポーラ美術館 
     雨の中「ポーラ美術館」へ

ちょうどエミール・ガレ展の真っ最中で、美術好きの村民2号に引っ張られるようにキオ、つん太も付いてきた。ガレの作品約130点が浮かび上がるように展示され、モネやルドン、ルノワールなどの同時代画家の作品も効果的に置かれ、リッチーな時間を過ごす。久々のぜい沢。最近増えて来たのか、撮影OKの作品が多く、ちょっと驚く(NGの作品もある)。美術館の考え方が変わってきた?
          ガレ展② 
          エミール・ガレの世界
          ガレ展⑤ 
          ちょっとだけよ

「観るのも結構疲れる。最近体力が落ちたわ。でもいい気分よ。外は大雨だし、このいいムードの中で食べましょう」
モナリザの微笑顔で村民2号が言った。こういう時は危険である。
「そうね。腹減ったァってわめかれないうちに食べた方が無難ね。でも高そうよ」
お金のことなら任せといてよ」
「ゴホゴホ・・・」
          レストランアレイ② 
          メニューの一部
           
外の台風も心配だが、中の台風の芽も心配である。「アレイ」は箱根ハイランドホテル系のレストランで、テラス席まである。メニューを見たら安くはない。周囲の客がみな、金持ちに見える。こういう時は背筋を伸ばして、内心の動揺をおくびにも出さず、ゆったりした物腰で頼むに限る。
          レストランアレイ1 
          雨のBGM

虚栄心と財布の中身のせめぎ合い。結局、実利が勝って、村長は一番安くてそれなりに美味そうな「海鮮米麺(かいせんべいめん)」(税込み 1400円)を頼むことにした。キオとつん太も同じもの。村民2号だけが「本日のパスタ」(同)とブレンドコーヒー(同400円)。コーヒーを一日最低3杯飲まないと機嫌が悪くなるという持病があるので仕方がない。
          レストランアレイ③ 
        海鮮米麺、登場
          レストランアレイ⑤ 
        ベトナムが見える

フレンチなのに海鮮米麺とはいかに? 何のことはないこれはベトナム料理でフォーである。米粉の麺。ベトナムはかつてフランスの植民地でもあったのでメニューにあってもおかしくはない。胃にやさしいのも選択の幅が広がる。
          レストランアレイ⑥ 
         スープが滲みる

これがまずまずのボリュームと内容だった。白くて深い器に乳白色の世界がゆったりといい匂いを放っていた。真っ赤に茹で上げられた車エビ、あさり、海老だんご、イカが食欲をそそる。それにヌクマムとヌクチャムをベースにした黒と赤のベトナム調味料が添えてある。黒味噌と唐辛子のよう。
          レストランアレイ⑨ 
          米麺のコシ
          レストランアレイ⑧ 
          具のレベル
          レストランアレイ10 
       赤と黒の調味料

レンゲでスープを飲む。魚介類の出汁がよく効いた薄い塩味。穏やかな美味。雨の箱根によく合う味わい。米麺はきしめんのような平打ち麺で、思ったよりもコシがある。ホーチミン市で食べたフォーよりもコシが強い。これは好み。車エビなど具財も鮮度がいい。さすがハイランドホテル系。スタッフの応対も一流ホテルのそれで、過不足ない。
          本日のパスタ 
      こちらは本日のパスタ

「本日のパスタはイカとキャベツのパスタ。うん、まあまあだわ。ここは雰囲気を楽しむことも大事よ」

村民2号だけが後から来たコーヒーを愉しんでいる。他の3人は水で我慢。キオとつん太が気を利かせて、スタッフにカメラを頼んだ。完全おのぼりさん。

「ああ満足満足・・・」
雨女でもある村民2号に罪はない。その隙にキオとつん太がそっと忍び足で立ち上がり、会計を済ませてきた。こやつら、やっぱり伊賀もの? 半分認知症状態の村長も胸の財布に手を当てて、むふむふと笑みをこぼすのだった。

本日の大金言。

高いレストランで見栄を張ってはいけない。一番安い料理でも堂々と頼むべし。


                  レストランアレイ12 










スポンサーサイト

箱根の名物カレーライス

 約9か月ぶりの箱根。南の海上に台風が発生し、晴れ間が見えるうちにと、村の旅行を決行した。新しい住民つん太とキオも同行することになった。オムツ犬とゴッドマザーは介護付きでお留守番。ある意味いい気な旅行でもある。

箱根湯本駅で正午過ぎに待ち合わせ。暑い。台風前の晴れ間がまぶしい。

腹、減ったー。食べないと一歩も動けないわ」

いつものように村民2号がわめき始めた。こういう状況は織り込み済み。で、駅から歩いて3分ほどの「画廊喫茶 ユトリロ」でランチを取ることにした。絵画と美味しい水出しコーヒー、それにカレーライスがここの名物。文句の出ようがない選択。
          ユトリロ 
          文化財的喫茶店

約2年前、メディア仲間と箱根に来たときにここでカレーライスを食べ、口の悪い連中が文句を言わなかったことを思い出した。ホメもしなかったが。
          ユトリロ① 
          名物カレーライス
                        ユトリロ6 
          フランスか?

混み合っていると思ったが、予想外に空いていた。なぜだ? 村長と村民2号、キオは「カレーライス」(税込み 1100円)、つん太は「エビピラフ」(同)を頼んだ。
          ユトリロ③ 
          メニューの一部

1975年(昭和50年)創業の老舗喫茶で、ユトリロ好きで収集家でもあるマスターが、広い店内に収集した絵画を惜しげもなく飾っている。蔦の絡まった文化財的な建物、入り口の緑のアプローチも含めて、どこかフランスの匂い。天井も高く、天井扇がゆったりと回っている。BGMはクラシック。ブラウンと白を基調にした70年代のアートな雰囲気はレトロでもあり、どこかけだるさも漂わせている。
          ユトリロ⑤ 
       盛り付けもアート?
          ユトリロ2 
          色彩感覚

約10分ほどでいい匂いとともに名物の自家製カレーライスがやって来た。楕円形の白い深皿。ひと目でじっくり煮込んだことがわかるカレーと固めに炊かれたライス、それに鮮度のいい野菜。茶色い福神漬けも手抜きがない。ビジュアル的にも悪くない。
          ユトリロ⑥ 
          一週間の煮込み
          ユトリロ⑦ 
        ライスも質が高い
          ユトリロ3 
          サラダの鮮度

「いい味だわ。値段が安くないけど」
村民2号が鼻をひくひくさせながら満足そうにうなづいた。

「そうね、スパイスが後から来る。結構辛い
キオが相槌を打った。

1週間煮込んだというカレーは、濃厚なコクと旨味がじわじわと体の中に滲み込んでくるような味わい。玉ネギなど具財はすっかり溶け込んでいる。鶏肉だけが繊維状に辛うじて形を残していて、それが柔らかくて美味。豚肉ではなく鶏肉。複雑なスパイスが後から追い掛けてくる。
          ユトリロ⑧ 
          あーん

ライスの上に茶色い粉末が点々と振ってあることに気づいた。シナモンかと思ったが、風味が違う。ひょっとして鰹節? 結局正体はわからなかったが、芸の細やかさまでユトリロ風ということかな(意味不明)。 
          ユトリロ⑨ 
          あーん2

「野菜もおいしい。これで水出しコーヒーを飲めば、私は満足」
「あと200円安ければ、私も満足」
「エビピラフは座布団1枚取りかな」

つん太が落語家の表情で微笑んでいた。こやつ、隣村の伊賀からの回し者か? ウマズイめんくい村の箱根の旅はこうしてスタートした。台風5号が近づいている。

本日の大金言。

箱根は外国人観光客も多い。彼らが行くのが鯛ラーメンの店とかそば屋など。ガイドブックやネット情報を参考にしているようだ。名物老舗喫茶が以前ほど混んでいないのは、そうした情報の取り方が影響しているのかもしれない。老兵は去るのみ、ではなく、老兵だって生き残る。こうでなくっちゃ。

                    ユトリロ11

京都に負けない「抹茶わらび餅」

 結城紬(ゆうきつむぎ)の街・茨城県結城市は好きな街で、たまにフラリと行きたくなる。人口5万強ほどの小さな街だが、江戸・明治時代の店蔵が30軒ほど残っていて、街中を歩くと、ところどころに夢の跡が残っている。小江戸・川越ほど観光化されていないのも心が落ち着く。寂れ感がたまらない。
          真盛堂カフェ5 
    タイムスリップ(真盛堂カフェ)

その中の一つ、明治30年頃に建てられた薬屋の蔵をリニューアルしたのが「甘味茶蔵 真盛堂カフェ」である。「菓子処 真盛堂(しんせいどう)」が8年前にオープンしたカフェ。まるで京都の町家。今回テーブルに載せるのはここで食べた冷たい「抹茶わらびもち」である。
          真盛堂カフェ② 
          ここは京都?

世代を超えて、女性客が多い。2階に案内されて、明治が残ったままの畳の和室へ。板張りの広い部屋も別にある。京都にいるような錯覚に陥る。隣りににぎやかな「昔美人グループ」がいて、気を利かせた女性スタッフが障子戸をたてた。茨城弁がいくらかフェードアウトした。
          真盛堂カフェ① 
          メニューの一部

暑かったのとメニューの写真が美味そうだったので、「抹茶わらびもち」(税別 620円)を頼むことにした。ほうじ茶付き。待ち時間は10分ほど。これが見事なものだった。
          真盛堂カフェ2 
          甘い夢
          真盛堂カフェ6 
          これはスゴ

凝った陶器の角皿に半透明のわらび餅が9~10個ほど。その上に抹茶がたっぷりかかっていた。さらに茹であずきのような粒あんが夢のように中央部を覆っていた。そのあまりのボリュームとビジュアルに圧倒されてしまった。ポエム。
          真盛堂カフェ13  
          うーむ

数年前、京都の有名な甘味処「ぎをん小森」で見た「抹茶わらび餅」に引けを取らないどころか、コスパを考えると、こちらにシンパシーを感じる。ロケーションはさすがに京都の方が上だが。

黒蜜をかける前に木匙で食べてみる。わらび餅はわらび粉を使った自家製で、ぷるるん感が十分にある。抹茶は「宇治から取り寄せてます」というこだわり方で、香りといい苦味といい、申し分がない。
           
          真盛堂カフェ⑥ 
          何という世界
          真盛堂カフェ10 
          黒蜜たらり
          真盛堂カフェ4 
          本物どすなあ

粒あんは大納言小豆のようで、ふっくらと炊かれている。甘さが物足りないほど控えめ。黒蜜をかけると、ちょうどよい甘さになる。わらび餅と抹茶、それに粒あんが絶妙に絡み合い、口の中が冷たい極楽浄土に近づく感じ。上映中の「のみとり侍」のワンシーンがつい頭に浮かんだ。困ったもんだ。

たまたま三代目の美人女将に粒あんについて聞いてみたら、「うちのオリジナルで、たまたま出来たんですよ。煮詰める途中で取り出してみたら、これが意外に美味かった。で、抹茶わらびもちに使ってみたんです。甘さが足りないという人もいますが、評判は上々です」とのこと。
          真盛堂カフェ⑦ 
          この粒あんは?

まるで東京・新宿「花園万頭」の「ぬれ甘なっと」から糖蜜を抜いたような食感。確かにディープな小豆ファンには甘さが物足りない。そこが好みの別れるところではあるが、結城市のスイーツの新しい可能性にささやかに敬意を表したい。出来れば「税別」は野暮なので止めてほしいが。

本日の大金言。

ローカルの粋に驚かされることもある。京都や東京など黙っていても人が集まるところではなく、人が集まらない街の工夫と心意気にこそ日本の未来が見えてくると思う。



                  真盛堂カフェ9 



「無化調佐野ラーメン」の舌代

利根川沿いにアトリエを構えるケンゾー画伯に誘われ、栃木・佐野までポンコツ車を走らせることになった。彼が注目している若き抽象画家の個展を観るため。もう一つの目的は佐野ラーメン。

ちょっと脇道。ケンゾー画伯の娘さん夫婦が映画製作に携わっていて、今公開中の「モリのいる場所」(沖田修一監督)にもスタッフとしてかかわっている。孤高の画家・熊谷守一を描いた作品。かつてブルーリボン賞でプレゼンターをしたこともある村長(ちょっとだけ自慢してみました)にとってもこの一家は面白い存在(ちなみにその時の監督賞は「誰も知らない」の是枝裕和監督だった)。
          小林孝至展①  
          小林孝至個展(佐野市で) 

まだほとんど無名ながら、若き抽象画家はユニークな抽象画を描いていた。しばしご本人を交えて話した後に、もう一つの目的へ。「ラーメンで旨いのに出会ったことがない。佐野もどうかな」とのたまうケンゾー画伯を今、佐野で注目されている店の一つ「くにや」に案内することにした(このお方、ひょっとしてかなりの食通かあるいは味覚音痴かもしれない)。
          くにや 
          いい店構え

ここは元和食料理人のラーメン店で、化学調味料を一切使わず、麺は地粉を使った青竹打ち。麺類シンジケートの情報ではチャーシューもメンマもひと味違うとか。

その分、一杯の値段がかなりお高い。佐野ラーメンは600円前後がフツーだが、この店は800円なり。村長が知る限り、佐野で一番高いラーメンだと思う。
          くにや2 
          高さと低さ

いい雰囲気の店構えで、店内は比較的新しく、シンプルできれい。ラーメン店を始めたのが2013年(平成25年)と約5年ほどの歴史だが、その前が老舗の割烹料理屋だったとか。和食料理人からラーメン屋への転身は最近では珍しくはないが、この店もその一つ。
          くにや② 
       800円の味とは?

午後1時半過ぎだったので、客はさほど多くはない。カウンター席とテーブル席が計17~8席ほど。カウンターに座って、定番の「佐野らーめん」(税込み 800円)を頼んだ。ケンゾーさんも同じもの。餃子(5個 450円)も定評があるので、頼もうかどうか迷った。だが、予算オーバーで断念した。

広い板場にマスク姿の白衣の店主。無駄口は叩かないという雰囲気が伝わってきた。話しかける島もない。待つこと約15分ほど。かなり長いが、しっかり作っているのが見て取れた。
          くにや⑤ 
      元和食料理人のラーメン
          くにや3 
          隙がない

大きめのラーメンどんぶりが湯気を立てながらやって来た。大きめの煮豚チャーシューが2枚、メンマ、ナルト、ほうれん草、三つ葉、それに刻みネギが醤油ベースの柔らかそうなスープに浮いている。その下の平打ち縮れ麺。構成は海苔がないくらいで定番のものだが、隙がない。
          くにや⑥ 
          スープの深み

よく見ると、とろろ昆布が地味に浮いていた。これは珍しい。和食料理人のアイデアなのだろう。

醤油スープは鶏がらベースだと思うが、魚介類の和の出汁が奥にしっかりと潜んでいて、最初のアタックは醤油がきつめだと思ったが、ふた口めには繊細なあっさり感が上回った。だが、無化調によくある物足りなさが全くない。過剰な旨味をむしろ抑えているような、「わかる人だけにわかればいい」という店主の意図すら感じる味わい。ごう慢と紙一重の世界?
          くにや⑧ 
          麺の秀逸

何より気に入ったのは自家製の青竹打ち麺。佐野ラーメンはコシのないふわふわ系が多いが、ここはしっかりと強めのコシ。しかも麺にいい小麦の風味がある。佐野でも村長が食べた中でベスト5に入る食感。
          くにや10  
          脇役の渋さ
          くにや12 
          麺のコシ
          くにや6 
          煮豚チャーシュー

豚バラチャーシューは柔らかすぎず固すぎず。メンマは控えめ。ほうれん草はいい鮮度。ナルトはフツー。とろろ昆布は気が付かないほどのささやき。

スープをきれいに飲み終えると、ケンゾーさんがボソリと言った。
「ま、フツーのラーメンだね。ラーメンってこんなもんですよ。これでいいんだ」

このお方、食通なのか味覚音痴なのか、いまだわからない。これまで何度か食事をしているが、いつもマズそうに食べる。未消化の謎が頭の片隅に残ったまま、怪しい一行は佐野を後にしたのだった。

本日の大金言。

食事を自然に楽しむというのは案外難しい。無理に楽しむ必要はないが、生きるために食べるとはいえ、どうせ食べるなら、楽しくいきたい。たかがラーメン、されどラーメン。


                  くにや13

幻の豚?道の駅のカツカレー

 道の駅はポンコツ車にとってはオアシスである。今回テーブルに乗せるのは、かつては水運の宿場町として栄えた茨城・境町にある「道の駅さかい」で食べた「カツカレー」である。
          道の駅さかい④ 


境町は利根川を挟んで、千葉と茨城の文字通り境(さかい)にある寂れた街。だが、江戸時代まで遡ると、利根川と江戸川の要衝として、大いに栄えた。鉄道がない時代、舟運が盛んで、利根川と江戸川が合流するこのあたりは高瀬船が行き交い、人も物資も江戸へ、あるいは江戸から常陸・下野・陸奥へと運ばれていた。今では想像すらできない。
          関宿城博物館②  
          関宿城博物館

その要となっていた関宿城(せきやどじょう)を見た後に、対岸の「道の駅さかい」で遅いランチを取ることにした。蔵造りの建物がけな気。ここの食堂が意外な穴場だと思う。「常陸牛のローストビーフ丼」の幟(のぼり)が川風にひるがえっている。
          道の駅さかい 
          道の駅さかい

だが、村長のサイフには野口英世が一枚しかない。常陸牛のローストビーフは断念して、「カツカレー」(税込み 800円)を頼むことにした。境町には幻の豚もいる。塚原牧場の梅山豚(めいしゃんとん)である。その脂身の美味さは凄いらしい。テレビのバラエティー番組も取材に来たほど。
          道の駅さかい3 
          ようこそ穴場へ
          道の駅さかい② 
          幻の豚肉?

ひょっとしてカツカレーのロース肉は梅山豚かもしれないぞ。券売機には「境町産豚肉使用」と書いてある。おばさんスタッフに食券を渡して、待つこと10分ほど。楕円形の深皿(舟型?)に正統派のカツカレーが湯気を立てていた。ミニサラダ付き。
          道の駅さかい③ 
          カレーの高瀬舟

ミニサラダはフツーだったが、カツカレーの豚カツがスグレモノだった。十分な大きさ。肉の厚みは1~1.3センチほど。注文を受けてから揚げているようで、揚げたて感がいい。パン粉のサクサク感も悪くない。どろりとした濃厚なカレーはスパイシーで、それなりに旨い。
          道の駅さかい⑦ 
          お見事、豚カツ
          道の駅さかい12 
          かぶりつけ!
          道の駅さかい⑥ 
          ミニサラダ

ロース肉は脂身が少なめ。肉のいい歯ごたえ。柔らかすぎず、固すぎず。ルーを付けて食べると、頭の中に高瀬舟が行き交った。ライスは期待したほどではないが、まずまず。福神漬けも平均レベル。
          道の駅さかい⑨ 
          あーんの時間
          道の駅さかい11 
          幻は幻か
 

豚カツの旨さが特に光る。800円でこの内容は十分満足できるもの。ボリュームもある。食べ終えてから、おばさんスタッフに「この豚肉は梅山豚でしょ?」と確認してみた。

「はっ? 国内産の豚ですけど、梅山豚ではないですよ。梅山豚だったら、この値段ではとても出せませんよ」

怪訝な顔で笑われてしまった。その瞬間、頭の中の高瀬舟がどこか遠くへ去って行った。それでも満足感がかすかに残ったのだった。

本日の大金言。

梅山豚は中国の原種豚の一つ。中国が輸出を禁止したため、今では希少な存在で、境町の塚原牧場がそれを再現したが、肉質の美味さには定評がある。道の駅さかいでも少量だが売られている。豚肉も階級社会?


                   道の駅さかい14
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR