すいとんは麺類か?

すごいぞ、今回は久喜の埼玉B級グルメ祭りに行ってきた。そこで見つけたのが「すいとん」である。「ウマズイめんくい村」の村長としては、避けて通れない難題にぶち当たってしまった。飯能市が3年前からB級グルメとして編み出した新しい感覚の「すいとん」だ。
60代以上にとってはすいとんは貧しい時代のシンボリックな主食だろう。ところが最近ではヘルシーでおいしい見た目もきれいなメニューとなっている。まるでうどんやラーメンのようで、バリエーションも豊かになってきている。
村長は困った。すいとんは麺なのか麺でないのか、すいとん自身に答えてほしいくらいだ。
しかし、蕎麦がきが麺類だとしたら、すいとんも麺類に入れてもいいんじゃないの? そう主張するのは「サンショウウオ」君だ。サンショウウオ君自身が同じような悩みでバッシングを受けた歴史があるからだ。
すいとんが麺類なら、肉まんや餡まんだって麺類になってしまうよ。アンパンマン君がそう言いだした。
うーん、困った。ぼちぼち軍配を上げてしまおう。ポイントは醤油仕立てのスープ汁だ
麺類に入れてもいいんじゃないか? 麺類の世界を広げるというのもこのブログの狙いの一つだ。
飯能のすいとんはえび、肉、チーズ、野菜なども練り込んでいて「むむむ」と唸りたくなるいい味だった。スープ汁もダシがよく効いていてまるでいいうどんに出会ったようだしかも代金も本日は300円なり。名誉村民の「先日美女」と二人、「うまいねえ」「極楽極楽」などとニンマリしたのだった。  

すいとんB級
                                      久喜 B級グルメ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR