有名人も通う「老舗洋食」ランチ

かつて花のお江戸の中心地、東京・日本橋室町周辺を散策中によさそうな洋食屋が目に飛び込んできた。午後一時過ぎ。「お腹の虫がギャアギャア騒いでる。早くランチしないと大変よ」村民2号の目が三角になっていた。日本橋三越本店7階ギャラリーで知り合いの個展を観た後のこと。泣く子と腹の虫には勝てない。
          レストラン桂1  
          昭和のよき洋食屋

それが知る人ぞ知る洋食屋「レストラン桂(かつら)」だった。オムツ犬は村の病院で点滴中。ゴッドマザーはデーサービス。その合間を縫っての気分転換の時間のはずが、腹が減っただけで休火山が噴火したら元も子もない。

銀座、浅草、日本橋にはいい洋食屋が多い。いずれも江戸の中心地だった場所。「レストラン桂」は創業が1963年(昭和38年)と日本橋の中では老舗とは言えない。だが、いかにも敷居の低い店構えで、街の洋食屋さんそのもの。それゆえにこの店を愛した有名人は多い。
          レストラン桂 
          敷居が低い

「おいしゅうございます」の岸朝子、料理の鉄人・陳建一、加山雄三などの写真や色紙が飾ってある。見方を変えるとちょっとどうかな、という感じもしないではないが、店内に入り、料理を賞味すると、それが杞憂だったことに思い至る。
          レストラン桂② 
          AとDの間

ランチタイムだったので、値段が手ごろな「A すずきのフライ、チキンソテーベーコン添 盛合せ」(ライス付き 税込み900円)を頼むことにした。村民2号は「B ポタージュスープと豚ロース肉ガーリック焼」(同 1150円)を選んだ。
          レストラン桂3 
          常連が多い

ブラウンを基調にした床とテーブル、それに白いテーブルクロス。厨房にはご高齢のオーナーシェフと息子さん、それにご高齢の女将さんが客の応対に気を配っていた。東京物語に出てきそうな、いい雰囲気がポエムだと思う。ざっと見回したところ、お客は常連さんが多いようだ。日本橋の旦那衆か?
          レストラン桂③ 
          こちらはBランチ

待ち時間10分ほどで村民2号のポタージュスープがやって来た。本格的な、手抜きのないポタージュで、「これは美味いわ」と出かかっていたツノがすぐに引っ込んだ。続いてさらに5分ほどして、「Aランチ」がやって来た。こちらにはポタージュはない。
          レストラン桂⑤ 
          Aランチのコスパ

だが、ひと目でいい洋食とわかった。すずきのフライにはタルタルソースが置かれ、チキンソテーベーコン添えには自慢のデミグラスソースがたっぷりとかかっていた。それに脇役のスパゲッティと千切りキャベツ。いい構成。
          レストラン桂5 
       たまらないタルタル
          レストラン桂⑦ 
          ベーコンの厚み
          レストラン桂⑧ 
          デミグラスソース

すずきのフライのサクサク感と白身の美味さ。ベーコンの質の高さ、表面がカリッと焼かれたチキンソテーの肉汁感、デミグラスソースの深味。これで900円はかなりラッキーだと思う。
          レストラン桂10  
      すずきのフライがぶり
          レストラン桂11 
          本格的チキンソテー

ライスも固めに炊かれていて好みの世界。唯一残念なのは隣りの席との距離が狭いこと。通り抜けるのにひと苦労する。

「トイレに行く時にちょっと不自由なくらいよ。それ以上にこの手抜きのない味わいはうれしいわ。そうそうたる舌の持ち主がこの店を愛したのがよくわかるわ」

「確かに。ご高齢の女将さんが凄いね。許可を取ってから料理の写真を撮っていたら、『冷めないうちに早く食べてね』と言われちゃったよ。さり気ない、凛とした言い方で、妙に感動しちゃったよ。見事に一本取られた」
          レストラン桂6 
          脇役スパゲティー

「当り前よ。一杯撮り過ぎよ。出てけって言われてもおかしくないくらいよ(笑)。今度は夜も来たいわね」

「夜はもう少し舌代がかかるよ。不労所得が入ったら、考えよう」

「はいはい10年でも30年でも待ちますよ。同じことずっと言ってる(笑)」

「・・・・・・」

本日の大金言。

中年老い易く或日愕然とす。ということのないように、ハードルはなるべく低く設定しましょう。そして足るを知る。さすれば日々是好日・・・となるはずであるが、そううまくは行かないこともある。


                    レストラン桂12 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR