「会津山塩らーめん」の深味

 四国食べまくり行脚の疲れも取れないまま、所用のため、ポンコツ車を駆って会津へ。胃袋がうれしい悲鳴(?)を上げている。

四国も東京もすでに桜が散っているのに、こちらはまだ二分咲き。会津の春は遅い。日本が縦に長いことを改めて実感させられる。「八重の桜」も遠い昔のよう。

市内に着いたのは、予定より早い午前11時を少し回ったところ。まずは昼めし。

「軽いものがいいわ」
四国で体重が2キロほどオーバーしてしまった村民2号が、疲れた声で、暴走しがちな彦作の胃袋に待ったをかけた。
          大一① 
          オープン前だった

思案の末、ワシントンホテルの先にある「麺や 大一(たいいち)」の暖簾をくぐることにした。ところが、時間が早すぎて、まだオープン前だった。それでも客が数人並んでいた。

ここは会津の友人から聞いていた噂のラーメン屋で、特に山塩ラーメンが美味いとのこと。それを思い出した。寒空の下、15分ほど待つと、店が開いた。
          大一② 
          どちらにしようか?
          大一1 
          右奥が厨房

村長は「会津山塩らーめん」(税込み700円)を、村民2号は「地鶏醤油らーめん」(同600円)を頼んだ。

カウンター席の向こうが広い厨房になっていて、そこに初老の店主らしき人が、他のスタッフとともに調理に励んでいた。いい匂いと湯気が店主のさり気ない動きを浮かび上がらせている。この店主、只者ではない。
          大一③ 
       こちらは地鶏醤油らーめん

10分ほどの待ち時間で、「会津山塩らーめん」がやって来た。透明度の高い黄金色のスープ。きれいな脂が浮いている。厚みのある煮豚チャーシューが2枚。極太のメンマが3本。刻みネギ。その下に揺蕩う太縮れ麺・・・。ひと目で気に入った。
          大一④ 
        こちらが会津塩らーめん
          大一12 
          極みの世界?

それらが白い深ドンブリに隙のない世界を作って、「ま、食べてみてくなんしょ」とささやいていた。

黄金色のスープをひと口。最初のアタックで、穏やかで深みのある旨味が口中に広がった。掛け値なしに美味い。
          大一⑥ 
          白金色のスープ

会津山塩とは裏磐梯大塩温泉に含まれる塩を煮詰めたもので、知る人ぞ知る会津のブランド塩。江戸時代は会津藩御用達の塩だったとか。ただの塩ではない。

それが地鶏、豚骨、焼きアゴ、香味野菜などで作った出汁スープに溶け込んでいる。

          大一⑧ 
          たまりません
          大一⑨ 
        チャーシューの存在
          大一10 
          メンマの極み

「ここは当たりね。喜多方ラーメンとは違う味わいで、首都圏に出したら、かなり受けると思うわ。そのくらいすべてが極められている。チャーシューも柔らかさがほどよくて、すごくおいしい。メンマもシャキシャキ感がすごい。塩よりこっちの方が美味いかもよ。ほとんどが自家製というのも好感。化学調味料の匂いもしないわ。ただ麺は私の好みじゃない」

「逆だなあ。麺も素晴らしいよ。もっちり感といい歯ごたえといい、小麦粉の風味といい、かなりのレベルだと思う。麺だけは特注麺だそう。スープを吸い込むのが早いので、早めに食べた方がいい」
          大一3 
          早く食べなはれ

店はオープンして4年になるそう。女性スタッフにそっと聞いてみたら、店主はワシントンホテルの料理長だったとか。それがラーメンの世界に挑戦したらしい。オメーン転身。

そういうことか・・・素材へのこだわり方、作り方が半端ではないことに合点がいった。会津にまた新しい星(年期の入った)が誕生したことを素直に祝福したい。

本日の大金言。

喜多方ラーメンと会津ラーメン。よく似ているが、微妙に違う。「会津山塩らーめん」はそこにシェフの要素が加わっている。会津も少しずつ進化(?)している。キーワードはシンプルの深みと旨味。その目線は全国の名店を捉えているはずだ。




                 大一11 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR