人気1位駅弁「海苔のりべん」の味

新幹線に乗ったら駅弁と缶ビールは欠かせない。

東北新幹線・郡山駅で人気駅弁「海苔のりべん」(税込み950円)と缶ビールを買い込んだ。それだけで沈んだ気持ちが明るくなるから不思議だ。駅弁は益弁でもある。
          海苔のりべん① 
       すぐに売り切れてしまう

先日、たまたま見ていたテレビで、この「海苔のりべん」が人気ランキング1位になっていた。発売元は郡山市の「福豆屋(ふくまめや)」。創業が1924年(大正13年)の老舗駅弁屋である。
          海苔のりべん③ 
          これこれ

海苔とおかか、それに昆布の佃煮が層になっていて、旨そうだった。牛肉全盛の駅弁界で、最もシンプルな和の駅弁が1位になるのは凄いことだと思う。

新幹線の中で、包みを解き、フタを開けると、いい和の世界が横たわっていた。おかずは焼き鮭、だし巻き卵、海老芋(さといも)、人参、ごぼう、板わさ、赤カブ漬けなど。ひと目で一つ一つにこだわりが詰まっていることがわかった。
          海苔のりべん④ 
          最強のコンビ?
          海苔のりべん⑤ 
          いい構成

メーンのご飯は黒々とした大きな海苔が2枚、その下にはおかかがぎっしり敷いてある。海苔は三陸海岸の寒流海苔を使っている。まん中には小さな梅干し。いい和のビジュアル。

だが、駅弁人気1位になるほどのものなのか、まだわからない。缶ビールをガブッとのどに流し込んでから、割り箸を付ける。海苔の風味が濃い。おかかは甘辛く味付けされていて、ご飯とともにかっ込むと、懐かしい味わいが口中に広がった。
          海苔のりべん⑥ 
          たまらんのう

ご飯はコシヒカリで、炊き方がいいのか、冷たくてもふっくらしていて旨い。すぐに2段目に昆布の佃煮が敷いてあることがわかった。唾液が多めに出てきた。

味付けが絶妙で、添加物が多いはずだが、それを感じさせない。
          海苔のりべん⑦ 
       二段目は昆布の佃煮

おかずの旨さもいいレベル。焼き鮭は蒸し焼きのような、きれいな甘みのある味付け。だし巻き卵は関西風の味付け。エビイモ、人参も薄味で美味。赤カブ漬けもいい箸休めになっている。
          海苔のりべん⑧ 
          おかずの洗練
          海苔のりべん⑨ 
          焼き鮭
          海苔のりべん10 
          だし巻き卵
          海苔のりべん12 
          シンプルなぜい沢

シイタケ煮がないのが個人的には悲しい。2010年(平成22年)にデビューしている駅弁だが、900円を今年1月から50円値上げしている。

人気沸騰で生産(手作業)が追い付かないようだが、せめて
50円分でシイタケ煮をおかずに加えてほしかった。ほぼ完ぺきな世界だけに、その一点が気になる。シイタケ煮のない和風駅弁なんてありか?  とはいえ肉系の駅弁に飽きたら、この海苔駅弁はおすすめ。

本日の大金言。

コンビニや弁当チェーンののり弁はとにかく安い。一方で、駅弁はどんどん内容も価格も高級化している。せめて700円台の傑作を作ってほしい。缶ビールとセットで1000円以内に納めたい。というのはぜい沢な相談か。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR