創業明治半ばの人間国宝級「肉とうふ」

 赤羽彦作村長の第二の故郷・北千住は居酒屋の街でもある。「天七」「永見」、最近では「徳多和良」など安くてうまくて味のある店も多い。元々が「江戸の北の出入り口」で、日光街道の宿場町として栄えた土地柄だけに、江戸から明治、大正へと続く江戸庶民文化が2013年の現代にもわずかだが残っている。

                北千住① 
        宿場の面影?

宿場町通りにある居酒屋「大はし」は北千住でも別格の店だと思う。東京で一番古い居酒屋と言われる神田「みますや」(明治38年創業)より古いとも言われる。一説には明治の半ばにはすでに店を出していたという説もある。現在の当主は3代目と4代目。親子で店を切り盛りしている。この3代目がかなりのご高齢なのに背筋がシャキッとしていて、動きもほれぼれするほどきびきびしている。客の注文に「はいよっ!」とか「おいきた!」と受け答えする姿は人間国宝ものだと思う。

彦作村長が宮仕え時代に北千住に住んでいたころ、ひそかにこの3代目を「スターウオーズ」のC-3POと呼んでいた。「お勘定」というと、「はいよっ!」という掛け声とともに手品のごとくさっと五玉算盤(そろばん)を取り出し、ぱちぱち弾いて、「○○○○円!」。その姿見たさに「大はし」に来る客もいるほどだ。安倍首相は背番号3と背番号55に国民栄誉賞を検討すると発表したが、村長は大はしの3代目に「ウマズイめんくい村 特別栄誉賞」を贈りたい気分だ。(そんなものをもらっても何の価値もないが)。

         大はし⑥ 
         いなせな佇まい

北千住への用事のついでに、久しぶりにふらっと「大はし」に立ち寄った。「肉とうふ」(320円)を食べたくなったからだ。いや、それ以上に3代目を見たかった。相変わらずの混み具合で、7~8年前に改装した店内も落ち着いてきていた。「はいよっ!」3代目はお元気だった。3代目の凄いところは、行列のできる店になっても、メディアに取り上げられても、態度や立ち振る舞いが変わらないことだと思う。ちょっと人気が出ただけで態度が変わる店が多い中で、これは余程の修練がなければできることではない。「千住で2番」という看板は、「お客が1番」という意味だそうで、その姿勢が一貫している。「看板に偽りあり」が当たり前の時代に「看板に偽りなし」なんてアリか?

          大はし① 
          牛にこみ

まずはこの店の名物「牛にこみ」(320円)とキリンビールのビール大びん(500円)を注文。「牛にこみ」は牛のすじ肉とカシラを甘辛醤油でじっくりと煮込んだもの。江戸前のやや濃い味付けだが、おそらく明治以来の秘伝のタレを隠し味として使っているのではないか。もともとがすき焼きなので、ご飯のおかずにしてもうまいだろうな、と思ってしまう。肉はやや固め。うまみが滲みこんでいる。歯ごたえを楽しみながらビールで流し込む。

          大はし④ 
          肉とうふを食わずして・・・
                
ついでもう一つの名物「肉とうふ」(320円)を注文。今度は息子の4代目がきびきびやってきて、「はいよ!」。村長は実は「肉とうふ」の方が好みである。これほどさり気なくうまい肉豆腐はないと思う。つるりとして崩れのない豆腐と牛肉の相性が実にいい。甘い醤油だれの煮汁に融け込んだ牛の脂が口中にちょっとした「B級の極楽」を作る。この「ちょっとした」が粋なのである。仕事の疲れや日常の煩わしさがその時だけどこかへと飛んでいく。これだこれだ、明治の昔の宿場町とスターウォーズのSFが交差する。一点に交差する。ちょっと得した気分。生きてることは悪くない。村長はアホ顔を帽子で隠しながら、そう実感するのだった。
 


本日の大金言。

人間という生き物は性悪かもしれない。だが、ときに「人間ってヤッパリイイナ」と思う瞬間もある。ほんの時たまだが。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR