五百円で2杯食える妙な手打ちうどん屋

 最近、このブログも少しずつ知られるようになって来て、「村長、こんな店ありますぜ」という極秘情報が寄せられるようになってきた。「うまずい味シュラン」の刊行に向かって、着々と地下工事も始まっている。このところ土台の水漏れがひどいが。

「北埼玉の羽生にネギ天うどん250円の店があるのを知ってますか? ほとんどが地元の客で、メニューはネギ天うどんただ一種類だけ。何というかちょっと信じられない不思議なうどん屋です。B級の星です。村長が絶対に行くべきです」
隣村のうどん通の激辛美女からそんなメールをもらった。うろんな奴め。

         とちぎや① 
         隠れた名店?

確かに不思議なうどん屋だった。羽生駅東口・古江神社近くのちょっとわかりにくい場所にその店「とちぎや」が暖簾を下げていた。佇まいはローカルなうどん屋そのもの。悪くない風情。時計を見ると、午後1時半。ガラガラっと戸を開けると、中はテーブルが4つ。小上がりの座敷もあり、そこにはテーブルが3つ。家族連れや地元の客(?)で満員だった。店主がサッカー好きらしく、JリーグやセリエAのユニホームが壁いっぱいに飾られていた。ロベルト・バッジオの写真とユニホームも。

          とちぎや③ 
          これがメニューとは・・・

メニューらしきものはない。「並250円」「大300円」「特大370円」「超特大370円」と書かれたものだけ。どういうこと? アリスの気分。まわりのお客を見ると、器の大きさはバラバラだが、天ぷらの載ったうどんをうまそうに食べていた。なるほど、そういうことか。村長は見当を付けてから「大300円」を頼むことにした。「温にしますか冷にしますか?」と聞かれて、「冷でお願いします」。「温と冷」の二者択一。面白い。家族で営んでいるようで、アットホームな明るい雰囲気が隠し味になっているようだ。

          とちぎや④ 
          大300円ナリ
          とちぎや⑨ 
          地粉のうどん

15分ほどで、主役がやってきた。黒いどんぶりに盛られたやや茶色がかった手打ちうどん。その上に乗った長ネギのかき揚げ。あまりの素朴さに拍子抜けしてしまうほど。つけ汁がたっぷり入っているのが好感が持てる。うどんは武蔵野うどんのようにぶっとくない。すぐ近くの加須うどんとも違う。幾分細めで、口に運ぶと、それなりにつるっとしていて、噛むと歯ごたえもほどよくある。地粉を使っているそう。ツユはかつおより煮干しの出汁のいい風味が出ている。自然でやさしい旨味。見た目にはオーラというものがない。田んぼのあぜ道で、田舎のやさしい叔母と出会ったような、素朴でまろやかな感動にじんわりと包まれてくるのを感じた。

          とちぎや⑧ 
          出汁の効いたツユ
          とちぎや⑦ 
          ずずずっと
          とちぎや⑤ 
          冷めたネギ天だが・・・

長ネギのかき揚げは、残念ながら作り置きで、カラッともしていない。かような天ぷらを堂々と出す店も珍しい。だが、つけ汁を付けて食べているうちに、その洗練とは無縁の冷めたべチャっとしたネギ天が愛おしくなってきた。メチャウマではないが、まずくもない。ツユとの相性がいい。まさにウマズイ味わい。村長は次第に、この素朴過ぎる田舎うどんがいぶし銀の光を発してくるのを感じた。

店主は現在3代目。「とちぎや」という店名通り、ルーツは栃木県小山市だそう。これで300円という、驚くべき価格設定を維持しているこの店もまた「心意気の店」にちがいない。「並」を2杯食べても500円。これは毎日来たくなる店だ。財布の底をのぞきながら、村長はいい店を発見した気分に浸るのだった。



本日の大金言。

うどんの世界も宇宙より広い。讃岐うどんや武蔵野うどんだけがうどんではない。




                      とちぎや11 






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR