山田監督も食べた?「草だんご」

 山田洋次監督「家族はつらいよ2」を観て、いい余韻が残った。山田コメディーの総集編的な映画で、好き嫌いが別れるだろうが、笑いの中に何とも言えないペーソスが残る。人間の業と匂いが笑いに包まれている。戦後の日本がそのまま平田家に重なっていて、展開のスピードやあざといギャグに少々イライラさせられるものの、そうしたことすべてを含めて、これは山田洋次の傑作だと思う。

85歳という年齢を全く感じさせない。脇役陣も渋い。笑いの奥にある、筋金入りのマエストロ・山田洋次の現代日本への醒めた目線が伝わってくる。蒼井優が何故か小津安二郎監督の原節子に重なったりもした。計算が見え隠れするが、それも含めて、この作品は2017年日本映画の金字塔になるのではないか。
          高木屋本舗145 
          寅さんの街へ
          高木屋本舗12 
          人気スポットだが

その余韻を残したまま、翌日、東京・柴又へ。寅さんの街。今回テーブルに乗せるのはかの「高木屋老舗」の草だんご、である。帝釈天の参道には草だんごの店が多いが、村長はこれまで5~6軒ほどしか食べていない。「高木屋老舗」は寅さんの舞台にもなっていて、あまりにも有名過ぎて、へそ曲がりの習性ゆえに、これまで入ったことがなかった。
          高木屋本舗11 
       あまりに有名な高木屋老舗

だが、「家族はつらいよ2」を観た後なので、山田洋次に敬意を表して(?)入ることにした。明治元年(1868年)創業の老舗で、それが店名にも表れている。よもぎ団子は元々はこの周辺の農家の郷土菓子だが、「寅さん」の大ヒットなどで、それが「草だんご」として、全国に知られる餅菓子になった。
          高木屋本舗③ 
          乗ってみるか

明治・大正の古い店構え。下町の活気。歴史の浸みこんだ、磨き抜かれた木のテーブル。その上で、「草だんご」(税込み 350円)を食べる。客は老人から若い人まで、それこそ平田家そのもの。ガヤガヤとうるさいが、それをうるさいと思うか、思わないか。むろん村長はうるさいとは思わない。
          高木屋本舗4 
          磨き抜かれている

「草だんご」は噂通りの美味さだった。人気店なのに、驕りのない、ていねいな作り方。へそ曲がりだが、素直に認めるしかない。これまで食べたどの店よりも、パッと見が明るい。コシヒカリを使ったよもぎ餅はきれいでよもぎの香りが素晴らしい。柔らかさともっちり感がとてもいい。それが5個。
          高木屋① 
          「草だんご」登場

その上に覆いかぶさっているつぶしあんが秀逸。こしあんと粒あんをブレンドしたような滑らかさで、柔らかく炊かれたいい小豆の風味が口中に広がる。添加物などは使用していない。北海道産小豆だそうだが、甘さがほどよく、トロリとしたきれいな余韻が舌の上に残る。ペーソスは隠れているのか、見えない。
          高木屋⑥ 
          ひと目で気に入った
          高木屋⑧ 
          素朴な洗練の世界
          高木屋⑦ 
          柔らかな美味
          高木屋10 
          噂通り

渥美清と山田洋次監督がこの草だんごを食べたかどうか、少々気になった。で、女性店員さんにそっと聞いてみた。

「よく食べたって聞いてますよ。メニューにない特別な揚げ餅なども出したそうです」

高木屋老舗抜きでは寅さんは語れない。「寅さん」シリーズは平成7年暮れ、48作品で終了している。渥美清はすでに亡くなっているが、山田洋次監督は85歳の今も現役で創作意欲も衰えていない。これは凄いことでもある。「家族はつらいよ3」も観てみたい。

本日の大金言。

いい映画は一朝一夕にはできない。立川談志は「落語は業の肯定だ」と喝破した。山田洋次監督にもそれを感じる。「人間はつらいよ」が笑いの底に流れていると思う。



                  高木屋本舗15 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR