W杯無念で「ゲソ天立ち食い」

W杯は予想外のコロンビア撃破で始まり、予想をはるかに超える決勝トーナメント進出となり、土壇場でベルギー戦敗北となった。だが、西野ジャパンの戦いぶりは歴代ジャパンの中でも「最高」の形を見せてくれたと思う。いくつかの疑問点はあるものの、その闘う姿勢を称賛したい。この結末にケチを付ける資格のある人は多分、二代目予想タコ君とオシムくらいだろう。そのオシムも西野ジャパンの戦い方を支持している。昨日のことなのに、もう遠い昔の出来事のように思えるのはなぜか?
          一由そば 
          W杯は終わらない

明け方までテレビの前にかじりついていたので、数時間ほど浅く眠ってから、兜町クラブへ。朝めしを食っていなかったので、少し回り道をして、JR日暮里駅で途中下車した。目的は24時間休みなしの立食いそば屋「一由(いちよし)そば」。日本惜敗の余韻をしっかり冷ます必要がある。こういう時こそB級グルメの原点「立ち食いそば」に立ち返る必要がある。足元から再スタートする。
          一由そば14 
         これぞ立食いそば

「一由そば」は「早い、安い、うまい」の原点を休むことなく24時間追求している立食いそば屋さん。今では立食いそば界のレジェンドと称える人も多い。

午前11時過ぎに到着。下町感、外観の敷居の低さ、入り口周辺に置かれた自転車・・・絵にかいたような、雑然とした昭和の立食いそば屋そのもので、お客のほとんどは立ったまま食べている。創業は平成20年(2008年)だが、店主はあの「六文そば」で35年働き、日暮里の地で初めて「一由そば」の暖簾を下げた。筋金入りの立食いそば屋なのである。揚げ置きだが、天ぷらの数はレギュラー、サブ組含めて優に20種類はある。そのどれもがデカい。
          一由そば③ 
          天ぷらの一部
          一由そば3 
       見てるだけで幸せ

券売機などはない。店主を含めて男3人、女性2人が忙しく立ち働いている。ここに来たら、「ゲソ天」(税込み 110円)は外せない。「かけそば」(同 250円)の冷やを頼んで、ゲソ天とショウガ天(同 100円)を乗せてもらった。ここまで9.35秒(ベルギーの逆襲3点目に要した時間)とほぼ同じスピード感。
          一由そば④ 
    ベルギー並みカウンター攻撃
          一由そば⑤ 
       〆て460円なり

鮮度のいい刻みネギとワサビは盛り放題で、このあたりも並の立食いそば屋とは違う。けだるい余韻を断ち切るように、ゲソ天をガブリと行く。ゲソがぼこぼこ入っていて、しかもコロモが固い。洗練のかけらもないが、それがあまりに素朴である種の感動を覚えるほど。
          一由そば⑦ 
          コーナーキック
          一由そば12 
         ゲソ天、すげえ
          一由そば10 
          つゆとソバ
          一由そば⑧ 
        レッドカード?

紅ショウガ天は想像以上。紅ショウガがそのままムニュッとした分厚いコロモに練り込まれていて、好みにもよるが、お世辞にも美味いとは言えない。なす天にすればよかった、と思わず後悔したほど。

黒々とした冷たいツユは醤油をそのまますすっているようで、出汁感は感じない。麺は太めでごわごわ。その歯ごたえは悪くない。そばの風味。味わいうんぬんを超越した、立食いそば原点の世界を見た思い。
          一由そば11 
          そばの存在感

これは美味いとかマズイとか言ってはいけない極北の立食いそばだと思う。ベルギーに敗れたくらいで、めげるのがバカバカしくなるほどの強烈なシュートを食らってしまった気分。西野ジャパンの終戦後の選手の表情を思いながら、自分の足元を見る。まだまだ甘い。ここから再スタートを切れるか? 炎天の老犬影となる舌赤き

本日の大金言。

迷った時はやっぱり立ち食いそばだね。それも飛び切りB級の立食いそば屋。早くも西野監督解任の動きが出始めているが、提燈持ちのスポーツ記者はどこを見ている? スシローみたいなやつはどこにでもいるもんだ(笑)。


                 一由そば4 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR