「希望の国」とスローフードの3.11

 3.11からちょうど丸2年。様々な思いが去来したこの2年間。一体何が変わったのか? 辺境に住んでいる赤羽彦作村長は園子温監督「希望の国」を観ようと思い立った。だが、大劇場では上映していない。首都圏(?)で上映している数少ないミニシアター「深谷シネマ」までポンコツの愛車をゆっくり飛ばすことにした。ドキュメンタリー映画「フタバから遠く離れて」(舩橋淳監督)も観たが、その舞台となった旧騎西高校を幾分知っているためか、その内容には少々がっかりした。

         深谷① 
         旧酒蔵の一角にある深谷シネマ

「希望の国」は力作で、いくつかのシーンで首をかしげることもあったが、見終わった後の衝撃は圧倒的なものがあった。園子温監督の才能は疑う余地がない。同時に、なぜこの衝撃作が大きな賞を受賞していないのか、不思議な気がした。メディアに取り上げられる回数も少ないように思える。もっとも園子温監督は賞狙いでこの作品を撮ったわけではないと思う。山椒は小粒でも・・・赤羽彦作村長は、原発を真正面からとらえようとしたこの野心作に、「ウマズイめんくい村」映画大賞を贈りたいと思う。急きょ制定した賞で、名誉もトロフィーも賞金もないが。

          深谷② 
          志村けんとは無関係?

その「深谷シネマ」のすぐ近くでランチを取ることにした。「ここにしましょ」村民2号のひと言で即決となった。「あいん」というスローフードの料理屋さんで、まずその外観と店名に惹かれた。入り口には「本日のメニュー」として、「エビのクリームシチュー、キャベツといり卵の和えもの、わかめのみそサラダ、デザート、みそ汁 700円」と書かれていた。コーヒーを付けると800円なり。

         深谷③ 
         これは当たりイ~

店内は畳敷きにテーブルが合計6つほど、カウンター席もある。奥はギャラリーにもなっていて、様々なおひな様が飾られていた。深谷近辺はおひな様は1か月遅れで祝うそうで、時季外れではなかった。見渡すと女性客ばかりで、「女性はうまい店を見つける天才である」というグルメの法則がここでも生きている? これは期待できそう。

         深谷④ 
         ヘルシーなランチ

四角いお盆に載ったランチがやってきた。うーむ。シチュー、みそ汁、ご飯・・・懐かしい家庭料理そのもの。
「地場の食材を使用して、食品添加物は使用しないというのが基本なんですよ。4年前に町おこしの一環としてこの店を始めたんですよ」
とスタッフの女性。さぞや昔は美女だったろうなというご年齢の方が数人忙しそうに働いていた。料理もスタッフもスローライフの心地よさ。

         深谷⑤ 
         スローなシチュー
         深谷⑧ 
         みそサラダ、イケる

料理は特別うまいというわけではない。薄味ですべて自家製。そのやさしい味が体にいいというのがよくわかる内容。感心したのは「わかめのみそサラダ」。甘い味噌ダレがわかめとシイタケ、水菜とよく合っている。ご飯もあまりに美味いのでコシヒカリかと思いきや熊谷産の米だという。

         深谷⑥ 
         立ってる、炊き立てご飯

「希望の国とあいん。今日は深谷に来てよかったわ」
村民2号が珍しく感に堪えたようにポツリと言った。
重い衝撃とスローフード。「希望の国」のすぐ裏には「絶望の国」という伏せ文字も見えてくる。希望と絶望は紙一重。一瞬、希望の国とあいんがダブって見えた。村長と村民2号もその中にいる・・・。



本日の大金言。

傑作「希望の国」は近未来映画である。そこには3.11後の日本が容赦なく描かれている。だが、日本アカデミー賞にノミネートされることはないだろうな。もちろん皮肉を込めて。



                     深谷⑨ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

深谷でランチ

原発の問題は本当に深刻な問題です。「希望の国」は見ていないのでなんとも言えないけど、大企業が陰のスポンサーの大きな賞はとてももらえない。そのとおりだと思います。メディアも本当のことを伝えないし、この国はこのままどこへ行くのか心配です。

深谷はかなり遠いのですが、行ってみようと思います。それであいんでランチもしてみようっと。まずかったら文句を言いますからねっ!
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR