会津の仰天「味噌焼きおにぎり」

会津の夜は早い。午後8時、 宿泊先の東横インから歩いて6~7分ほど。メーンストリートの中央通り沿いをぶらぶらしながら美味い店はないかとB級グルメセンサーを働かせていると、そこだけやたら明るい居酒屋が目に入った。「のみくい処 作蔵」というノレンと看板。会津はいい地酒も多い。予定していた「手打ちそば 喜平」が早めに店仕舞いしてしまい、仕方なく、ぶっつけ本番で夕飯探しをしようということになったのである。

           作蔵13  
           おばんです

店に入ると、「ここが会津か」と再確認したくなるほどの賑わい。右手が6人くらい座れるカウンターで、左手はテーブル席が6つほどの座敷になっていた。地元の常連客と観光客が和気あいあいと盛り上がっていた。2階もあるようで、若い女性スタッフが階段を上り下りしていた。しみじみ気分で地酒と郷土料理を食べようと思っていたが、店の活気が「生きてるうちは元気に飲み食いしなくっちゃ。明日の心配したってしょうがねえべ」と言っているようだった。

          作蔵14 
          よってらんしょ

カウンター席に腰を下ろして、「末廣 純米酒」(1合550円)と「ニシンの山椒漬け」(600円)と「ニシンの天ぷら」(650円)を注文する。村民2号は「じゃがチーズ」(700円)を追加注文。ニシンは会津料理には欠かせない。特に山椒漬けと地酒の相性は抜群で、山国ゆえの食材の知恵が凝縮している。身欠きにしんを山椒とともに酢醤油に漬け込み、じっくりと寝かせる。会津独特のふくよかな味で、これを賞味せずして、会津は語れないという代物だ。「作蔵」の山椒漬けは会津では平均的なレベルだろう。ニシンの天ぷらはコロモがカリッとしていた。マル。

         作蔵① 
         味噌と醤油、これで小とは・・・

2杯目を飲み干そうというとき、村民2号がメニューの中から、目ざとく「焼きおにぎり」を見つけた。「当店名物」と書かれている。
「これ、食べたいわ。青紫蘇(あおじそ)で包んだ味噌味と醤油味。大2個で680円。1個400グラム! かなりのデカさね」
「小もある。2個480円か。これで十分だと思うよ。大葉で包んだ味噌味とは珍しい」

焼き時間は20~30分ほどかかるという。夜は長い。待ち人もいない。病院には母が寝ている。その間、また1杯飲める。何という息子だろう。
「オーケー。小を頼む」

          作蔵⑥ 
          青じそで包んだ味噌焼きおにぎり

やってきたのは小だというのにフツーにデカい。それをふうふうしながら、ガブリとかじる。村民2号もかじる。青じそで包んだ味噌焼きおにぎりは中に甘い梅肉が入っていた。香ばしく焼かれた甘辛の味噌と青じそとご飯が絶妙と言わざるを得ない。そこに甘い梅肉が割って入ってきて、「ワタスだって、鉄砲撃ちてえ」綾瀬はるかが囁いてくるような錯覚に陥る。八重の桜ではなく八重の焼きおにぎり。

          作蔵⑤ 
         こちらは醤油焼きおにぎり

醤油味の焼きおにぎりは中に鮭が入っていた。外側がカリッと焼けていて、中の鮭との相性もいい。一杯飲んだ後の仕上げとして腹にズシリとくる。フツーにうまい。腹が減っては戦ができぬ。ここにも八重の桜が入っている。彦作村長は祖先も参戦した遠い戊辰戦争を思った。足軽として戦った4代前の祖先。焼きおにぎりを食べている4代後の村長。その間におおよそ145年の時間が横たわっている。
                       (明日は鶴瓶も来た「和蔵のハヤシ丼」)



本日の大金言。

おにぎりを超える会津の焼きおにぎり。このB級グルメの隠れた傑作を食べてくなんしょ。



                     作蔵11 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR