涙の絶品「鬼ひも川うどん」

 先週末は東京・神楽坂「日本出版クラブ会館」へ。今年2月7日に急逝した翻訳家・ライター・画家の片岡みい子さんの「お別れの会」に村民2号と出席、170人もの友人知人がその早すぎる死を悼んだ。

みい子さんの活躍の舞台は日本とロシアを中心に米国からインドにまで及び、折々に描いた個性的な作品も会場に並べられていて、村民2号も遺作となったそれらの絵画や写真をしんみりと見つめていた。

ご本人はシャイで、能ある鷹は爪隠すという人柄だった。それ故に170人もの人が参列し、その人数の多さに参列者が改めて脱帽したものだった。なくなってわかる親とお金とみい子さん・・・日が経つにつれてそんな存在になるのではないか。
          県立館林美術館① 
      清宮質文の世界(館林美術館)

その後、二軒ほどハシゴしてしまったために、昨日は二日酔い状態。三連休なので、キオも誘って、群馬県立館林美術館へポンコツ車を走らせた。

版画家の清宮質文(せいみや のぶふみ)生誕百年コレクションを見に行くため。村長の好きな世界で、ビッグネームではないが、村民2号とキオもその透明な世界に見入っていた。
          花山うどん 
          五代目花山うどん

その後、ランチは館林駅前にある「五代目花山うどん」で。1894年(明治27年)創業の老舗うどん屋で、館林うどんの中心的な店。東京・銀座にも支店を出している。

午後1時半過ぎだったが、店の前には7~8人が並んでいた。外人カップルの姿も。
          花山うどん① 
          いい暖簾だのう

テーブル席に案内されて、村長は「鬼ひも川」(麦豚、冷 税込み950円)を頼むことにした。村民2号とキオは「鬼ひも川」(しいたけ、温)を選んだ。「鬼」とは地元では「すごい」という意味だとか。つまり「すごいひも川うどん」となる。
          花やま① 
          鬼ひも川って?

これが実に美味かった。鬼ひも川うどんとは、幅4~5センチほどの幅広うどんで、この店の名物。乾麺も売っているが、店では讃岐うどんのように足踏み⇒一晩熟成の、手間ひまをかけた手打ちうどん。「うどん天下一決定戦」で三連覇したといううどんでもある。
          花山うどん③ 
          これが麦豚・冷
          花山うどん④ 
       こちらはシイタケ・温

じっくりと茹で上げるために待ち時間は17~8分ほどかかった。たぬきの器にブランド豚「上州麦豚」のロース肉と温玉、それに小ネギ、海苔、かまぼこが乗っていた。その下には「鬼ひも川」が鎮座していた。
          花山うどん⑤ 
          つゆの風味

鰹出汁の効いた、甘めのつゆをゆっくりとかけ、ワサビを乗せ、鬼ひも川を手繰り寄せながら食べると、そのもっちり感と伸びやかなコシがいいうどんの風味とともに口中に広がる。鴻巣の川幅うどんよりも美味だと思う。
          花山うどん⑧ 
          鬼ひも川!
          花山うどん⑦ 
          麦豚の旨み
          花山うどん1 
          温玉とワサビ

ワサビがいいワサビで、そのツンとした辛さとつゆ(かなり返しがきつめ)がうどんの美味さを引き立てている。つゆのかけ過ぎには注意が必要だが、実に上質な奥行きのある美味さ。小麦粉は地場の小麦を使い、麦豚の量も申し分ない。
          花山うどん5 
          たまらん
          花山うどん2 
      かまぼこもあるでよ

「こっちはシイタケが分厚くて本当に美味い。うどんは温かい方がいいわ」(キオ)
「もう少し安いともっといいけど、ボリュームも結構ある。腹八分の満足感がいいわ」(村民2号)

村民3人はすっかり満足。空は高く、どこまでも青い。みい子さんは遺言通りに、きっと精霊になって天国で170人(それ以上)を見守っているに違いない。空が目に染みる・・・。

風の鳴る枯野の奥に梅一輪


本日の大金言。

誠に人生一瞬の夢。だが、その一瞬には人知れぬ思いが一杯詰まっている。図書館一つ分の思い。しょっちゅうは不可能だが、折に触れて思い出すことが供養になるのかもしれない。




                                             花山うどん10 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鴻巣の川幅うどんよりうまいとは、よくぞ言ったり。一度馬力屋に行くべし。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR