居酒屋の街の「ごまみそパスタ」とは?

 お江戸での秘密会議に出席した後、赤羽彦作村長は大好きな北千住で疲れた羽根を休めることにした。時計を見ると、午後7時半を回っていた。これまた大好きな西口の飲み屋横丁をぷらりぷらりしていると、かつてあれだけいた客引きのチャイナガールの姿がきれいに消えていることに気づいた。尖閣領有問題がここまで波及しているのだろうか? 裏社会の核心的利益の行方も気になる。

        カタロー④ 
        何を語るか?

彦作村長のオンボロのレーダーにふと「下町バル カタロー」が映った。スペイン風?イタリア風?バルとビストロを足して2で割ったような雰囲気が気に入ってしまった。店の前のボードに書かれた「海の幸のカルパッチョ 名物!5点盛り 680円」の居酒屋風のコピーも悪くない。ワインもそれなりに充実している。「ごまみそクリームカルボナーラ」という文字も見えた。ん? ごまみそクリームカルボナーラ? B級グルメハンターとしてはここは避けては通りない。

        カタロー⑤ 
        いい雰囲気

10人くらい座れそうな、いい木肌のカウンターが見えた。4人掛けのテーブルが三つほど。若い女性がグラスワインと料理を楽しんでいる。戦後の怪しげなマーケットの匂いの残る飲み屋横丁にも新しい波が確実に押し寄せている。かつてよく通った新宿ゴールデン街の変貌が北千住でも起きている。ま、悲しむ話ではないが。

        カタロー⑥ 
        このお通しはマル

カウンターの隅っこにちょこりと腰を下ろして、「海の幸のカルパッチョ」(680円)と気になる「ごまみそクリームカルボナーラ」(780円)を注文した。イタリアの白ワイン(グラス550円)もしっかり注文。カウンターの奥が厨房になっていて、店主らしきマスターが「お通しです」と「合鴨のローストとキノコとナスのトマトソース煮」(280円)を静かに置いた。これが予想以上に旨い。お通しでこの味が出せるなら、他もきっとうまいに違いない。

        カタロー⑦ 
        海の幸カルパッチョ

「海の幸のカルパッチョ」は旬の魚介類を出しているそう。真っ白い磁器皿にカツオ、ホタテ、タコ、カンパチ、サーモン、アジがそれぞれ独自のソースをかけられてデザイン的にもまずまずの世界を作っていた。その今風の凝り方は好感が持てる。
「これは白ワインに合いそうだ。あれっ、一つ多い。6種類あるよ?」
と村長が軽いジャブ。
「今日はいいカツオが入ったんで、おまけです」
とマスター。いい奴だ。カルパッチョも平均以上の旨さ。白ワインが進む。財布の中身が気になって、一番安い白のグラスワイン(380円)に切り替えた。ワインの味が少々落ちたのは仕方がない。グスン。

         カタロー⑨ 
         ごまと味噌と生クリーム

問題の「ごまみそクリームカルボナーラ」がやってきた。ごま味噌のふくよかな香りがふわりと立ち上がった。パスタは乾麺だが、白ごまと白みそ、それに生クリームを合わせた濃厚なソースに絡んで、白いドレス姿のカンツォーネ歌手のような、かすかなオーラを放っていた。ベーコンが谷間に潜み、分葱(わけぎ)が彩りを添えている。うーむ、うむうむ。卵を使わずに白ごまと白みそでカルボナーラを作るという発想がクールだと思う。

        カタロー11 
        新しいカルボナーラ

ひと口。白ごまの風味がやや強めだが、悪くはない。白みそと生クリームの甘みが茹で立てのパスタの後ろから、いいテノールとなって一つの世界を作っていた。ヘルシーでいて、ちょうどいいくらいに濃厚な旨さ。80点の旨さ。これはこれでいい。ヘルシー志向の今どきの先端を行く独創パスタをしっかりと堪能する。若い女性やカップルにウケるだろうな。彦作村長はぎっくり腰を押さえて舌代を払い終えると、そう思いながら、よろよろと外に出た。キャバクラの黒服が所在無げに立っていた。



本日の大金言。

尖閣領有問題は別の見方をすると、胃袋の問題でもある。核心的利益とは強欲な胃袋の利益ということでもある。故に中国とは巨大な胃袋の代名詞である。故に胃酸過多に陥りやすい。まさか?



                     カタロー13 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR