上河内SAの意外なソースカツ丼

 高速道のPAやSAがどんどん進化している。魅力的な品ぞろえとフードコート。福島・猪苗代湖半でウマズラ組の同級会を終えた彦作村長は二日酔いの頭でプカプカと東北道を東京方面へと上った。馬齢を重ねるのも悪くはない。鏡で自分を確認するように旧友を見る。先生を見る。「思い出の渚」が流れる。思えば遠くへ来たもんだ。

       猪苗代②  
       磐梯山周辺は0.13マイクロシーベルト
       上河内① 
       鏡石は0.20だった
       那須高原SA① 
       那須高原は0.16

途中、久しぶりにガイガーカウンターで放射線量を測ってみた。磐梯山のふもとは0.13マイクロシーベルト。首都圏とあまり変わらない。須賀川に近い鏡石PAは0.20。那須高原SAは0.16。もちろんこれは一つの参考例である。この数値をどう見るか、それが問題だ。

あの「3.11」から2年4か月以上経つのに依然として、流れ出た放射能は減りそうもない。しかもそれは現在進行形でもある。原発再稼働を主張する人は原発周辺に居住してから言ってほしい。切実にそう思う。安全なところにいて主張する奴に気をつけろ。少なくともそれが未来へのモラルだと思う。心からそう思う。言ってることよりやっていることを見る。人間観察の原則を改めて思う。

        上河内⑦ 
        上河内SAで昼メシだ

宇都宮の一つ手前、上河内SAで昼メシを取ることにした。腹が減っては運転はできぬ。シャレた那須高原SAなどの人気SAと違って、ここは家族的な雰囲気のSAだった。フードコートも働いている店員は中高年が多く、どこか大衆食堂の匂いがする。それ故の手作り感がドンブリからうまそうな雰囲気を醸し出していた。彦作村長は「ソースカツ丼」(700円)を注文することにした。
ここの名物「宇都宮餃子」も頼もうかと迷ったが、財政事情から断念。カナジイ。

       上河内③ 
       ソースカツ丼!

「少々お時間がかかりますけど」
おばさん店員が申し訳なさそうに、そうのたまった。
「急ぐ旅ではない。お気遣い召されるな」
と村長。時間がかかるということは、きっとトンカツもこれから揚げるということだろう。カツ丼は揚げたてに限る。期待半分。

        上河内④ 
        揚げたて

15分ほどかかって、番号を呼ばれた。ここの豚肉は那須三元豚を使用していて、ソースカツ丼は厚切りのロースカツ。それだけで「ハズレ」の可能性は少ないと村長は見ていた。お盆に乗った「ソースかつ丼」は想像通りだった。ワラジほどは大きくはないが、ドンブリのほぼ4分の3をこんがり揚がったロースカツが支配していた。やはり揚げたてだった。下に千切りキャベツが多めに敷かれていた。パセリもちょこんと乗っかっていた。このソースカツ丼は会津や信州駒ヶ根と同じスタイル。ちなみに福井や桐生のソースかつ丼はキャベツが敷かれていない。

        上河内⑤ 
        絶景である

ロースカツは厚さは8ミリくらい。会津や駒ヶ根ほど分厚くはないが、薄くもない。ちょうどいい厚さだった。肉と油とソースだれのいい匂いが村長の鼻腔をくすぐる。ソースだれは甘さが控えめ。会津のように甘くはない。肉は脂身が少ない。彦作村長はもう少し脂身があった方が好みだが、これはこれでありだと思う。肉はほどよい柔らかさ。ご飯は普通。みそ汁とつぼ漬けがいい合いの手を打っている。これで700円というのは昨今の情勢を考えると、満足できるレベルだと思う。

        上河内⑥ 
        キャベツとご飯

モダンな那須高原SAで期待外れ続きだった彦作村長は、この大衆食堂風のフードコートに好感をもった。比較的安くて旨い。過剰な作為がない。この上りSAは鬼怒川温泉の「あさやホテル」の運営だという。何でもかんでも小ジャレた都会風にすればいいというものではない。ちなみに磐越自動車道の磐梯山SAも穴場だと思う。



本日の大金言。

SAの魅力はやはり地場産のものだろう。高くてきれいより安くて旨いもの。すべてに通じることだが、見た目にダマされてはいけない。




                    上河内⑨ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR