神保町の感動「ライスカレー」

 よく考えてみれば、昔は「カレーライス」ではなく「ライスカレー」だった。いつからライスカレーと言わなくなったんだろう?

カレーとライスが別々に盛られたのがカレーライスで、一緒に盛られたのがライスカレー。そういう説明が多いが、今ではほとんどがどちらも「カレーライス」と呼ばれていると思う。

戦後はライスカレーとラーメン、それにカツ丼が食堂の三代スターだった。「カレーライス」はある種のステータスだった気がする。一般の庶民家庭ではほとんど「ライスカレー」だったと思う。
          まんてん4 
        ライスカレーの始まりィ~

それがいつしか死語になりつつある。所用で東京・神田神保町に行ったついでに、白山通りの裏道にある「まんてん」へ。今では数少ない「ライスカレー」を堂々と表記しているカレー屋さん。懐かしい昭和の匂い。創業は昭和56年(1981年)。主役はライスで、カレーは準主役という感じかな。
          まんてん 
          ファンが多い
          まんてん③ 
          庶民価格

だが、この準主役がすごい。ここはかつカレーが有名だが、村長は「ウインナーカレー(並)」(税込み600円)を頼んだ。午後1時半過ぎだというのに、コの字のカウンターは満席。内側が厨房で、庶民的なコックさんが3人、とんかつを揚げたり、シュウマイを揚げたりと忙しい。
          まんてん16 
          いい雰囲気

すべて注文を受けてから揚げる。そのため待ち時間は10分ほど。その間、水の入ったコップとなぜかアイスコーヒーが入った白いデミタスカップがポンと置かれた。コップには銀色のスプーンが無造作に入っている。これがこの店の流儀で、アイスコーヒーはサービス。このさり気ないツカミがたまらない。
          まんてん④ 
          ここから、です

アイスコーヒーはどうってことのない味わいだが、それを飲みながら、20人ほどのお客を眺めると、サラリーマンや学生が多い。女性より圧倒的に男性。ほとんどが「かつカレー」の大盛りを注文している。揚げたてのカツ、どんよりとした黄土色のルーが実に旨そう。
          まんてん⑥ 
          たまらん
          まんてん⑦ 
          た、たまらん

「ウインナーカレー」がサッと置かれた。楕円の深皿をどろりとしたルーが覆っている。その上に素揚げされた赤ウインナーが3個! 食欲中枢が刺激される景色。赤ウインナー好きの心が踊り始める。きれいな切れ込み。ポエム。
          まんてん⑧ 
          た、た、たまらん!

スプーンでひと口。バターを使って小麦粉からじっくりと炒めた香りとカレー粉のコラボ、懐かしいどろっとした食感。辛さはあまりなく、むしろまろやかな味わい。素朴だが、不思議な深味。細かい豚ひき肉が時折り舌をくすぐる。

具の姿はほとんど見えない。タマネギはルーの中に溶け込んでいて、それがまろやかさとまったり感をかもし出している。
          まんてん⑨ 
          この素朴

ライスは柔らかめ。ルーは見た目ほど多くはない。ソースをかけようかと思ったが、カレーの味わいが隠れてしまいそうで、代わりに福神漬けをさらにドッカと乗せて、ぐいぐいと食べ進む。
          まんてん13 
         昭和の正統派
          まんてん14 
          このどろり感
          まんてん10 
          主役はライス?

これが実に旨い。どこか学食のカレーライスを食べているような錯覚を起こす。だが学食よりはこのライスカレーの方が個性的で、病み付きになる味わいだと思う。
          まんてん3 
          たまらん×7

並だったので、思ったほどのボリューム感はない。大盛りかジャンボにした方が、この店の醍醐味を楽しめると思う。食べ終えると、店員さんが「毎度~」と言ってニカッと白い歯を見せた。また来たくなったよ。

本日の大金言。

神保町周辺は旨いカレー屋さんのメッカでもある。だが、人気店はそう安くはない。その意味で、庶民的なカレー屋さん(チェーン店ではない)が元気なのは、学生の街ということを差っ引いても、いいことには違いない。





                    まんてん15 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR