江戸の串あんだんごと青豆大福

 人口81万人強の新潟市内にはしゃれたレストランが多い。山形の酒田市に行ったときにも感じたが、日本海の港のある街はどこか洗練されたバタ臭さがある。どこか海の向こうの街につながっているような、文化的な開放感がある。少なくても「ウマズイめんくい村」のようなド田舎ではない。2時間ほどあちらこちらと歩いていると、「新潟名物 笹だんご」の旗が見えた。そうだった。彦作村長の目的の一つは美味い和菓子の発見である。新潟には洋ばかりでなく和の世界のスグレモノもあるはずである。

           市川屋①  
           敷居が低い

外見はただの生菓子屋だった。だが、よく見ると看板には「創業 弘化4年」と表記されていた。弘化4年だとお?1847年?まさか・・・次に彦作村長の目が一点に釘付けになった。ガラスのケースの中に「串あんだんご」(1本80円)の貴重なお姿を発見したからである。だんごは4個ひと串。関東では普通の数だが、違うのはそれらが一つ一つこしあんで包まれていた。これは手作業でしかできない。日暮里の羽二重団子もこの古き良きスタイルだが、敷居と値段が高すぎる。村長は感動を覚えて、狭い店の中に入った。

          市川屋13 
          まさかの串あんだんご

奥から普段着の愛想のない中年女性が出てきた。アンガールズの山根かと思った(失礼)。
「あのう、この串だんごは村長が求めていたものです。その昔、故郷の会津では串あんだんごはほとんどこういうものでした。こうでなければいけません」
「他は知りませんが、ウチは昔からこのやり方なんですよ。ええ餅は新潟産のコシヒカリの米粉を使っていますよ。小豆は北海道産ですが」
女性は女将さんなのかもしれない。いぶかしげな表情。村長の怪しい風体を見ればそれも当然だろう。余計なことは話さない。一億総スマイルの2013年において、この愛想のなさが気に入った。ウソのスマイルよりホントの無愛想・・・。創業166年の無愛想・・・。これだこれだ。

          市川屋⑦ 
          こしあんで包んでいる

串あんだんご(1本80円)と笹だんご(5個700円)、それに村長のセンサーにビビビと来た「青豆大福」(1個115円)を買い求めた。笹だんご以外は「本日中に食べてください」とのこと。帰路、ウマズイめんくい村まで待てなくて、途中の関越自動車道の赤城赤城高原SAで賞味することにした。串あんだんごはたった5時間ほどしか経っていないのにやや固くなっていた。それとももともと固めなのか。その固めが好き嫌いの別れる所だと思う。こしあんは甘めで風味がいい。村長はもう少し餅が柔らかい方が好み。

         テイク2  
         これが青豆大福
          市川屋⑧ 
         粒あんもすごい

意外な発見は「青豆大福」だった。赤えんどう豆ではなく青えんどう豆というのは珍しい。餅が搗(つ)き立てのようで、実に柔らかくて伸びがあり、手にくっつくほど。村長は京都「出町ふたば」の豆餅を思い出していた。粒あんも秀逸だった。ここまで柔らかく風味豊かに作るには相当な熟練が必要だと思う。やや甘めだが、餅とふっくら炊いた青えんどうの塩分がいいハーモニーとなって、1+1が3の世界を形作る。犬も歩けば棒に当たる。村長も歩けば逸品に当たる。一つの発見だった。

          市川屋⑨ 
          笹だんご

ウマズイめんくい村に帰ってから賞味した「笹だんご」は会津の笹だんごより小ぶりで、よもぎがたっぷり入った餅と粒あん(こしあんもある)はいい風味で美味い。かなりのレベルだと思う。だが、後継者不足で3年ほど前に閉店してしまった会津の「山田だんご」の笹だんごほどの感動はなかった。



本日の大金言。

越後と会津はどこか通底している。歴史的なつながりも深い。海の国と山の国。作家の井上ひさしは「会津は東北ではない。むしろ越後だ」ということをエッセイで書いている。半分当たっているかもしれない。




                市川屋12 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR