FC2ブログ

近江と桐生の「接点ランチ」

火薬庫の上で ピョンチャン五輪が始まり、始まった途端、結果に一喜一憂することになっている。テレビの力、恐るべし。

という前振りで、本日テーブルに乗せるのは、約300年の歴史を持つ店蔵(みせぐら)で食べたレトロランチ「黒酢あんかけ」である。

いつものようにポンコツ車を走らせて、群馬・桐生市にあるゴッドマザーの旧宅へ。すでに亡くなっている大酒のみファザーのお墓詣り。むろんもう一つの目的は昼ごはん・・・。
          桐生泉新① 
          歴史的鰻屋(泉新)

桐生はかつて「西の西陣、東の桐生」と称されたこともある織物の街。今では閑散としているが、メーンストリート本町通り周辺には古くていい店が残っている。桐生で晩年を迎えた坂口安吾が通った鰻屋「泉新(いづしん)」(創業天保元年)、棟方志功の壁画があるレストラン「芭蕉(ばしょう)」など数えたらきりがない。
          矢野園喫茶 
     300年の歴史「矢野本店」

たまたま本町通りでひと際異彩を放っている「矢野本店」で足が止まった。創業が驚くなかれ享保2年(1717年)、初代は近江日野からやってきた矢野久佐衛門。2代目がここに店を構え、酒蔵、味噌蔵、醤油蔵を造り、途中商売替えしたものの、「矢野本店」として現在もお茶屋など手広く営んでいる。
          矢野園喫茶③ 
       喫茶有鄰(ゆうりん)

中に入ると、一角に大正ロマンの香りがする「喫茶 有鄰(ゆうりん)」があり、そこで昼めしとなった。「とれたて野菜カレー」にするか「黒酢あんかけ」にするかしばし迷ったが、珍しモノ好きの虫が動きだし、「黒酢あんかけ」(サラダ・コーヒー付き 税込み800円)を選んだ。村民2号は「とれたて野菜カレー」(同 800円)。どちらも十六穀米。高くないのがいい。
          矢野園喫茶② 
          メニューの一部

7~8分ほどの待ち時間でミニサラダ、続いて十六穀米の「黒酢あんかけ」がやってきた。一見カレーのようだが、文字通り黒酢のあんかけ。地場の野菜(ブロッコリー、人参、玉ねぎ、カボチャ、じゃがいも、ナス、しめじ、ピーマン、レンコン)がドカドカと入っていた。採れたての野菜だそうで、あまり煮込まず、鮮度を生かした作り。
          矢野園喫茶⑤ 
          サラダ、登場
          矢野園喫茶⑥ 
          黒酢あんかけ
          矢野園喫茶⑦  
    こちらは「とれたて野菜カレー」

十六穀米はやや固めに炊かれていて、甘酢っぱい黒酢のあんかけとのバランスは悪くない。ほどよく柔らかく炊かれたじゃがいも、ブロッコリー、ナスなどとよく合う。メチャウマではないが、体の中が妙にきれいになってくる気がする。オーガニックな、ほどよいボリューム。
          矢野園喫茶⑧ 
         コスパがいい
          矢野園喫茶⑨ 
         採れたての野菜

「こっちの方が当たりね。カレーとあんかけだけの違い。カレーの方が旨いに決まってるわ。自家製ルーがこってりして結構いける。店の人もカレーがイチオシと言ってたでしょ。珍しければいいってもんじゃないわよ」
          矢野園喫茶11 
          形がしっかり

「この店、凄い店だよ。奥に戦国武将蒲生氏郷のポスターがあったのでビックリ。ややご高齢の店長に聞いたら、初代が近江日野から移ってきたので、今でも日野町とつながりがあるんですよ、と言ってた。つい最近まで日野にも店があったとか。日野出身の蒲生氏郷を追っていることを考えると、何か不思議な縁を感じる」

「何言ってるのよ、蒲生氏郷がたどった日野、松阪、会津若松とお金をかけて何度も行ってるのに一向に成果が出ないじゃない。とっくに日が暮れたわよ」
          喫茶有鄰 
          歴史を想う

「急いではいけない。限りあれば吹かねど花は散るものを心短き春の山風・・・いい辞世の歌だ。心短き春の山風、身近に実感するなあ」

「フン、花ではなく髪の毛なら理解できるけど」

「・・・・・・」

本日の大金言。

近江日野商人の足跡は全国にある。酒造業、味噌醤油、薬、漆器・・・そこに蒲生氏郷の力もかかわっていると思う。三方よしの精神・・・桐生にもその足跡が残っていた。改めて歴史を考えてみる。



                  矢野園喫茶12 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR