FC2ブログ

「いちごの里」の天国ランチ

「ああどっか遠くへ行きたいなあ」

オリンピック中、ずっと蚊帳の外だったゴッドマザーが聞こえよがしにぼやいた。認知症がさらに進んだが、食欲だけは衰えない。

「天国に行って来れば?」
村長はその言葉を飲み込んだ。村民2号が気配を察知し、恐るべき早業で村長の口にチャックをしたからである。ジョークと言えども危ないあぶない・・・。
          苺の里よしみ② 
          いちごの里

で、気分転換に「いちごの里 吉見(よしみ)」へポンコツ車を飛ばすことにした。埼玉・吉見町は「吉見百穴」と「いちごの産地」として関東でもよく知られている。目的は今が旬のいちご。カーリング女子のもぐもぐタイムで彼女たちが美味そうに食べていたのもいちご。ちなみに韓国のいちごも美味いらしいが、基本的に日本から技術を盗んだもの。日本のいちご農家は怒っているらしい。
          苺の里よしみ① 
      午前中で完売とは・・・

だが、正午前だというのにいちごは売り切れていた。いちご一会もありゃしない。頭を切り替えて、近くにあるカフェレストラン「ハッピータイム」でランチとなった。行列店としても有名で、一軒家のログハウスの前は14~5人の行列。30分ほど待たされて、中へ。
          ハッピータイム 
      こちらも行列(ハッピータイム)

ランチメニューの中から「100%ビーフ 手ごねハンバーグ」(スープ、サラダ、オムレツ付き 税込み1080円)を頼んだ。パンとライスがあり、村長はパン、村民2号とゴッドマザーはライスを選んだ。ハンバーグはもちろんパンも自家製。このあたりが人気の秘密かも。
          ハッピータイム① 
      ランチメニューの一部

スープは可もなく不可もなし。メーンの手ごねハンバーグは和風のオニオンソースが100%ビーフを包み込み、ボリュームもほどよい。南青山のステーキ屋「リマ」で食べた神戸牛ハンバーグほどの感動はないが、悪くない味わい。グリーンサラダやオムレツなど脇役がそれなりに充実している。パンもふわふわ。だが、ジャムかマーガリンがない。最後の一投がないのが惜しい。
          ハッピータイム④ 
         このラインナップ
          ハッピータイム③ 
          いい構成
          ハッピータイム⑥ 
        100%手ごねビーフ

この店のもう一つの売りが生いちごのかき氷。凍らせた吉見産いちごをそのまま削り、練乳をドバッとかけるという大胆なもの。その「こいいちご」(税込み 600円)をスキー台から飛び降りる覚悟で頼むことにした。大した覚悟ではないが、懐が気になる。
          ハッピータイム② 
         飛び降りるか?
          ハッピータイム13 
         行くっきゃない

いちごの酸味が新鮮で、練乳の旨さが際立っている。だが、食べているうちに温まった体中が冷えてきた。凄い一品だが感動はない。金メダルではなく銅メダルといったところ。隣りの女性客もあまりの冷たさにやや持て余していた。

「自分だけ頼むからよ。せっかく治ったのに、また風邪引いちゃうわよ。自業自得だけど」
村民2号が言うと、黙々と食べていたゴッドマザーがニヤリとしてから何かつぶやいた。
「てんごく、てんごく・・・」
ギョッ、まだボケていない?

本日の大金言。

天国はどこにでもある。今ではウソみたいだが、北朝鮮もかつては「天国」と称されていた。天国と地獄は紙一重。天国と思えばそこが天国になる。日々是天国。人間、この摩訶不思議な生き物というべきか。


                   ハッピータイム12 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR