鯨の絶品ベーコンに出くわす

 久しぶりに東京・北千住の妖しい路地裏を歩いていると、「本日のおすすめ 鯨ベーコン にこごり」と書かれた手書きのメニューが目に飛び込んできた。「ぶり刺」「かきフライ」など他のメニューも書いてあったが、彦作村長は「、鯨ベーコンと煮こごり」二つの言葉にパブロフの犬状態になってしまった。紺地のノレンが下がった「シチュー屋」。北千住では知る人ぞ知る居酒屋の一つだ。

         シチュー屋② 
         魔界への入り口?

「大はし」や「永見」「天七」といった老舗居酒屋には何度か入っているが、「シチュー屋」にはこれまで入ったことがない。その店名から「シチューの専門店」と誤解していたことも大きい。しかし、鯨のベーコンと煮こごり。その手書きの文字が彦作村長をある種の郷愁へと運んで行った。どちらも村長にとっては子どもの頃からの好物だったからだ。これは飛び込むしかない。

          シチュー屋④ 
          いい雰囲気の店構え

店内はカウンター席とテーブル席があり、二階まである。永見や大はしよりは狭いが、それなりの広さ。午後6時を過ぎたばかりなのに、結構混み合っていた。カウンターの奥に女将だろうか、貫録のある女性がいて、テキパキとした動きで、スタッフに指示を出している。店名の「シチュー屋」は戦後、このあたりで初めて店を出した時に、鍋物をシチューと言ったことに由来しているとか。シチュー専門の店ではなく、海鮮居酒屋というのが本当のところ。

         シチュー屋⑦ 
         鯨ベーコンさま!

カウンターの隅っこに座って、「鯨ベーコン」(680円)と「煮こごり」(480円)を注文。雪でも振りそうな寒さだったので、日本酒熱かん(1合300円)もしっかりと注文した。しばらくして、見事な鯨のベーコンと煮こごりが運ばれてきた。ベーコンはたぶんミンククジラだろう、近くの「足立市場」から仕入れているという。「畝須(うすね)」というお腹の部位で、皮と身が付いていて、ベーコンに最も適した部位だという。脂身と肉が和牛の霜降りのようにきれいで、燻製の独特の臭みが、周囲1メートルを支配している。皮の部分が食紅で赤く縁取られているのも正統派「鯨ベーコン」の証でもある。昔ながらの本格ベーコン!

         シチュー屋⑧ 
         言葉がない

何とも言えない新鮮な脂の甘みとコリコリした食感が口中で踊り出す。これだこれだ、ザッツ・エンターテインメント・鯨ベーコン!鯨にはDPAやコラーゲンなど身体にいい栄養分が豊富に含まれている。 鯨に対する感謝の気持ちを忘れるんじゃないぞ、そう自分を戒めながらも、どんどん食が進む。ごめん、うまい、ごめん、うまい・・・現代において鯨を賞味することの心理的困難を感じながら、それでも止まらない。自己矛盾的B級グルメ道。

昔食べた鯨の缶詰はうまかったなあ。煮こごりの付いた鯨の甘辛煮を熱々のご飯の上に乗っけると、それだけで幸せ感がちゃぶ台の上に降り注いでくるようだった。ベーコンはこんなにうまくはなかったけど、それでもオヤジはうまそうに酒のツマミにしていた。そんな日本が貧しかった時代。単なる感傷に過ぎないが、一夜のベーコンとの出会いが時空の大波を超えて、村長をあの「鯨の時代」へと連れて行く。

         シチュー屋⑥ 
         あっしを忘れちゃ困りますぜ

「煮こごり」もなつかしい味覚だが、熱かんによく合う。口中で溶けていく甘辛の過去。郷愁の2連ちゃん。中に入っている白身の種類が気になって、店員さんに聞くと、しばらくして、「鮫(さめ)の肉だそうです」。ジョーズか!うーむ。北千住の迷路のような路地裏で鯨と鮫を肴(さかな)に熱かんを飲んでいるという現実。一瞬にして目の前に海が広がり、それは氷の海でもある。村長に食べられてしまった哀れな鯨と鮫。これってピノキオの逆ではないか? 村長のお腹のあたりで、鯨と鮫のピノキオがぶつぶつ文句を言ってるような気がして、村長はとりあえず合掌するのだった。


本日の大金言。

確かに、人は生きているというより生かされているのかもしれない。これも新年の教訓である。


               シチュー屋
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR