FC2ブログ

「合鴨そば屋」で鴨になりたい

 古伊万里展を見に群馬県立館林美術館までポンコツ車を走らせた。江戸時代からの古伊万里をこれだけ一堂に集めた美術展は珍しいと思う。全部で130点ほど。中でもまるでモダンアートのような食器(赤絵螺旋文蓋物)に目を奪われた。18世紀後半と表示されていたが、天明か寛政年間あたりの作品のようだ。写真でお見せできないのが残念だが、古伊万里の粋さに触れた思い。
          群馬県立館林美術館 
          古伊万里展
気が付いたら午後1時を過ぎていた。ランチの時間だが、特に当てはない。たまたま会場にいた洒脱な老人から「この近くに合鴨専門の面白いそば屋がありますよ。安くてうまいのでボクはたまに行きます」との情報。車で5分ほどの距離で、東国文化歴史街道沿いにあるとか。県立館林高校そばとか。

ポンコツ車を走らせたら、白い幟(のぼり)と古民家のような一軒家が見えた。幟には「きざみ鴨せいろ」の文字。「鴨亭(かもてい)」と書かれた板の看板もある。
          鴨亭 
          このレトロ感
          鴨亭6 
          合鴨専門そば屋

古民家を利用したそば処のようで、若草色の長暖簾をくぐって、店内に一歩足を踏み入れると、昭和レトロの和の世界が広がっていた。靴を脱いで、広い座敷に案内される。客は時間帯もあるのか、地元の匂いのするおっさんと夫婦が5人ほど。
          鴨亭② 
          いい雰囲気

メニューは確かに合鴨料理とそば中心で、女性スタッフの感じがとてもいい。そばは太打ちと細打ちがあり、合鴨はきざみと胸肉がある。「両方食べたいな」とつぶやいたら、「大丈夫ですよ。半々にできます」とうれしい反応。
          鴨亭③ 
          メニューの一部

で、「冷たい二八そば」から「合鴨ムネミックス」(税込み850円)を頼むことにした。「ムネミックス」というそば屋らしからぬネーミングに一抹の不安を覚えながら。あまり関係ないが、川崎宗則が心配だ。
          鴨亭④ 
          鴨が来た
          鴨亭⑤ 
          太打ちと細打ち

10分も待たずに「合鴨ムネミックス」がやってきた。竹製の丸盆ざるに太打ちと細打ちの二八そば。つけ汁は熱く、表面には合鴨の脂が浮かんでいる。その下には2種類の鴨肉(きざみと胸肉)。薄切りのネギがいい具合に混じっている。食欲中枢が刺激されるいい匂い・・・。
          鴨亭⑨ 
          こちらは太打ち
          鴨亭5 
          胸肉、柔らかい

2種類のそばは更科系のようで、淡いグレー色。まずは太打ちを鴨汁につけてズズズとすする。カエシ(醤油)はきつめだが、合鴨の脂の甘みが悪くない。いい甘辛。そばはボソッとした固めの歯ごたえで、そばの香りはあまりしない。
          鴨亭10 
          こちらは細打ち
          鴨亭⑧ 
          きざみ肉

次に細打ち。こちらの方が鴨汁がよく絡み、旨いと思う。まるで器械で打ったような正確なそばで、850円という舌代を考えるとリーズナブル度は高い。合鴨の胸肉は2~3枚で、柔らかい。きざみはもも肉に刻みを入れたもの。細打ちとの相性がいい。
          鴨亭12 
          そば湯がうまい

ほどよい満足度。支払いのときに店主と雑談してみた。店は9年になるそうで、驚くことに「遠い昔に箱根駅伝の選手だった」とか。ついでにそば粉の産地を聞いてみたら、「中国です。でも契約農家なので、いいそば粉ですよ」。「日本のそばが高すぎるんですよ」とも。うむ。

内容に照らして850円という安さを考えると、なるほどと妙に納得。鴨肉の産地はつい聞き逃したが、それは次回聞いてみることにしよう。鴨はねぎを背負ってやっては来ない。

本日の大金言。

古伊万里は元々は中国陶器の代用品だった。それがいつのまにかヨーロッパにも認められ、独自の世界を作った。日本と中国はそばでもつながっている。だが、中身が違い過ぎるが。


                   鴨亭13 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR