女が群がる「夏のあんみつ」を賞味

 東京・谷中は彦作村長の好きな街の一つ。東京の中の京都のようで、寺町と下町が同居していて、古いいい店が何気なく暖簾(のれん)を下げたりしている。近年は女性誌やテレビなどメディアの影響もあり、「谷根千(谷中、根津、千駄木)」は若い女性の人気スポットになっている。全身ミーハーの村長にとって、時々行きたくなる街でもある。

        和栗や12 
        暑い日は甘味ダス

梅雨入りしたはずなのに連日の青空で、彦作村長は谷中にふらりと立ち寄ることにした。お目当ては谷中銀座で若い女性や元若い女性にすごい人気だという甘味どころ「和栗や」。ここの「限定1日20食 夏のあんみつ」なるものを賞味してみようと思い立ったのだ。こう暑いと涼しい甘味に限る。行かずんば甘味マニアの名前もすたる。

        和栗や② 
        超人気店

店はすぐにわかった。女性がたむろしていた。「和栗や」と書かれた白地の暖簾。今どきの雰囲気を巧みにつかんでいる店構え。オープンしてまだ2年だという。伝統とは無縁なのにいきなり老舗のような佇まい。この手の店が最近は多い。ま、それも悪くはない。外には縁台があって中年女性が「和栗ソフトクリーム」をペロペロなめていた。
 
中に入ると、ゆったりした空間に2人用のモダンな和テーブルが三つほど。畳敷きの小上がりもあり、6人ほど座れるテーブルもある。京都や鎌倉の甘味どころのような、実に絵になる世界で悪くはない。男の客は怪しい姿の村長だけ。作務衣姿の男性スタッフに案内されて、たまたま空いていた2人用のテーブルに腰を下ろした。メニューを見る。迷わず「夏のあんみつ」(950円)を指さす。ちょいと見栄を張って、「厳選茎焙じ茶(くきほうじちゃ)」(セットで250円)も注文。合計1200円なり。チクリと痛い。

        和栗や⑥ 
        滝川クリステル?

待つこと15分ほど。透明なガラスの器に入った限定1日20食の「夏のあんみつ」がやってきた。モンブランのような栗のあんの山の頂上に栗の甘露煮がちょこんと乗っかっていた。下には栗の寒天、それに白玉が3個ほど。うむむむ。シンプルできれいな景色というしかない。

        和栗や⑦ 
        た、たまらん!

この店の特徴は茨城・笠間産の大栗を使用していること。すべてが自家製の栗のスイーツという徹底したコンセプトがユニークである。「夏のあんみつ」も小豆は使用せず、栗のあんを使用している。すべて素材にこだわり、添加物を使用せず、「これが栗やが考えた独創・栗あんみつです!」と高らかに説明されている。

「最初は栗蜜をかけないで、素材の味をお楽しみください。栗と砂糖しか使っておりません」
男性スタッフがていねいに説明する。
確かに品のいい甘さで、栗の自然な味わいに感心する。だが、やはり栗蜜をかけた方が村長の好みに近い。栗あんを崩すと中は栗のアイスクリームだった。これも栗の風味とアイスクリームの甘さがよく調和している。栗の甘露煮、栗の寒天、白玉もレベルはかなり高い。全体としてよくまとまっている。シンプルな美味さ。

        和栗や⑧ 
        すべてが高レベル
        和栗や⑨ 
        冷たい口福

だが、と村長は思う。店のポリシーとはいえ、こだわりを説明しすぎだと思う。最近、こうした説明型の店が増えている。素材に対する不安が大きい時代の反映かもしれない。そう理解もするが、こだわりぶりをここまで説明されると、へそ曲がりの村長には何だか高い値段設定の理由を聞かされているような気分になってくる。江戸しぐさの伝統とは違う。店は古今亭志ん生も住んでいた東京・谷中だが、本社は茨城だったことを思い出した。



本日の大金言。

女性の心をつかむのはモンブランに登るより大変かもしれない。だが、財布のひもをつかむのもそれと同じくらい難しい。






                   和栗や11 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高いたか~い

お久しぶりです。いつものことながら、谷中にまで出かけて栗のあんみつとはびっくりですです。赤羽彦作村長の好奇心とスイーツ大好きぶり、ほとんど病気かもね(笑)。それにしても950円は確かに高すぎです。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR