予想外の会津B級ドンブリめっけ!

 「あぶら麩丼(あぶらぶどん) 500円」。桜が満開の会津に記録的なみぞれ雪が降った翌日、彦作村長はトボトボと竹田総合病院からメーンストリートの神明通りへと向かっていた。遅い昼食を取るためである。午後1時半過ぎ。腹の虫がぎゃあぎゃあ鳴いていた。

                会津 
         満開の桜と4月の雪

有名な「田季野(たきの)」で高い輪箱飯(わっぱめし)でも食べようかどうしようか迷っていると、視界の隅に「あぶら麩丼500円」というやや心細げな文字が入ってきた。あぶら麩丼って何だ? 500円? へそ曲がりのB級の虫が「回れぇ、左!レッツ、ゴー」とささやいた。村長は観光客でにぎわう立派な建物の老舗を横目に「麦とろ」という看板の古い、寂しげな一軒家のノレンをくぐることにした。

         麦とろ②  
         あぶら麩丼っって何だ?

時間が時間だけに(?)客は一人もいなかった。店主らしい老夫婦が黙々と遅い昼食を取っていた。これはハズレかも。逃げるわけにはいかない。年季の入ったL字型の木のカウンターと小上がりがシンとしている。ま、人生は当たりばかりではない。ハズレもまた楽し。そう思い直して、「あぶら麩丼」(500円)を注文した。

カウンターの目の前が広い厨房になっていて、老店主はそこでタマネギを切り始めた。このわびしげな手づくり感は悪くない。その店主とポツリポツリと会話する。
「あぶら麩丼って、珍しいねえ。500円というのが素晴らしい。会津の郷土料理ですか?」
「宮城の登米(とめ)つうとごの名物なんだし。麩(ふ)を油で揚げだもんでトンガヅの代わりにあぶらぶ使っでるんだ。これが案外うめえ。ここは会津だがら、それを会津風に味付けして作ってみだんだ」

         麦とろ④ 
         お呼びじゃない?

てんこ盛りの菜の花のおひたしとみそ汁とともに「あぶら麩丼」がドンと登城してきた。見た目は煮込みかつ丼か親子丼のよう。タマネギとあぶら麩、それに豚バラ肉も入っている。溶き卵が雲海状にきれいにかかっていて、いい匂いが立ち上ってくる。予想外の展開となってきた。これで500円とは・・・。これは当たりかもしれない。みそ汁はダシが効いていて、具まで菜の花というくどさは気になったが、作り立てのいい味だった。

         麦とろ⑤ 
         B級ドンブリの新たな発見

「あぶら麩丼」はあぶら麩にダシの効いた甘辛醤油の煮汁がよく滲みこんでいて、タマネギと溶き卵とのバランスがいい。豚バラ肉がおまけの役割を担っている。ご飯にやや課題があると思うが、そんなぜい沢を押し倒すほどの絶妙な味わいがガブリ寄ってくる。どんどん箸が進む。これはひょっとしてB級の極めつけの美味さかもしれないぞ。「むむむ」が「おおおお」へと変換していった。その途中で、店主の言う「会津風の味付け」の意味がわかった。ソースの風味が混じっていたからである。「ソースかつ丼」は会津の名物ドンブリで、それを取り入れているというわけである。「ソース煮込みかつ丼」も会津ならではの味でファンも多い。

          麦とろ⑥ 
          これがあぶら麩
          麦とろ⑦ 
          豚バラ肉入り

意外な味覚の発見だった。酸いも甘いも滲みこんだ味わい。
軽い驚きとともに、この店に夜来たくなった。年季の入った店と店主。メニューの中に「馬刺し」と「鯨汁」「ニシンの山椒漬け」があった。
「おめ、エラそうにハズレだどが言ってだげど、失礼でねえがし。店も人も外見で見ちゃいげねえべ」
綾瀬はるか演じる山本八重に叱られた気がして、外に出た途端、くしゃみが出かかった。



本日の大金言。

きれいな店が美味いとは限らない。一見きれいではない店に思わぬ発見もある。おメーン一本。B級グルメ道の奥は深い。




               麦とろ⑧ 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ソース入りとは

会津の油麩丼、うまそうですね。村長もご承知かとは思いますが、これは登米市がB級グルメとして売り出し中のものです。昔に仙台で食べた記憶があります。しかし、登米市の油麩丼にはソースは入っておりませんでした。ソース入りとはびっくりですが、今度のGwに家族と会津へ旅行する予定なので、どんな味なのか興味津々で楽しんでこようと考えております。私は夜行くつもりです。桜が残っているといいのですが。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR