FC2ブログ

「地下神殿」後のオモニ冷麺

「地下神殿」の異名もある ワンダーな首都圏外郭放水路を見学してから、河川マニア一行と別れて、埼玉・春日部駅で途中下車した。クレヨンしんちゃんの街だが、「ララガーデン」の街でもある。草なぎ剛やATHUSHIなど芸能人もこの街とかかわりがある。このあたりはディープなネタすぎるので今回はスルーしたい。
          首都圏外郭放水路① 
      地下のパルテノン神殿

時計を見ると、午後3時過ぎ。小腹がすいていたのとあまりの暑さで、何故か冷麺が食べたくなった。この一か月ほど金正恩とトランプのおかげで、頭の中の38度線に冷麺がプカプカ浮くようになってしまった、せいもある。核兵器より冷麺の方が胃袋にはいい。
          おもに亭 
          冷麺はないか

ようやく探し当てたのがララガーデン春日部店3Fにある「焼肉 おもに亭」だった。首都圏を中心に約10店ほどある「食肉問屋の直営店」だが、正しい冷麺があるかどうかわからない(正しくない冷麺なんてあったっけ?)。北朝鮮系が冷麺のルーツで、随分昔、千葉・市川で本物を賞味したことがある。

そば粉にジャガイモのデンプンをつなぎに使った、黒々と噛みきれない硬い麺と牛テールスープが絶妙だった。チャーシューの他にキムチやパイナップル、梨も浮いていた。さくらんぼもあったと思う。舌代は安くはなかったが、その後、あれほどの冷麺には出会ったことがない。
          おもに亭12 
        店内はおもてなし?

派手気味の入り口で「冷麺、ありますか?」と確認すると、黒服が「ありますよ。スープ冷麺です」。

これが当たりだった。メニューの隅っこに「自家製スープ冷麺」(税別 690円)の文字。安すぎる。ま、多分ハズレだろうな、と思いながら、おばさんスタッフに「これ、お願いします」。
          おもに亭① 
          辿り着いた

手抜きのない熱いおしぼりと冷たい水、それに箸と長いスプーン。悪くない細部。待ち時間10分ほどで「自家製スープ冷麺」がやって来た。
          おもに亭③ 
          舌の国境
          おもに亭② 
          予想外の世界

ステンレス製の大きめの冷麺ドンブリ。その中に多めの錦糸卵、厚めのチャーシューが2枚、ワカメ、白髪ねぎ、キムチがいい存在感で乗っていた。白ゴマと氷がしっかり浮いている。透明な牛骨スープ。その下のグレーの細麺。パイナップルやさくらんぼがないのが少々残念だが、ひと目で「これは予想を超える」と味覚の38度線が高鳴った。
          おもに亭④ 
          トランプが隠れてる?
          おもに亭⑤ 
          当たり、かも

牛骨スープはやや塩気が強いあっさり系で、市川で食べたものと比べるとコクに欠けるが、一定のレベルには達していると思う。チャーシュー、錦糸卵、白髪ねぎ、ワカメもいいレベル。それに三つ葉。キムチは食べやすく切ってあるが、これは余計なお世話だと思う。冷麺は食べやすくし過ぎるとよくない。
          おもに亭⑨ 
          牛骨スープ
          おもに亭10 
          いい眺め
          おもに亭2  
          グレーな細麺
          おもに亭⑦  
          チャーシュー
          おもに亭⑧ 
          キムチ

麺はかなりの細麺で、市川で食べたものほど黒くはない。だが、そばやラーメンとは別世界の強いコシはマル。北朝鮮系かもしれない。
          おもに亭3 
          冷麺のコシ

ボリュームもある。税込みだと745円だったが、コスパ的に見てもこれは拾い物だと思う。スープを一滴残らず飲み干すと、9割ほどの満足感が胃袋の底から湧き上がってきた。朝鮮半島の情勢が今後どうなるか、気にはなるが、冷麺を食べてただ唸っている身には実感が来ない。いかん、いかん、いかの金・・・(危ないアブナイ)。

おばさんスタッフがまたおしぼりと今度は熱いそば茶を持ってきた。こんな安い客なのに・・・何故かため息。おもてなし文化はひょっとして日本だけの専売特許ではない? しばらく余韻に浸りながら、棚に飾ってある陶芸作品を見つめるのだった。

本日の大金言。

本格的な冷麺がこの内容でこの価格。焼肉屋にはほとんど行かないが、冷麺はまた食べに行きたい。探せば穴場はあるもんだ。



                  おもに亭11 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

久しぶりに拝見。何ですか、頭の中の38度線とか味覚の38度線って?冷麺は冷麺です。遊びが過ぎるんじゃありませんか。ミサイルが飛んで来ないだけ貴殿は幸せ者と心得たほうがいい。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR