銀座木村家の「限定あんぱん」と総選挙の結果

 総選挙の結果は民主への大きな失望がそのまま自民党に流れて、自民党の圧勝というよりは、結果勝利というのが現実だろう。約3年前、老舗の牛丼に飽き飽きした選挙民が、新しい味のおいしいカレーライスが食べれると期待したのに、蓋を開けたらシロップ漬けの鳩肉入りカレーだったり、メニューにはなかったドジョウが入っていたりで、裏切られた思いが、消去法で自民党牛丼屋に戻ってしまった、といったところ。ホントは老舗の牛丼だってそれほど食べたくない。比例区では自民党と書いた人が前回よりそれほど増えていないことがその証拠だ。景気回復策と同時に原発の再稼働への動きを注意深く見る必要がある。ケーキの陰のセシウムに要注意。

         あんバター⑦ 
         総選挙と銀座木村家

老舗と言えば、銀座木村家(ちょっと強引かな)。彦作村長の大好きなあんぱんは明治7年(1874年)、初代当主・安兵衛が文明開化の流れの中で開発したもの。翌年、山岡鉄舟が「お上、いま庶民の間でこんなものが大人気になってましてな」、そのようなことを言って、若き明治天皇(たぶんスイート好き)に献上、それが評判となり、人気にさらに火をつけ、138年後の現在、あんぱんは日本人の食文化になくてはならないものになっている。

すぐ隣でクリスマスイリュミネーションが点滅する銀座4丁目の木村家総本家。そこで今、スイーツ好きの間でちょっとした話題になっているのが、「あんバターホイップ」(1個210円)だ。10月から来年5月までの期間限定品で、あんぱんの銀座木村家が久々放ったヒット作と言っていい。

          あんバター④ 
          これだこれだ

彦作村長は日本プレスセンター裏の「はらぺこ」で行われる忘年会に出席する用事で久々江戸表に出たついでに、銀座に足を運んで、その話題のスイーツを買い込んだのだった。へそ曲がりの村長は、本店が客で一杯だったので、すぐ近くの松屋のデパ地下で買い求めることにした。「大人気 おすすめ!」「美味」そんな文字が躍っている。「あんバターホイップ」はシンガーソングライターの槙原敬之や高田延彦など有名人のファンも多いという。

ウマズイめんくい村に持ち帰ってから、総選挙の結果とトヨタカップの決勝戦「チェルシー対コリンチャンス」を見ながらの賞味となった。自民党の数がどんどん増えていく。チェルシーのシュートがコリンチャンスのキーパーのスーパーセーブに阻まれる。総選挙は民主のあまりに間抜けなオウンゴールのおかげで自民が勝ち点を伸ばしていく。サッカーの方は手に汗握るものすごい試合。チェルシーが勝つだろうという試合前の予想が覆っていく。

        あんバター② 
        伝統と新しさ

「あんバターホイップ」はフランスパンの生地に北海道産のつぶあんと無塩バターが二層になって詰め込まれている。フランスパン生地と無塩バターとつぶあんを同居させるという発想が、さすが銀座木村家と唸りたくなる。140年近い伝統はダテではない。手で二つに割ると、固くて弾力のあるフランスパン生地の間から白い無塩バター(測ったら最大厚さ18ミリ)と見事な小倉色のつぶあん(こちらは13ミリ)がそれぞれ自己主張しながらデンと納まっている。たまたまTVに出ていたせいか、何やら石原慎太郎と橋下徹に見えてくる。包み込む固めのパン生地はさしずめ安倍自民党か。

         あんバター⑤ 
         このアイデアが永田町にも欲しい

こんなものを食わされる選挙民は腹痛が心配だよ、などと言ったら銀座木村家に失礼というものだ。「あんバターホイップ」は無塩バターの食感が想像以上につぶあんとマッチしている。
「カロリーが心配だけど、この前食べた熊谷あんぱんより私の好み。この渋さと新しさの同居がいいわ。あり得ない組み合わせのハーモニーがとっても絶妙よ」
ダイエット中の村民2号がかなり甘口のコメント。無塩バターがそのまま脂肪にならなければいいが。

          あんバター③ 
          フランスパンと無塩バターとつぶあん!

「文明開化は古さと新しさを見事にマッチさせた。選挙結果についてはいろいろあるが、とりあえずは現実として受け入れるしかないよ。どうやら永田町にはチェルシーもコリンチャンスもいないようだ。最大のポイントは安倍ノ宮が明治維新の気概と現実感覚を持つことができるか、だと思う。トヨタカップは劇的な展開でコリンチャンスが下馬評を覆して1-0で勝利した。あんバターホイップは伝統があって初めて可能になった味だと思う。明治維新、敗戦、そして平成の大失政。ここは長州出身の安倍ノ宮に頑張ってもらうしかないよ」
「会津出身の村長のねじれエールというわけ? 福島がまた賊軍にされちゃうかもよ。もっともその前に安倍ノ宮の下痢が心配。奥さんの小料理屋も心配」
「・・・・・」
総選挙とトヨタカップとあんぱん。日本とウマズイめんくい村の目まぐるしい一日が終わった。



本日の大教訓。

安倍晋三新首相に言いたい。首班指名を受けたら、アメリカや中国に行く前に、銀座木村家に行け、と。


                   あんバター⑤ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

面白過ぎ

木村屋のアンパンは私も大好きです。あんバターホイップはまだ食べたことはありません。期間限定ということなので早めに行きたいです。でも総選挙と引っ掛けてお書きになるとは驚きました。読んでて頭がおかしくなりそうでした。赤羽彦作さん、ダイジョウブですか?うふふ。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR