まさかの「冷やし大学芋」と出くわす

 「さつまいも」は彦作村長にとっては苦手な分野だった。だが、東京・北千住の「おいもやさん」でスイートポテト(1個210円)を食べてからは、脳内で「アハ体験」が起き、さつまいも=ダサイからさつまいも=クールに変換してしまった。「おいもやさん」は浅草を中心に都内や埼玉に14店舗ほどあり、もともとは明治9年(1876年)埼玉・川越で創業した甘藷(さつまいも)問屋・川小商店がルーツ。川越はさつまいも文化のメッカでもある。そこから出た「おいもやさん」。

          おいもや④ 
          おおっという出会い

彦作村長は大宮ルミネ1のデパ地下を散策中に、「おいもやさん」を見つけてしまった。アハ体験を超えるアハハ体験。見ると「ひゃっこ~い大学芋 うっま~い」という文字が見えた。「ひゃっこい」だって? さらに近づくと、「冷やし大学芋」というメニュー。「女子高生にも人気 食べ歩きカップ」(350円)と「ワイコイン500円」という2種類見えた。女子高生にはなりきれない。村長は500円の袋詰めを買い求めることにした。

          おいもや⑤ 
          冷やし大学芋なんてアリか?

「ところで、冷やし大学芋って初めて聞いたけど、うまいの?」
ぶしつけな質問。若い女性スタッフは、突然現れたどう見ても怪しい村長の軽いジャブを受け流して、太陽のような笑顔で答えた。
「もちろんです。サツマイモの種類はカモテといって、ちょっと固めですが、冷やしてもうまいんです。蜜を一杯入れておきますね。賞味期限は3日です。食べると、シアワセ~ってなりますよ~」
このところ不幸せな村長の心がくすぐられた。

ウマズイめんくい村に持ち帰って、冷蔵庫に入れて十分に冷やしてから賞味することとなった。村民2号がいつのまにか隣にいた。袋を開けると、冷やし大学芋が8個。見事な飴色で、蜜がたっぷりとかかっていた。黒ゴマも点々としていて、いい景色だった。「大学芋」に対するイメージがスイートポテト体験のように劇的に変換しそうだった。

         おいもやさん① 
         袋を開けると・・・

皿に5個ほど盛って、まずは箸でひと口。濃厚な蜜がぐるるんと糸を引いて彦作村長の口の中へと入っていった。表面はやや固めだが、中が柔らかい。カモテはフィリピンのさつまいもで、甘さは紅あずまほどないが、ほどよい甘みで、冷やしても確かにいい食感だった。蜜は砂糖と水飴と塩少々を煮詰めたもの、それに秘伝の何か(それは教えてくれなかった)。それらが合わせ技で村長の口内を攻め立てる。うむむむ。イ、イケる。「大学芋=揚げ立てうまい」が「大学芋=冷たくてもうまい」に変換していった。

         おいもやさん② 
         もっと近くにお寄りになって~
         おいもやさん⑤ 
         たまらん
         おいもやさん④ 
         冷たい幸福だってある

大学芋の新しい世界。珍味の発見。ひと夏の恋。村民2号が3個ほど食べたところで声を上げた。
「冷やした大学芋がこんなにうまいなんて驚きだわ。初体験なのにハマりそう」
「ビタミンCと食物繊維が多いさつまいもは、免疫力を上げ、腸内環境を整える効能があるといわれる。便秘にもいい」
「確かに。私にピッタリ・・・ナニ言わせるのよ」
「次は北千住でスイートポテトを買って来よう。やっぱり最後はスイートポテトだよ」
「これで決まり。残り4個は私のもの」
「・・・・・」


本日の大金言。

大学芋の発祥については諸説あるが、大正時代、東大の赤門の前の店がでさつまいもに蜜を絡ませて売ったところ大人気になったとも言われる。それで「大学芋」。歴史にイフはないが、もしそれが幼稚園の前だったら、「幼稚園芋」になっていたかもしれない。組事務所前だったら、極道芋?




                 おいもやさん⑥ 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご来店、ありがとうございました。

先日、お客様がお見えになった際に接客させていただいた菅原と申します。
早速、うちの商品を紹介して頂けて大変光栄に思います(*^^*)
赤羽様でしたでしょうか??うちのスタッフから、お客様からお褒めの言葉(電話)を頂いたと申し出がありました。ありがとうございます。
カモテは一年中の取り扱いがございますが、また、四季折々で違う品種も入荷されますので、季節事にいろんなお芋がお楽しみ頂けます。大宮にお立ち寄りの際は、是非また、当店に足を運んで頂ければと思います★
赤羽様のお越しを心よりお待ちしております。

大学いもが大好きです

MORIKANAは大学いもが大好きです。
お店やお総菜屋さんで大学いもを見かけると、ついつい買ってしまいます。
大学いもが好きなんて周りに言ったら、時代遅れだって馬鹿にされるかもしれないけれど。でも大学いもを馬鹿にする人って、真価をわからないまま傲慢に嫌っているだけのことが多い。
本当は自分で大学いもを上手に作れれば好きなだけ食べられるのにって妄想することも多いんです。

Re: 大学いもが大好きです

> MORIKANAは大学いもが大好きです。
浅草の千葉屋も美味いです。大学芋ってスイートポテトに負けないと思います。コメントありがとうございます
> お店やお総菜屋さんで大学いもを見かけると、ついつい買ってしまいます。
> 大学いもが好きなんて周りに言ったら、時代遅れだって馬鹿にされるかもしれないけれど。でも大学いもを馬鹿にする人って、真価をわからないまま傲慢に嫌っているだけのことが多い。
> 本当は自分で大学いもを上手に作れれば好きなだけ食べられるのにって妄想することも多いんです。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR