あの伝説のよか楼はいずこへ? 熊谷の新星を発見

「 ウマズイめんくい村」のアイドル犬チャイの続報は、しばらくお預けにしたい。悲しいかな、容体を見守るしかないからだ。

さて、台風一過。むし暑い一日となった。彦作村長と美熟女の村民2号はチャイの回復を祈りながら、埼玉・熊谷に足を延ばした。

知り合いの絵の仲間が「大沢未利子・鈴木美恵子二人展」と題して星川通り「スペースK](℡048・580・7852)で絵画展を開いているからだ。二年ぶりの絵画展とあって、水彩画、油彩画、彫塑など力作ぞろいだった。二人の作風が、便宜上それぞれ「自然派」と「ポエム派」とでも名付けたほうがいいくらい違っているのが面白い。24日まで開催しているので、興味のある人は行ってみてはどうか。たまには宣伝しちゃうのだ。

ところで、本題。そのスペースKの向かい側にあるはずの、あの伝説と言ってもいいくらいのラーメン屋「よか楼」が閉店していたのだった。な、何ということだ!

           熊谷 よか楼外観 

「久しぶりによか楼のラーメンが食える。うれじーいなあ」
村長は朝から興奮気味。村民2号も「ほんとね。絵の後に行きましょ」
と小さい胸を膨らませていた。

村長にとっては約1年ぶりの至福の楽しみのはずだった。
透明であっさりとしていて、何と表現していいのかわからないくらいの奥深くまろやかなしょう油だれのラーメン、そして実にジューシーな餃子。それが、消えてしまったのだ。

あれほど混んでいたラーメン界の伝説の店が消えてしまった。なぜだ!元記者だった彦作村長は、あちこち電話をかけまくってその理由に迫ることにした。
ところが、ごく近いはずのラーメン関係者の口は重い。

「理由はわかりません。とにかく星川通りの店は閉じちゃった。別の店をプロデュースしているという噂もあります。あれだけの店がなぜやめたのか?こっちが教えてほしいくらいですよ」

主人に何があったのか? テレビなどメディアにあまり登場しないことが、逆に本物の証明ともなっていた、そう思っていたのに、目の前に大きな壁が出現したようだった。

肩を落とす村長と村民2号。期待が大きかった分だけ、ガックリ度も倍加する。この状況で昼は何を食えばいいんだ?
そんな二人の乾いた目に、古い一軒家、うどん屋の暖簾が目に入った。

「純手打ちうどん 市くら」

同時に、村長のセンサーがぴくぴく動いた。これは当たりかも!

          熊谷 市くら外観 

座敷に上がって、メニューの中から「鶏葱汁うどん」(580円)を頼むことに。村民2号は「きのこ汁うどん」(580円)。
待つこと15分ほど。

当たりだった。色白のうどんはやや太麺で、コシともっちり感が見事に調和している。

さらに、村長を感動させたのはつけ汁。アツアツで油揚げが惜しげもなく浮いており、鶏肉、葱(ネギ)、シイタケなど具の量がちょうどいい。感心したのは関西風とでも言ったらいいのか、薄口なのにじんわりとコクが口中で広がってくる。そのまろやかみ。関東のうどんのつけ汁は濃口で甘辛が多いのに、まるで違う。麺とつけ汁のバランスが絶妙なのだ。

         熊谷 市くら 

ついつい若い主人に話しかけてしまった。聞いてみると、「ボクで3代目です。オヤジが早く死んだので、自分でいろいろ試行錯誤しながら工夫しました。関西で修業したことはないんですよ。小麦粉も5種類ほどテストして選んだんです。この味とこの麺は工夫のたまものなんです」

トイレがきれいだったことも付け加えておきたい。いい店はトイレでもわかる。暖簾を出るときには「よか楼ショック」は半分ほど消えていた。本日の大金言。

人生、悪いことばかりじゃない。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR