桜舞う「白河ラーメン」の新しい味

 白河小峰城を見てから白河ラーメンを食べる。ポンコツの愛車で東北自動車道を走りながら、彦作村長の脳裏にそんな不埒(ふらち)な考えが浮かんだ。白河小峰城は先の東日本大震災で約400年続いた美しい石垣の一部が崩れ落ち、未だに復旧工事中。福島に何度も行っている作家の浅田次郎さんは3.11後、戊辰戦争でも崩れなかったこの石垣の崩落を見てショックを受け「こうした歴史的な文化財にも目をやらなければならない」と話していた。

          白河ラーメン④ 
          傷跡が残る白河小峰城と桜

桜が白河小峰城の三重櫓(天守閣)を背景にして少し散り始めていた。一部シートで覆われた石垣がどこか痛々しく、今回の大震災がいかに巨大なものだったかを無言で語っているようだった。

時計を見ると、午前11時半。頭の中は、白河ラーメンに切り替わっていた。白河は今や喜多方に並ぼうという東北のラーメン王国。市内には70軒近いラーメン店があり、日本全国からラーメン好きを集めている。

          白河ラーメン② 
          「いまの家」の二代目

へそ曲がりの彦作村長はもっとも有名な「とら食堂」を避け、上り坂のラーメン店に目を付けた。駅前に近い「二代目いまの家」へ。まだ早い時間なのに、すでに7人くらいの先客がいた。メニューを見ると、「ラーメン」(650円)と「支那そば」(650円)がある。わかりにくい。スタッフの女性に聞いてみた。「ラーメン」の方が定番の白河ラーメンだった。むろん、こっちを注文した。

          白河ラーメン11 
          あでやかな器
          白河ラーメン⑤ 
          このそろい踏み

店内はまだ新しく、店主もスタッフも若い。人気店「いまの家」の息子さんがノレン分けした店で、麵からスープからすべて自家製というこだわりぶり。化学調味料も使用していないという。その志がここちいい。10分ほどで、大きな有田焼風の中華どんぶりがやってきた。醤油ベースのスープはかなり濃い目で透き通っている。鶏油(ちーゆ)が浮いていて、大きめのチャーシューが3枚。それも縁が赤いバラ肉ともも肉の2種類という凝りよう。ナルト、海苔、シナチク、貝割れ、刻みネギというオールキャスト。東京ラーメンや喜多方ラーメンと似ているが、それとも違う。

          白河ラーメン⑨ 
          チャーシューもこだわる
          白河ラーメン⑦ 
          この麺はすごい

何よりも圧倒的なのは太い縮れ麺。毎朝5時間かけて打っているという。見るからにうーむと唸りたくなる出来で、実に美味そうである。この店だけなのか、喜多方ラーメンよりもコシがかなり強く、歯ごたえも十二分にある。加水率が高いのだろうモチモチ感もある。そこは好き嫌いの問題だが、村長の好みである。チャーシューもいい歯ごたえで悪くない。問題はスープ。会津産の地鶏を使った醤油ベースの鶏がらスープが濃すぎて、奥深いまろやかさもあるのに、それがじんわりと広がってこない。美味いのは美味いのだが、何かが足りない。そのこだわりぶりがやや空回りしているのではないだろうか。何かが何かはわからない。

         白河ラーメン10 
         鶏がらスープ

「濃かったら、言ってくださいね」
感じのいい女性スタッフが来る客にそう言い添えていて、濃いというのは自覚しているのがわかる。「濃い」という人にはスープを入れて薄めてくれる。それでも、この濃厚を続けるのは店主のこだわり以外に考えられない。
「本家よりも素材にはこだわりを持っています」
若い店主はそう言ってさわやかに白い歯を見せた。そのこだわりに円熟味が加わる日を待ちたい、と思った。その時、最強の白河ラーメンが誕生するかもしれない。



本日の大金言。

二代目が初代を超えることはそう簡単ではない。だが、と思う。志と努力さえ失わなければ、初代の土壌にさらにきれいな花が咲くはずだ。



                     白河ラーメン12 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

動物の旨みを強くしたら、野菜などほかの旨みも強くしないと釣り合わないのでは?と教えてあげてください。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR