FC2ブログ

「谷中美人」の百円今川焼き

 こう暑くなってくると、今川焼きの売れ行きが気になる。たい焼きもいいが、今川焼きのセピア色の情緒にはかなわない、と思う。

たまたま「極上」仲間と銭湯⇒居酒屋めぐりで、千代田線千駄木駅で落ち合った。そのとき、村長の目が一点に釘付けになった。2坪もないほどの小さな店構え。それが「今川焼 千駄木(せんだぎ)」だった。団子坂の入り口。
           千駄木 
          目が釘付け

「つぶあん、カスタード、しろあん 各100円(税込み)」のシンプルなメニューと「開店以来100円です」の文字。同時に、去年テレ朝の路線バスの旅番組でたまたま見たワンシーンがよみがえった。メーンの徳光和夫がこの店に立ち寄り、店主の女将さんと楽しそうに会話していたことを思い出した。
          千駄木12 
      メニューは3種類のみ

即断即決。極上仲間に先に銭湯に行ってもらうことにし、つぶあんとしろあんを一個ずつ買い求めた。美人女将さんとやや高齢の男性が2人で切り盛りしていた。店を開けるのは週に3日、金・土・日だけ。

徳光が「艶っぽいねえ」と鼻の舌を伸ばしていた美人女将さんは、村長の無駄口に「あと5年で80よ」と笑いながら、焼き立ての2個を紙袋にポンと入れて、村長に手渡した。何故か尾崎放哉の「わかれを云いて幌おろす白い指さき」の句が浮かんだ。そのくらいきれいな手の面影・・・(何という表現や)。

「もう15年になるわ。もともと料理屋をやってて、60のときに一度やってみたかった今川焼き屋をここで始めたのよ。そんなに儲かんないけど楽しいわよ」
          千駄木① 
          正統派今川焼き

どこか粋筋のいい香りがするのはそのせいだと思う。彼女の人生にどんなことがあったのか、知る由もないが、一個100円の今川焼き屋を15年もやっているのはポエム。深沢七郎の「夢屋」と同じくらいの素晴らしき衝撃度。

問題は食べる場所。店の前の小さな縁台は若いカップルが占有している。今川焼きは焼き立てに限る。困った。そのとき稲妻のごと閃いたのが、千駄木駅の階段で賞味するのも悪くないな、だった。
          千駄木③ 
          ええのう

で、ご覧のごとく、となった。限りなくホーム〇〇に近い世界だが、そうそう経験できる世界でもない。路上観察学会の気分も味わえる。考えようによっては五つ星の天然レストラン(笑)。
          千駄木⑦ 
          つぶあん
          千駄木⑨ 
          V字バランス?
          千駄木5  
        愛のある今川焼き

さて、味わい。北海道十勝産えりも小豆を100%使ったつぶあんは濃厚でかなり甘め。量もまずまず。砂糖は多分上白糖。黄色みの強い皮は厚めで、焼き立てなので表面はパリパリしている。きちんと作った愛のある今川焼き。あんこの量がもっとあれば最高なのだが、値段を考えると、それを求めるのは間違っている。
          千駄木4 
       こちらはしろあん
          千駄木④ 
          素晴らしき世界

個人的にはむしろ、しろあんの方が気に入った。こちらも北海道十勝産白インゲンを100%使用している。柔らかく炊かれていて、甘さと塩気がほどよい。きめの細やかさ、風味ともにいいレベル。たまたまなのか、あんこの量もつぶあんより多い。

階段を上り下りする老若男女がけげんな様子でチラ味する中、極上の孤独を満喫する。ええんでねえの?
          千駄木⑤ 
       天国まで3マイル

江戸時代から続く新宿の老舗和菓子屋「花園万頭」が破産してしまったが、「渓流斎ブログ」でかの西大寺先生もお嘆きになっているようだ(6月3日付渓流斎日乗keiryusai.com/archives/8211)。だが、まだ美人女将の百円今川焼きがある。そう思えば、少しは救われる・・・はずである。

本日の大金言。

暖簾を広げるばかりが「いい世界」ではない。その対極にはビジネスとは無縁な世界がある。お金を超えるいぶし銀の世界。こっちだって凄いぞ。


                千駄木2 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR