蝉しぐれと藤圭子とさぬきうどん

 「藤圭子自殺」のニュースは、彦作村長にとってもある種の衝撃だった。テレビのワイドショーでは連日、死の真相をめぐって、あれこれ司会やコメンテーターと称する人などが深刻そうにしゃべっている。死の真相はたぶん誰にもわからない。宇多田ヒカルの傷ましい文章だけが、18歳でいきなりスターとなり、「時代と寝てしまった」藤圭子の、その後の不可解でやっかいな人生を、海底から少しだけ逆照射しているように思える。痛ましすぎる。冥福を祈るしかない。

         さぬき麵屋① 
         さぬき麵屋

蝉しぐれの中を村長は以前から気になっていた埼玉・久喜のアリオにある「さぬき麺屋」へとポンコツ愛車を走らせた。何だか無性にさぬきうどんが食べたくなったからだ。3Fのフードコート。ちょうど正午とあって、混み始めていた。「ざる」(並380円)を注文してから、「なす天」(110円)と「イカ天}(110円)をピックアップする。合計600円ナリ。

         さぬき麵屋④ 
         これこれ

さぬきうどんが全国区となったのはここ10年くらいではないか。本場・香川県内と同じようにセルフ方式をひっさげ「丸亀製麺」と「はなまるうどん」がその牽引車となった。さぬきうどんの全国制覇。今ではどこに行ってもそこそこうまい「さぬきうどん」を楽しめる。

          さぬき麵屋⑦ 
          〆て600円ナリ

おろしショウガと揚げ玉(無料)をツユに入れて、テーブルへ。さぬきうどんのウキウキする瞬間である。箸で小麦色の太めでエッジの立ったさぬきうどんを濃いめのツユに付けてから、ズズと行く。コシが強くて、しかももっちりしたさぬきうどん特有のいい感触が口中に広がる。小麦の風味もある。これだこれだ。なす天とイカ天のカリッと揚げられたコロモの感触もいい。作り置きなのにこれだけうまい天ぷらはさぬきうどんの成果だと思う。

          さぬき麵屋  
          コシともっちり感
          さぬき麵屋10 
       ま、ズズーと

あえて言うと、半熟の茹で卵の天ぷらがないのが残念だ。もうひとつ濃口のツユから化学調味料の匂いがかすかにしたことも。惜しい。やや興醒め。

全体としては高レベルでフツーにうまい。だが、食べ進むうちに、この味わい、どこかで体験した気がしてきた。「うまげな」そっくりではないか。麺が気持ち細めで、食べやすくなっていることくらいしか違いがないのではないか。天ぷらもそっくりである。調べてみたら、どちらも同じ「はなまるうどんグループ」であることがわかった。つまり、吉野家グループ。吉野家は牛丼オンリーからどんどんシフトを広げ、今ではそば屋まで傘下に納め、海外にも進出している。

          さぬき麵屋11 
          なす天とイカ天

忍法七変化みたいな戦略・戦術。気になって、本部にケイタイで電話してみた。どこがどう違うのか?
「恐れ入ります。『はなまる』と『うまげな』と『さぬき麺屋』は基本的には同じですが、店の大きさや麺の量、ネギの出し方など若干違います。麺が『うまげな』よりほんの少し細いのはその通りです。ダシ(つゆ)は同じものです」
「ま、値段も高くないし、うまいからうどんファンにとっては悪いことではありませんよ」
村長はエラソーに言って電話を切った。

頭の中で「新宿の女」が回っている。新宿も遠くなりにけり。彦作村長は蝉しぐれに向かってアクセルを踏んだ。ぎっくり腰が再発しそうだった。



本日の大金言。

1970年代、チェーン店展開する前の吉野家が新橋にあった頃、牛皿と牛丼は高かった。瓶ビールを飲みながら、それを突つくのが最高のぜい沢だった。藤圭子の唄が流れていたように思う。




                     さぬき麵屋12 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR