FC2ブログ

「和風黒ボロネーゼ」と文楽

 友人知人の間で熱烈な文楽ファンが多い。人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)。一体どこが面白いのか、予約しておいた「六代目竹本織太夫襲名披露」と銘打った第二部を観に、国立劇場のある半蔵門へと急いだ。文楽初体験。京都魯山人先生は魚眼レンズで高みから、赤坂コールマンは文楽の初級講座を一からアドバイスしてくれた。初めてのお使い、老年版(涙)。

あっ、忘れるところだった。その前にまずは麹町で食べた「生パスタの和風黒ボロネーゼ」を舞台・・・いやテーブルに上げたい。正午前に半蔵門駅で降りて、地下にある隠れ家風カフェレストラン、麹町3丁目「カフェ ノニーノ」に入ることにした。
          ノニーノ① 
          文楽前のランチ
          ノニーノ 
          麹町の穴場?

「生パスタセット」と熟成ネルドリップ珈琲の手書きのボードがおいでおいでしたからである。文藝春秋社も近く、このあたりは客筋がいいのか、いい店が多いと思う。「カフェ ノニーノ」は単なるカフェというには店主の好みが行き届いた、モダンな空間だった。
          ノニーノ② 
          地下の隠れ家風

さり気なくアートな、剥き出しの天井とコンクリートの床、木とステンドグラスがちょっとした作品のように置かれている。コーヒーのいい香りとグレン・グールドのピアノが流れている。やや出来過ぎの感もある。
          ノニーノ1 
           いい世界

「気に入ったわ。本物の河津桜が活けてあるのも渋い。若い女性客が多いのもうなずけるわ」

村民2号が「生パスタセット」の中から「サーモンときのこのクリームパスタ」を選んだ。ミニサラダ、ブレンドコーヒー、デザート(バニラアイス)付きで1250円(税込み)。
          ノニーノ③ 
          本日の生パスタ

村長は同じ生パスタの中から「和風黒ボロネーゼ」を選んだ。

待ち時間は10~15分ほど。ミニサラダはかなり甘酢のドレッシングで、ま、こんなもんかな、という印象。しばらくしてやって来た和風黒ボロネーズは黒ごまの香りが食欲をそそった。生パスタはフィットチーネで、きしめんのよう。挽き肉(合挽き?)が黒ゴマペーストと混じりあって、黒緑っぽい幅広パスタを引き立てている。これは人形使いの黒子ではないか。カイワレが上にハラハラ。
          ノニーノ④ 
          ミニサラダ、登場
          ノニーノ⑤ 
   サーモンときのこのクリームパスタ
          ノニーノ6 
       和風黒ボロネーズ
          ノニーノ⑥ 
        黒子が隠れている?

モチモチ感とコシの強さが生パスタならではのもの。本格的なフィットチーネで、黒ごまの香りとオリーブ油、それにかすかに醤油の隠し味。ニンニクも混じっているかもしれない。見た目よりボリュームが結構ある。 
          ノニーノ11  
          これも太夫?
          ノニーノ10 
          コシとモチモチ

「サーモンときのこの方が当たりね。パスタは細い分、クリームとよく合っている。生に近いスモークサーモンも旨い。ネルドリップのコーヒーも上質。これで文楽を楽しむ準備は万端よ」

和風黒ボロネーズをひと口だけ味見した村民2号が鼻を鳴らした。ま、負けるが勝ちもいいか。
          ノニーノ13 
          高いレベル

さてさて、午後二時半から始まった第二部は六代目を襲名した竹本織太夫が素晴らしかった。素人の村長でもその情念の世界にぐいと引き込まれてしまった。人形師と太三味線と三位一体の異次元のイリュージョン、としか言いようがない。その前座の「花競四季寿」は少し期待外れだったが、六代目襲名披露狂言「摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうつじ)」は参りました。確かに凄いなあ、凄すぎでんなあ。泉下の藤本義一も微笑んでいるに違いない。当り前の話だが、橋下などより文楽だって。

本日の大金言。

初めての文楽。遅すぎた初見。和風黒ボロネーゼも文楽には及ばない。





                 ノニーノ12
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR