FC2ブログ

神保町の追想「上海炒麺」

本日テーブルに載せるのは東京・神保町界わいで一番古い中華料理店の「上海炒麺(上海式柔らか焼きそば)」である。あの池波正太郎も愛した店「揚子江菜館」の一品。本当に美味いのか気になる。
          揚子江菜館 
          揚子江菜館

ここは冷やし中華元祖の店としても有名で、創業は明治39年(1906年)。すずらん通りの一角にタテに細長いビルが見える。入り口には京劇の異形のお面。朱色の門。どこかエキゾチックでさえある。
          揚子江菜館1 
          タテに伸びる店

ペンクラブの総会に出席する前に、ここで遅いランチを取ることにした。随分前に出版社の友人とここで冷やし中華を食べたことがある。期待したほどの感動はなかった記憶がある。池波正太郎の「柔らかな上海炒麺」はどうか。むろん期待半分、冷やかし半分である。
          揚子江菜館3 
          東京の中華料理店
          揚子江菜館② 
          目玉のメニュー

チャイナドレスのおばさんスタッフの対応が庶民的で好感。円卓とテーブル席が7つほど。ゆったりとした空間に「天下第一味」の扁額。円卓の一つに腰を下ろして、メニューの中からこの店のもう一つの名物「上海炒麺」(税込み 1300円)を頼んだ。

チャイナドレス姐が「硬い方、柔らかい方どちらにしますか?」と聞いてきた。むろん、池波正太郎が愛した「柔らかい方」と答える。さらに「平日のランチタイムはシュウマイか杏仁豆腐がサービスで付きます。どちらにしますか?」と畳みかけて来た。むろん「シュウマイでお願いします」。
          揚子江菜館④ 
       サービスのシュウマイ

麒麟ビールも頼みたいところだが、総会があるのでここは我慢。総会の後、虎ノ門で極上仲間との飲み会もある。我慢汁の先に美味がある。これは、かつて担当した作家・宇能鴻一郎さんの金言・・・つい脱線してしまった。

5分ほどの待ち時間でシュウマイ(2個)がすいと置かれた。ジャスミン茶を飲みながら、タテ長の肉シュウマイを食べる。フツーに美味い。
          揚子江菜館⑨ 
          主役は急がない
          揚子江菜館⑥ 
     池波正太郎が隠れてる?

その約5分後、「上海炒麺」がやって来た。モヤシと玉葱、それに細切りの豚肉がいい匂いを放ちながら、大量に覆いかぶさっていた。キクラゲの姿もある。シンプルだが、かなりのボリューム。おおおの存在感。
          揚子江菜館⑧ 
          素朴な圧倒

その下には極細麺。一見、長崎の皿うどんのようだが、そのぼそぼそとした独特の食感はどこか懐かしい。一度油で揚げてから、それを冷まして寝かし、柔らかくしてから炒める。いい焼き目も付いていて、工程に手が込んでいる。具財と一緒に炒めずに、皿に麺を置いてから具財をドドドとかけているようだ。
          揚子江菜館15 
          独特の極細麺

あんかけではなく、炒めたもやしと玉葱は醤油ベースの味で、意外に薄味。それが不思議に穏やかでいい味わいになっている。値段を考えると豚肉がもっとあった方がいいと思うが、これがこの店のやり方なので、それを楽しむことにした。
          揚子江菜館13 
          細切り豚肉

途中で酢をかけると、味が締まった。これを美味いと思うか、ま、こんなもんかと思うか。好みの問題だが、村長は胃袋の奥からじわじわと広がるような温かい、どこか懐かしい感動が好きだ。ただ、小スープくらいは付けて欲しいところ。
          揚子江菜館14  
          ゆっくりと急げ

池波正太郎が通った頃は建て替える前で、古い、大衆的な街の中華屋だったようで、その時代にタイムマシンで行ってみたくなる。神田神保町界わいは特別な場所で、いい店も隠れている。ここから甘味屋「竹むら」までぶらぶら歩いて、仕上げにお汁粉を食べるのが「天国コース」になる。ま、今日はちょっと無理だが。

本日の大金言。

すずらん通りには「キッチン南海」や「天麩羅 はちまき」、和菓子処「文銭堂」などいい店が多い。古本屋をハシゴしながら、このあたりをぶら歩きすると、人生が楽しくなる。


                  揚子江菜館16
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR