埼玉・塩ラーメンの極致の実力

 ラーメン戦国時代に生き残るのは大変だと思う。かつて彦作村長は荻窪の「中華そば 春木屋」の大ファンで、東京で一番美味いと思っていたが(今でもその確信はほとんど変わらない)、ラーメンブームに乗って、次々に美味い店が登場。テレビや雑誌のラーメン特集などでこうした老舗の中華そば屋を見る機会がどんどん減っている。メディアは新しいスターを求める。その情報消費の恐るべきスピードには違和感を覚える。

          めんじゃらけ① 
         これがラーメン屋?

埼玉の久喜市菖蒲にある人気店「中華そば めんじゃらけ」もその新しいスター(平成12年創業)だったが、たった12年ほどで「埼玉の老舗の名店」と言われるまでになった。この店の「塩ラーメン」は評論家が選ぶ埼玉の塩ラーメン部門で1位になったり、テレビなどでも取り上げられて、埼玉屈指のラーメン店となっている。

          めんじゃらけ② 
          ノレンがいい

土日などは駐車場はいっぱいで、行列に並ばないとありつけない。行列が大の苦手の彦作村長は平日の午後1時半過ぎ、駐車場が開いていることを確認してから、この店の噂の「塩ラーメン」を食べてみようと思い立った。店はかわら屋根の古い一軒家で、一見すると、ここが人気の中華そば屋だとは思えない。ただの民家かうどん屋のよう。

         めんじゃらけ③ 
         噂の塩ラーメンを・・・

自販機で評判の「塩ラーメン」(700円)を注文することに。店内は広く、見事な自然木の一枚板のテーブルとカウンター席。右奥は小上がりになっている。10分ほどしてから、美味そうな匂いとともに「塩ラーメン様」がやってきた。まず、チャーシューのデカさに仰天する。ローストビーフかステーキのよう。厚さが1センチくらいありそうだ。それが黄金色の半透明のスープにゆったりと入浴している。スープは鶏がらベースの品のいい奥深い味わい。じんわりと滲みこむ美味さ。この独自性と味だけで、人気が高いのが理解できる。

          めんじゃらけ④ 
          シンプルな構成

麵はストレートの細麺。最近の塩ラーメンに多い細いけどコシがあるタイプ。悪くはないが、チャーシューのあまりの存在感に比べて、やや影が薄い。シナチクも普通の美味さ。この店のウリがこのチャーシューにあることはすぐにわかる。チャーシューは「豚のブロック肉」を赤ワインでじっくり煮込んでいるようで、そこがこの店の秘伝のワザでもある。この特大チャーシューファンも多い。

          めんじゃらけ⑨ 
          仰天のチャーシュー
          めんじゃらけ15 
          歯切れのよさの秘密

かじると柔らかい。サクサクしている。この食感は何かに似ている。このチャーシューから豚肉本来の味がイマイチ伝わってこない。それ以外の何か別の美味さを追求した結果こうなったというような味。村長の味覚がヘンなのか。マグロの佃煮のような食感。いやいや、これは西洋料理の煮込み料理のような、少なくとも中華系のチャーシューとは違うと思う。肉の繊維を見事に利用した歯切れのいい独自の煮込みチャーシュー。そのオリジナリティーに疑う余地はない。

          めんじゃらけ⑥ 
          細麺で品のいい味

良くも悪くもすべてがこのチャーシュー中心に回っている。超ワンマン社長のいる会社。エースで四番打者が中心のチーム。もちろんスープの美味さも麵もレベルが高いが、このラーメン戦国時代の中では特別に「すごい!」とは感じられない。このチャーシューの発見によって、「めんじゃらけ」は行列のラーメン屋の輝ける地位を守り続けているのだと思う。そこまでの道筋は大変な努力があったと思う。それを承知で正直に言うと、村長はこのチャーシューには驚嘆はしたが、美味さはあまり感じなかった。



本日の大金言。

ラーメン戦国時代のメディアとは何か。特にテレビという怪物にとってはあらゆるものはその一瞬だけが重要で、消費され、忘れ去られるためにある。ラーメンを食べながら、牧伸二さんの死を知る。合掌。



                    めんじゃらけ13
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR