天才日本画家展のち「玄米豆カレー」

 京都のグルメ亀仙人から突然の糸電話。「東京国立近代美術館で竹内栖鳳(たけうちせいほう)展が開かれてます。東の横山大観、西の竹内栖鳳と称される日本画家で、このお方の絵は一見の価値があります。村長も枕絵ばかり見てないで、たまにはこういうものを観るとよろしい。腐りかけた頭には目からウロコ、ですよ。ぐひひひ」。枕絵ばかり見てる? ドキリ。

          クシガーデン12 
          東京国立近代美術館

村長は思い立って、「東京国立近代美術館」がある竹橋へと向かった。ついでに、久しぶりに毎日新聞社があるパレスサイドビル1階にある「KUSHIGARDEN(クシガーデン)」で玄米ランチでも食べようかと思ったからである。絵画好きで玄米好きの村民2号も付いてきた。竹内栖鳳(たけうちせいほう)は確かに目からウロコだった。中でも「金獅」は特に村長の心を揺さぶった。初めて観る原画。日本画と洋画の驚くべき融合。その余韻を引きずりながら、歩いて3分ほどの「クシガーデン」でランチを取ることにした。

「クシガーデン」は玄米中心のマクロビオティックレストランの老舗で、村長は宮仕え時代にお世話になった「週刊ポスト」元編集長S氏にここを指定され、何度も食事やお茶を飲んだものだ。S氏はすでにこの世にはいない。S氏は村長の敬愛した不屈の鬼才で、「週刊ポスト」を週刊誌売り上げナンバーワンにした伝説的な編集者でもある。

          クシガーデン② 
          玄米中心のレストラン

その「クシガーデン」のランチメニュー。村長は「スパイシー玄米豆カレー」(サラダ、スープ付き980円)を選んだ。村民2号は「豆腐の味噌焼き」玄米セット(1000円)。店内はどこかバリ風の開放的で、牧歌的なムードが漂う。お客のほとんどが女性だった。女性は自然食がお好き。10分ほどで、スープとスパイシー玄米豆カレーが登場。中央に柔らかく炊かれた玄米が位置し、その右隣にキーマカレーのようなカレーと焼いたさつまいもと大根が乗っかっていた。湯にくぐらせたキャベツ、ニンジンのサラダも乗っている。

         クシガーデン④ 
         ジョン・レノンもハマった?
         クシガーデン⑦ 
         キーマカレーのよう

カレーはレンズマメ(平豆)とタマネギ、それに味噌も使っているそう。スプーンで口に運ぶと、煮込まれたレンズマメとタマネギの食感が悪くない。まるでキーマカレーの味わいで、挽き肉が入っているのでは、と思えるほどのうまさ。その後に結構な辛みがふわーっと広がる。ふと疑問を女性スタッフに聞いてみた。
「ここでは肉とか砂糖とか食品添加物は使われていないんだよね。でも、挽き肉が入ってるみたいだね」
「それは小麦から取ったタンパク質なんですよ。正蛋(せいたん)って言うんですよ。肉の食感みたいでしょ?」
村長は精進料理を思い出した。豆腐でウナギのかば焼きを作るワザ。うーむ。

          クシガーデン⑤ 
          女性がお好き?
          クシガーデン⑥ 
          もっちりと炊かれた玄米

玄米は見た目よりも柔らかく、もちもちしていて、どういう炊き方なのか、玄米=固めという固定観念を砕く。美味いというより「体にいいだろうな」という味わい。スープもキャベツも薄味で、こちらもうまいというよりは「体がきれいになる感じ」だった。
「私が炊く玄米よりも柔らかい。味も薄味だけど、うまく作っているわ。値段は高めだけど、これだけ食材にこだわれば、納得よ。気に入ったわ」
村民2号が、一瞬だけ竹内栖鳳の「絵になる最初」のような表情をした。村長はマヌケな「熊」になるしかなかった。


本日の大金言。

あのジョン・レノンもマクロビオティックにハマったという。世界は「イマジン」の世界からどんどん遠ざかっている。その分、ジョンの叫びは世界の辺境で生き続ける。




                     クシガーデン11
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR