デパ地下の「鶏めしおにぎり」

 たまにデパ地下めぐりをしないと、頭がクラクラしてくる。ほとんどビョーキ。東京・日本橋高島屋が特に好みだが、上野松坂屋も縄張り(と勝手に言ってます)である。よたよた犬の縄張りめぐり。
          吉野鶏めし④ 
        デパ地下は宝の山?

絵画展を観た後に、ちょいと寄ってみた。九州フェアの真っ最中。すると、いい匂いが鼻腔をくすぐった。「吉野鶏めし」の実演販売が行われていた。大分・吉野地方に伝わる郷土料理で、「吉野鶏めし保存会」によるもの。全国のデパートなどで人気を呼んでいる。東京駅や日本橋「えび寿」などでも見かけたことがある。
          吉野鶏めし② 
          おおおの誘惑

さっそく「おにぎり3個入り」(税込み463円)を買い求めた。ウマズイめんくい村に持ち帰って、夕飯の一品にすることにした。

白ワインと枝豆などを用意し、村民2号とゴッドマザーが笑顔で待ち構えていた。イヤな予感・・・。
           吉野鶏めし⑤ 
          ささやかな夕飯
          吉野鶏めし⑥ 
          吉野鶏めし

「あら、大分のおにぎりだって? 美味そうだねえ。生きててよかったよ」
「なんで3個しか買ってこないのよ。一人3個として9個必要でしょ」
「鶏めしだからトリっこになるよ、こりゃ。ぐっひっひ」
「グルメ漫画の『美味しんぼ』でも紹介されたほどの逸品だよ」

くちばしのつつきあい。だが、ひと口食べた瞬間、全員が「うんめえ」となった。うんめえ共同体。
          吉野鶏めし⑧ 
          どないでっか?

ゴボウと地鶏を醤油と砂糖などで甘辛煮して、それを米と一緒に二度炊きしたもの。地鶏の出汁が効いていて、旨味が何とも言えない。米のもっちり感とゴボウと地鶏が融合している。絶妙な旨さだと思う。
          吉野鶏めし12 
          ガブリと行け
          吉野鶏めし11 
          鶏肉とゴボウ

「鶏の甘い脂がいい具合ににじみ出ていて、米が飴色につややか。さすが村長、いい買い物をしたわね」
「やっぱり一個じゃ足んないよ。今度はいつ行くんだい? 今度はちゃんと9個買ってくるんだよ」
「お金は?」
「アタシの年金はアテにしないでおくれ。デーサービスでいっぱいいっぱいだよ」
          吉野鶏めし14 
          桃色ため息

ゴッドマザーの食欲が何故かこのところ増加している。村に来る前はほとんど何も食べない日々が続いていたのに。10メートルも歩けないのに、口と食欲はよく動くようになってきた。その分、村長は沈黙するのみ。

本日の大金言。

「吉野鶏めし保存会」は地元のおばさんたちが1988年(昭和64年)に立ち上げ、会社化した。当時の平松守彦知事が提唱した「一村一品運動」に連動したもの。地域振興のアイデアとしては素晴らしいものだった。当時、オバタリアン現象も話題になったが、こっちのおばさんたちは地域を活性化した。




                  吉野鶏めし15 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR