fc2ブログ

仰天コスパ、桐生の「ヒレソースかつ丼」


昔はほとんど意識することがなかったご先祖様のお墓掃除&実家の行事で、相方のルーツ・桐生市へ。

甘柿がたわわで、どんどん落ち始めていて、それを採りにも行かなくっちゃ。妹が柚子を持ってって、と言ってるしね」
「帰りは多分果物屋ができるくらいの量になるね」

一仕事二仕事を終え、ご先祖様へ手を合わせると、正午を軽く過ぎていた。

「お腹ペコペコ。ランチは桐生市内がいいわね」

坂口安吾が終の棲家に選んだ、本町通りや仲町通りをブラ歩きしながら、新しい店を開拓しようと、あっち覗き、こっち覗き。かつて西の西陣・東の桐生とうたわれた賑わいはなくなったが、歩くたびにいぶし銀の暖簾が下がっていて、それを見つけるのも楽しい。

相方が女子高時代にバイトした病院跡やパン屋を見つけては一喜一憂する。


「ここ、いいんじゃない?」
           IMG_8568.jpg
         当たりか?

体力を消耗したせいか、「とん亭」の看板と暖簾に相方が反応した。村長も「当たり」の予感。普段は行かない裏通りに原石を見つけた感じ。

ここが大当たりだった。

店内はさほど大きくなく、渋いカウンター席と長めのテーブル席が二つ。
           IMG_8574.jpg
        いぶし銀の店内

そこにコック服の店主が一人。ベテランシェフの匂い。洋食系のとんかつ屋のようで、メニューはヒレカツ中心。ロースカツがないのが店主のこだわりを感じさせる。応対もいい。
           IMG_8570.jpg
        お献立、いいね

メニューからヒレソースかつ丼セット」(味噌汁・お新香付き 税込み900円)を選んだ。

相方は「カツサンド」(同700円)を選び、プラスコーヒー(同300円)も頼んだ。

時間が遅かったせいか、お客は他にいない。BGMもない。

奥の厨房からトントントンとヒレ肉を叩く音が聞こえ、この店が最初からていねいに作っているのがわかった。

なので、待ち時間は長く、約15~16分ほど。

食欲中枢を直撃するいい匂いとともにヒレソースかつ丼セットが丁寧に置かれた。
           IMG_8576.jpg
        美味の山?

びっくり。 

ソースだれにくぐらせた見事な揚げ色のヒレカツが3枚(1枚がデカい)、やぐらを組んで聳え立っていた。
           IMG_8577.jpg
      驚きの3枚と味噌汁

すごいわね。私のカツサンドもヒレ肉の厚さと柔らかさがすごすぎ。私の直感が当たった」
           IMG_8585.jpg
     ヒレカツサンド&コーヒー

まずは味噌汁をひと口。手切り豆腐とワカメの味噌汁で、出汁と鮮度がとてもいい。
           IMG_8586.jpg
        秀逸な味噌汁

メーンのヒレカツは上州麦豚か、十分に厚みがあり、しかも箸がスッと通るほど柔らかい。
           IMG_8591.jpg
     一枚の質とボリューム
           IMG_8593.jpg
        プロの味わい

サクッとしたパン粉と濃いめのソースだれ。
           IMG_8601.jpg
        イケイケどんどん
           IMG_8604.jpg
       マスタードも自家製

「これで900円はちょっと驚くな。ご飯はフツーだけど、店主はプロフェッショナルだよ」

「私のカツサンドもすごい、ヒレ肉の厚みが半端ない。2~2.5センチはありそう。しかも叩き方が功を奏しているのか、本当に柔らかい。コーヒーも予想以上の美味さ。こういう店が隠れているって、桐生って奥が深いでしょ?」
           IMG_8599.jpg
       カツサンドの厚み

コーヒーは豆から挽き始め、ドリップで淹れている。丁寧な仕事ぶり。なかなかない、とんかつ屋さんだと思う。

ボリュームもすごいので、食べ終えるとベルトがきつくなった。

店主は「ヒレカツ専門なんですよ。20年以上別の場所でとんかつ屋をやってて、コロナもあって、大変でしたけど、今年3月からここで店を始めたんですよ。もともと桐生出身なので」。
           IMG_8617.jpg
       時代は流れる

大いなる満足感。晴れ上がった寒空の下、紅葉を楽しみながら、腹ごなしに周辺のウオーキングを再開。途中、桐生女子高跡地で足を止める。ン十年前に卒業した場所。令和3年に桐生高と統合し、桐女は113年の歴史を閉じている。

このときだけ、相方が何かを探すような表情をした。

本日の大金言。

坂口安吾の足跡は市内のあちこちにあるが、意外な甘味処を見つけた。桐生には何度も来ていて、うなぎ屋「泉新」やレストラン「芭蕉」などは幾度となく行っているが、この甘味処は知らなかった(汗)。現在も小さく営業していた・・・。次回の楽しみにしたい。


                     IMG_8609.jpg

















スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗かも。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR