「ソースかつカレー」に驚く

村のルーティンワークとなった実家の掃除で群馬・桐生へポンコツ車を飛ばす。桐生は 日本三大ソースかつ丼のメッカとして、長野・駒ヶ根、福島・会津とともに知る人ぞ知る存在。

約1時間半ほどの掃除を終え、ひと汗かいた後に、桐生市内境野(さかいの)にある洋食レストラン「ペーペ.」へ。イタリア語で胡椒(こしょう)の意味。時計を見ると、午後1時半を少し超えていた。「西の西陣、東の桐生」と言われた過日ほどの活気はないが、織物の街・桐生には隠れたいい料理屋が多い。
          ペーペ 
          メルヘン風外観

「境野には大伯父が大きな屋敷を構えていたのよ。織物工場で成功していたけど、知人の借金の保証人になったことが原因で破産してしまったのよ。紙切れ一枚で全財産を失ってしまうなんてバカみたい。だから境野に来るとついついそれを思い出しちゃう」

珍しく村民2号がセンチメンタルジャーニーになってしまった。村だって破産寸前(?)かもしれないので、困った。こういう時は黙っているに限る。沈黙は銀なり。あまり関係ないが、貴乃花の沈黙は金になるか?
          ペーペ5 
          落ち着く

「ペーペ.」はサーモンピンク色の一軒家のレストランで、ここが美味いという情報は、村民2号が仕入れて来たもの。「カレー&パスタ」と表記されたドアを開けると、ウッディな床と植物、それに窓から入ってくる柔らかな日差しがゆったりと落ち着く雰囲気をかもし出している。。木のテーブルが6つほど。小さなカウンター席もあり、その対面が厨房になっていて、そこに白いコック服姿の二人(ご夫婦?)が仕事に励んでいた。BGMはなぜか安室奈美恵だった。
          ペーペ② 
          メニューの一部

イタリア料理を中心にメニューは多い。この店の売り物でもある「カレー」だけでも15種類もある。その中から村長は「ソースかつ」(税込み 950円)を、村民2号は「なすとひき肉」(同 800円)を選んだ。ついでにランチタイムサービスの「サラダと飲み物」(プラス250円)も頼むことにした。むろん、コーヒー。
          ペーペ④     
          まずサラダ
     
注文を受けてから作り始めているようで、とんかつを揚げる軽やかな音が厨房から聞こえてきた。待ち時間は15分ほど。サラダが先に来て、「ソースかつ」カレーライスがやって来た。おおおというビジュアル。
          ペーペ⑤ 
          おおおの登場
          ペーペ⑥ 
          海と孤島
          ペーペ1 
     こちらは「なすとひき肉」

白い大皿に焦げ茶色の自家製カレーの海。真ん中に孤島のようにライスが盛られ、千切りキャベツが乗り、さらにその上に一口かつが3個「どうだい」とそびえていた。しっかりとソースにくぐらせてある。紅ショウガがちょこんと乗っている。カレーライスと桐生のソースかつ丼をドッキングさせたアイデアがユニークではある。
          ペーペ⑦ 
          本格的味わい

カレーは本格的な欧風カレーで、深みのあるまろやかな味わい。スパイスもほどほど。仕込みに二日ほどかけているそう。タマネギがすっかり溶け込んでいる。
          ペーペ⑨ 
          ヒレの一口かつ

一口かつは噛んだ瞬間、コロモのサクッとした歯触りがいい。中の肉は国産豚のヒレ肉だそうで、厚みはさほどないが、柔らかくて美味。思ったほどのボリュームはないが、それがお腹にはほどよい。
          ペーペ4 
          かじり愛?
          ペーペ11 
          ソースとカレー

好みもあるが、ちょっと惜しいと思うのが、ソースがライスの下まで浸みていること。つまりソースの量が多すぎると思う。せっかくのカレーの美味さが減少してしまうのではないだろうか。加減の問題。

「私の方は当たり。チーズが添えられていてそれが意外に悪くない。カレーの美味さに尽きるわね。天国の大叔母が私に味方したのね。コーヒーも美味いわ」
すっかりセンチメンタルは消え、うふうふ顔。変わり身は金なり。

店は今年で33年になるそう。「旬の味」カキフライカレーも美味そうだった。また来ることにしよう。

本日の大金言。

ソースかつのカレーは極めて珍しいが、東京・新宿にある大正10年創業「王ろじ」に歴史的な名物があることを思い出した。以前このブログでもご紹介した「とん丼」である。こちらはドンブリだが、あの柴田錬三郎も愛したとんかつ屋である。



                  ペーペ12 





 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR