珍しい縮れた「武蔵野うどん」

 久しぶりに千葉に住む麺類シンジケートからメールが入った。

「不思議なうどんがある。有名なフードジャーナリストが激賞しているらしい。『食べログ』の評価も高い。場所が熊谷の郊外で、ここからは遠すぎる。武蔵野うどんらしいけど、そもそも武蔵野うどんって何? ポンコツ車を飛ばして、村長の舌で確かめてくれない?」

熊谷は確かに遠い。武蔵野うどんは最近よく目にする。さぬきうどんほどメジャーではないが、埼玉北部から東京・多摩地区にかけての、いわゆる武蔵野台地周辺で昔から食べられている郷土うどんのことを漠然と「武蔵野うどん」と呼んでいるようだ。それが商業ベースに乗り始めているらしい。

数年前に埼玉・行田の「元祖田舎っぺ」で、その武蔵野うどんの極致(?)を食べたことがある。角材のような太さとあまりの固さに驚かされた記憶がある。長さも常識を超えていた。コシというより固さ。食べるというより格闘。食べながら「これはうどん界の金子兜太ではないか」と思ったことを思い出した。
          さくら屋 
          いい外観

だが、その店は熊谷でも郊外、後正新田東交差点のすぐ近くにあった。その名も「うんどん さくら屋」。「うんどん」とは妙な言い方だが、このあたりでは昔から「うどん」を「うんどん」と言っているらしい。
          さくら屋② 
          丁寧な手打ち
          さくら屋1  
          期待が高まる

一軒家で、打ち場が外から見えた。いいうどん屋の外観。時刻は午後1時半。平日のせいか、客は意外に少ない。一番人気の「肉きのこ汁うどん」(税込み750円)を頼むことにした。
          さくら屋① 
          肉きのこ汁うどん!

待ち時間は約10分ほど。有名なフードジャーナリスト、食べログ・・・こういった情報をあまり信じないへそ曲がり元記者にとって、これは楽しみな時間でもある。どれどれ、舌を無にして、味わってみるか。
          さくら屋④ 
          きれいなうどん

何よりも麺が面白い。思ったほど太くもなく、ゴワゴワ感もなく、「田舎っぺ」のものとはまるで違っていた。絹のようなつややかな白で、確かに縮れていた。ある種の感動。ユニークとしか言いようがない。だが、金子兜太はどこにもいない?
          さくら屋⑤ 
          武蔵野だって?
          さくら屋⑦ 
          秀逸な縮れ方

まずはうどんだけを賞味。つるっとした食感とのど越し。ほどよいコシ。麺自体に塩気がある。武蔵野うどんというより、伊香保の水沢うどんのようなきれいな食感。悪くない。
          さくら屋4 
          フツーに美味い

醤油ベースの温かい肉きのこ汁は器が大きく、シイタケとロース肉、それにネギが浮いていた。ロース肉は思ったほど多くない。だが、シイタケは香りが高く、かなりのレベルのもの。鰹出汁が効いていて、甘めでほどよい薄味。
          さくら屋⑨ 
          肉は多くない
          さくら屋13 
          シイタケの秀逸

うどんが縮れている分、汁がよく絡む。店のスタッフに聞くと、店は14年ほどの歴史で、「昔からこのあたりで作っているうどんです。だから、珍しいと言われてもピンときません」とか。

ボリュームは思ったほど多くはない。フツーに美味いうどんで、正直に言うと、麺が縮れている以外、特段、際立ったものは感じない。むろん食べて損はない。だが、フードジャーナリスト、食べログというキーワードはやっぱりなあ、ということを確信した。

本日の大金言。

うまいか、まずいかは個人的なものだと思う。それをビジネス化しようとすると、どこかに無理が生じる。ネットで起きている様々な問題は、その情報を吟味する側の能力の問題でもある。当たりもハズレもフェイクもある。故にたまには眉に唾を付けて見るくらいの余裕が欲しい。自戒を込めて。


                 さくら屋11
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR