FC2ブログ

門出の「昭和食堂カキフライ」

 東京・明大前に住んでいたキオがお引越し。新しい生活を始める。で、村民2号にくっついて村長も手伝いに駆り出された。悲しいかなぎっくり腰と風邪気味で戦力にはならず。 
          相州屋 
        よき食堂の世界

その打ち上げで明大前の食堂「相州屋(そうしゅうや)」で晩ごはんをごちそうになった。そのとき食べた「カキフライ定食」(税込み780円)が印象深いものだった。村民2号は「メンチとコロッケの盛り合わせ」(同 670円)、キオは「さんまのかば焼き丼」(690円)。
          相州屋② 
        食べるっきゃない
          相州屋③ 
          メニューの一部

戦力にはならなかったが、飲力はある。しっかりとビール(中ビン 550円)も頼んだ。

この「相州屋」。駅からすぐのすずらん通りにある、店構えからして昭和のよき匂いと情緒をかもし出している。創業が昭和39年(1964年)、東京オリンピックがあった年で、2年後に再び東京オリンピックが開催されることを思うと、感慨深いものがある。
          相州屋④ 
         黄金の時間

場所柄、明大和泉キャンパスの学生がよく利用する食堂でもある。つまり安くて、盛りもよく、味もいいということになる。メニューは驚くほど多い。浅草の名店「水口食堂」と共通する世界。常連客がいい具合に入ってくる。

オヤジさんが一人で切り盛りしていて、注文を受けてからしっかり作っているのがわかった。待ち時間は15~17分ほどと長いが、気にならない。そのうちもう一人男性スタッフ(息子さん?)が奥から入ってきた。二人の戦力でこれだけのメニューを出し続けているのが「昭和」のよき食堂のプライドだと思う。
          相州屋⑤ 
       これこれ、これです
          相州屋⑥ 
    メンチとコロッケの盛り合わせ
          相州屋⑦ 
        さんまのかば焼き丼

「カキフライ定食」は大ぶりのカキフライが5個。盛りのいい千切りキャベツ、マカロニサラダ、鮮度のいいレモン。それにワカメのみそ汁、切り干し大根の煮付け、タクアン、そして盛りのいい炊き立てのご飯。みそ汁の位置が東京流で、お膳の手前右に置いてある(関西流は左奥)。このワカメのみそ汁がダシのよく効いたいいみそ汁だった。定食はみそ汁とご飯で実力がわかる。
          相州屋⑨ 
          みそ汁の実力
          相州屋⑧ 
         揚げ立ての旬
          相州屋11 
         まずはソース
          相州屋13 
         た、たまらん

カキフライは今が旬で、多分相模湾の牡蠣(かき)だと思う。ソースと醤油を交互にかけて食べるのが好み。和辛子もたっぷりつける。コロモがカラッと揚がっていて、海のミルクが口中に広がる。それだけで幸せになるから面白い。

すべてが今どきの食べもの屋のレベルを少しずつ超えている。さり気なくいい仕事をする、この手の食堂が減りつつあるのが寂しい。
          相州屋15 
         醤油も捨てがたい

「明大前に4年間住んだけど、入ったのは今日が初めて。こんないい店があったなんて。ホントはうなぎを食べたかったけど、さんまで十分だったわ。おいしいわ」(キオ)

「引っ越し手伝いで疲れたけど、この定食で元気が出たわ。キオの新しい門出を祝えてよかった」(村民2号)

「キオがおごってくれるのもよかった。お祝いでもう一杯熱かん頼んでいいかな?」(村長)

「二杯目からは自腹(笑)」(キオ)

「戦力外通告ね。これからは財布のひももしっかりしなくちゃね」(村民2号)

「・・・・・・」

本日の大金言。

新しい門出は誰にでもある。どれほどの門出がこれまでこの地球上にあったことか。だが、それぞれに思いは違う。そのすべての思いに祝福のエールを送りたい。誰よりも深い思いを込めて。なんてね。





                  相州屋16
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR