FC2ブログ

「スター・ウォーズ」後の塩炒飯

 師走だというのにぎっくり腰で、筑波山登山参加を断念。暇を持て余したので、頭を切り替えて映画を楽しむことにした。「オリエント急行殺人事件」「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」を立て続けに観る。
          モラージュ菖蒲 
          映画でひまつぶし

「オリエント急行殺人事件」(監督・主演 ケネス・ブラナー)が期待以上の面白さだった。結末はわかっていながら、情けないことに1974年ものよりも感動してしまった。ジョニー・ディップの悪役ぶりも徹底していて、圧倒的なラスト(ここでは書きまへんで)へと雪崩れ込んでいく。それに比べて「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」はガッカリ。宣伝の上手さにしてやられた気分。ま、こんなもんかな。
          万豚記① 
          万豚記へ

その後、遅いランチを取ることにした。介護役(?)の村民2号と菖蒲モラージュ1Fのレストラン街にある「万豚記(ワンツーチー)」に入ることにした。「万豚記」は宮仕え時代に門前仲町店にときどき通った(その後閉店)。レトロ感と炒飯のボリュームが印象深い。
          万豚記③ 
          上海か?
          万豚記② 
          メニューの一部

時刻が午後2時を回っていたので、混み具合はそれなり。門仲時代は「豚バラ青菜炒飯」をよく食べたが、今回は「豚ネギ塩炒飯」(税別 880円)を頼むことにした。村民2号は「上海ソース焼きそば」(同 980円)。映画を見たので、チケットを見せると、「ひと口杏仁豆腐がサービスになります」(女性スタッフ)。おまけ付きはいいね。
          万豚記1 
          待ち時間

奥の厨房で白い中華コック服の料理人が中華鍋を操っている姿が見えた。チェーン店とは思えない本格的な上海料理店の雰囲気。門仲店もどこか中国の街角の食堂のようだった。映画のセットのような演出がお上手。

15~6分の待ち時間で「上海ソース焼きそば」がまず登場、続いて「豚ネギ塩炒飯」が遅れてやって来た。どちらもボリュームがあり本格的な中国料理の気配。「すごい量ね。ニンニクの匂いが凄いわ。味が濃そう」と村民2号。
          万豚記④ 
          上海ソース焼きそば
          万豚記⑤ 
          豚ネギ塩炒飯

「豚ネギ塩炒飯」はチャーシューではなく薄切りのバラ肉ゆで豚。かつてよく食べたねっとり系の「豚バラ青菜炒飯」とは違って、ライスのパラパラ感がほどよい。青ネギのシャキッとした食感、卵、細かな焦がしネギのバランスがいい。白ゴマもパラパラ。塩の薄味とオイスターソースの隠し味が旨味を作っている。食べ進むと、さらに豚バラ肉が埋まっていた。芸が細かい。
          万豚記⑥ 
          このボリューム
          万豚記⑦ 
          青ネギの鮮度
          万豚記⑨ 
          パラパラ感

何故か「豚ネギ塩炒飯」には卵スープが付いていて(上海ソース焼きそばには付いていない)、これがトロリとしていて旨い。

「私の方が100円高いのにスープが付いていないんなんてひどいわ。でもキクラゲ、牛肉など具が多くて、味は濃いけど旨味がある。ニンニクが効き過ぎ。5~6個入ってるんじゃないかしら。これじゃあ今日は人と会えないわ」
          万豚記10 
      豚バラ肉が隠れている

「満足度で無理にこじつけると、豚ネギ塩炒飯がオリエント急行殺人事件で、上海ソース焼きそばはスター・ウォーズ最後のジェダイってとこかな。オレの勝ちだな」

「サービスの杏仁豆腐がイケるわ。自家製らしいけど、この新鮮なドロリ感が秀逸。最後の最後に救われた気分よ。最後のジェダイはまだ死んではいないってことにしましょう。杏仁豆腐からまた逆襲が始まるかもよ」
          万豚記11 
          自家製杏仁豆腐

「村長がダークサイドってこと?」

「フォースの力はすっかりなくなってるのは確かね。つべこべ言ってないで、とっとと帰って年賀状書きしましょ」

「ヨーダになりたい・・・」

本日の大金言。

いい映画の後の食事は楽しい。だが、イマイチの作品に出会うと、食事の楽しみも半減する。「スター・ウォーズ」は賞味期限が切れた料理になりつつあるかもな。



                  万豚記12 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR