「豚角ちまき」と谷中ビール

 知人のお見舞いで、美女3人と東大医学部付属病院へ。今回テーブルに乗せるのは、その後の谷中ランチである。

あまりに寒かったので、谷中のぶらり散歩を早めに切り上げ、というよりそれぞれのお腹の虫がわめき出したので、「早く食べよ」となった。すでに午後一時を回っている。食べることに理由はいらない。
          谷中ビアホール 
          昼からビール?

夕やけだんだんのすぐ下の寿司屋に入ろうと思ったが、混んでいたため、すぐ近くにある「アウグス谷中ビアホール」に「入ってみようよ」となった。しゃれた店構えで、入り口に「本日のオススメ 大きな豚まん 豚角ちまき こしあんまん」のメニューボード。
          谷中ビアホール① 
          美味そうな気配

「ちょっとビールも飲んじゃおうか」

寒い日に、谷中で昼からビールというのも案外オツだと思う。どこか青山にでもありそうな、今風のモダンでシンプルな広い店内。寒さのためか客は少ない。カウンター席に座って、村長は「谷中ビール」(大=税込み900円)と「豚角ちまき」(同380円)を頼んだ。女性陣は3種類楽しめる「テイスティングセット」(同900円)とそれぞれ料理を頼んだ。ビールの種類も多い。
          谷中ビアホール② 
          ビールの利き酒?
          谷中ビアホール⑤ 
          ええのう

ふと、この場所が以前来た「甘味処 茶遊亭」だったことを思い出した。女性スタッフに聞いてみると、「聞いたことがあります。ウチは去年の6月にオープンしたんですよ。まだ一年も経ってません。近くにある『谷中ビアホール』の2店目になります」とか。

多分、すぐ近くにあるかき氷の行列店「ひみつ堂」ほどは繁盛しなかったのではないか。谷中の生存競争の凄まじさを思う。
          谷中ビアホール⑥ 
        谷中ビールと豚角ちまき
          谷中ビアホール⑦ 
     こちらはテイスティングセット

「谷中ビール」は御殿場高原ビールと提携しているようで、ピルスナータイプで、ホップの香りとコクがある。7~8分ほどの待ち時間でやってきた「豚角ちまき」は竹皮の本格的なもの。手にくっつくほどもっちりしたもち米と生姜醤油で煮込んだ豚肉がゴロゴロ入っていて、美味い。だが、全体的にボリュームはあまりない。
          谷中ビアホール11 
          ビールと合う
          谷中ビアホール10 
          豚肉の美味さ

女性スタッフに聞いてみると、「築地の近江屋牛肉店」の出来合いものだそう。築地場外にある人気肉屋。

追加で「こしあんまん」(同500円)を頼んだ。こちらはデカい。時間をかけたせいろ蒸しで、手で触れると熱い。テッペンにきれいな桜の花びら漬けがちょこんと乗っている。いいビジュアル。
          谷中ビアホール13 
       こしあんまん、出番どす

皮の弾力と伸びやかさ。悪くない。中のこしあんは黒糖入りのようで、多分中華料理屋のものだろう。ただ桜の花びらが塩気がありすぎて、それはやや興ざめ。ツマミに付いていた塩キャベツも塩気が効きすぎていた。
          谷中ビアホール16 
          本格的な中華まん
          谷中ビアホール17 
          濃いこしあん

谷中を散歩しながら、ちょっと立ち寄るにはいい店だと思う。美女3人はどんな場所でも楽しむことにかけては免許皆伝なので、小ジャレた店でそれなりにおいしい地ビールを楽しみ、ツマミと料理を楽しみ、話題がどんどん広がる。金色のビールのような時間が流れる。

外の寒さがここには入ってこない。夕やけだんだんには猫の姿がなかった。きっと寒さのためだろう。それとも夜に向けて、どこかで元気を蓄えているのか? 今度、猫たちに谷中の現状などを聞いてみることにしよう。


本日の大金言。

谷中は谷中銀座などは観光化され過ぎて、裏通りがいいと思う。昔からある豆屋や和菓子屋、それに料理屋。それを探す楽しみ。



                               谷中ビアホール12 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR