京都イノダコーヒ本店のモーニング

 京都から近江へと長旅をしてしまった。タイムマシンの旅。村長にとっては大きな発見がいくつかあった。その成果はおいおいレポートしていくことにしよう。金欠気味の村長は新幹線を使わずに深夜バスを利用した。京都に着いたのは朝7時ちょい前。京都タワーホテル隣のビルの地下にある銭湯に入ろうと思ったが、3時間後に昔からの面白い仲間と会う約束になっている。時間はあるようでない。お腹もすいていた。

銭湯を断念して、村長はワラジ姿で三条烏丸まで歩くことにした。京都は歩くに限る。地下鉄やバスなどは近年の乗り物に過ぎない。目指すはかの有名な「イノダコーヒ本店」である。「コーヒー」ではなく「コーヒ」。この妙なこだわりが村長の好みでもある。画家でもあった猪田七郎が昭和15年(1940年)に開いた京都の老舗コーヒー屋。ここのモーニングを賞味してみようと思い立ったのである。京都の主の調布先生などは「あんなとこ、行ったらあきまへんで。店を広げ過ぎで、東京・大丸にもある。店ちゅうもんは広げたらあかん」と妙に説得力のあるアドバイスをしている。だが、これでイーノダ。

          イノダコーヒー本店② 
          本店の店構え

店構えは火事で焼けた後、平成12年(2000年)にリニューアルしたものだが、京都の町家の雰囲気を漂わせる重厚なもの。奥が喫茶コーナーになっていて、木の茶色と白を基調にしたインテリアは京都のモダンを感じさせる。天井が高い。その広いスペースにテーブルがゆったりと置かれている。喫煙コーナーと禁煙コーナーに分かれていて、まだ午前7時半なのに、禁煙コーナーは満席だった。老舗ホテルのラウンジのような雰囲気。地元の文化人風のグループ、いかにも観光客のグループ、熟年のカップルなどが朝のコーヒーとサンドウィッチなどを楽しんでいる。

          イノダコーヒー本店④ 
          グッモーニング!

村長はここの名物でもある「ビーフカツサンド」(1730円)につい目が行ったが、値段を見て、我慢がまん。「京の朝食」(ジュース、サラダ、ハム、パン、コーヒー付き1200円)を注文した。1200円は安くない。7~8分ほどで赤いチョッキのウエイトレスが白磁の大きな洋皿に乗ったモーニングを運んできた。コーヒーの香りが深い。聞くと「コロンビアの真珠です」とか。「砂糖とミルクを入れますか?」という聞き方もイノダコーヒならではのもの。「いや、ブラックで」と村長。村長のTシャツも黒だった。

          イノダコーヒ本店 
          うーむ
          イノダコーヒー本店⑥ 
          むむむ

スクランブルエッグと黄とアスパラの緑、ニンジンの朱色、マッシュポテトの白、プチトマトの赤、鮮やかなオレンジ、それに厚めのハムとキャベツの千切り。パンはクロワッサン。それほど珍しくはないモーニングの光景だが、すぐにそれが浅はかな見たてであることがわかる。口に運ぶと、野菜と果物の鮮度に軽く驚かされる。一つ一つが際立っている。オーバーな表現ではなく「この瞬間がウチらの一番おいしいときどすえ」とつぶやくのである。感心したのはニンジンのグラッセ(甘露煮)。柔らかさと硬さ、それに甘みのバランスが絶妙というしかない。

         イノダコーヒー本店⑨ 
         ニンジンのグラッセ
         イノダコーヒー本店12   
         素材選びに感心
         イノダコーヒー本店13
 
          マッシュポテイト!

これであと200円ほど安かったら、言うことはない。朝7時からモーニングを味わえるのはこの本店だけとか。支店との味の違いはどれほどあるのかわからないが、池波正太郎がこの本店のビーフカツサンドに一目置いていたことなどを思うと、やはり本店こそが原点の味ではないかと思う。コーヒーではなくコーヒ本店の深い味・・・。



本日の大金言。

人気が出るほど原点の味を維持するのは難しくなる。その浮世の法則を打ち破ることができたら、本当の意味で「これでイーノダ本店」となるはずである。ン?



                      イノダコーヒー本店14 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR