「旧近藤長屋」のそば団子

 あん団子好きの彦作村長が、以前から目に付けていたのがそば団子。軽井沢でのランチタイム。そば団子を求めて三千里。軽井沢銀座を北に向かってどんどん上がっていくと、明治の文豪が愛した老舗旅館「つるや」が見えてくる。その手前が8年前の平成15年まで、「近藤長屋」と呼ばれた江戸・明治の面影を残す一角である。ここに終戦直後、東京大空襲で焼け野原になった銀座の老舗がそっくり移転してきた。「軽井沢銀座」の名前の由来である。

         ちもと①  
         ちもと総本店

いい雰囲気の茶屋風の店から、焼きダンゴの匂いとともに、「そば団子」の文字が見えた。「ちもと総本店」。そこが目的の店。近藤長屋は惜しまれながら、平成15年に取り壊され、「ちもと総本店」も以前の面影を残した造りで建て替えられた。開放的な造り。「ちもと餅」や「天然かき氷」など名物メニューにも目が行ったが、あんこマニアで団子好きとしては「そば団子」(2本400円)は外せない。「もりそば」(780円)と一緒に頼むことにした。村民2号は「冷やしとろろそば」(950円)。

          ちもと③ 
          リーズナブルなそば

お茶ではなく水がやってきた。続いて「もりそば」と「冷やしとろろそば」。そばは手打ちの信州二八そば。これが意外にイケた。量は少なめだが、歯ごたえとのど越しがいい。そろそろ新そばの時期だが、これはまだ旧ソバだそう。ツユの出汁とかえしの加減も悪くない。

          ちもと④ 
          もりそばでござる
          ちもと⑦ 
          あちきは冷やしとろろそば

「しっかりした味ね。軽井沢が信州だということがよくわかるうまさ。ちもとは甘味処というイメージだったから、そばもイケるとは思わっていなかった。私に言わせれば、軽井沢のそば処は高すぎる。ざるに天ぷらを付けると1500円は軽く行ってしまう。敷居が高過ぎよ。その分、ここは穴場かもね」
村民2号が喜んでいるのか怒っているのかよくわからない言い方でひとくさり。

          そば団子① 
          ディスイズそば団子!

「そば団子」がやってきた。竹串でピンポン玉大のそば団子が2個串刺しにされている。それが2本。こしあんでしっかりと包まれている。これこれ。絶景、である。竹串を指先でつまんで、あいさつ代りにひと口。むにゅりとした食感。こしあんは甘さがかなり控えめ。奥に控えたそば団子は、そばがきそのもので、こしあんとの境が一瞬わからないほどの色合いだった。本物の素朴なそば団子。その当たり前の現実にささやかな感動を覚えてしまった。軽井沢の旧近藤長屋で、そば団子を賞味している。目を閉じると、江戸・明治の人の行き交いが映し出される・・・。

          ちもと⑧ 
          これこれ
          そば団子③ 
          ああ無情

「でも、水じゃちょっと興醒めね。せめて温かいお茶くらいサービスしてほしいわ」
「2013年9月の軽井沢だよ。ここは比較的値段も良心的だし、ぜい沢言ってはいけない。天然かき氷も食べたいけど、ウマズイめんくい村の財政事情から今回は我慢するよ」
「当り前よ。この先に芭蕉の句碑があるの。芭蕉の名句、蚤虱馬の尿する枕もと。村長も爪の垢を煎じて欲しいわ」
「ノミシラミ馬のしとする枕もと、かァ。滲みるなあ」
「ずーっと滲みっ放しになっててよ」
「・・・・・・」


本日の大金言。

駄句二つ。竹串を残して団子成仏す 東風吹かば蚤も虱も家もなき ダメだこりゃ。




                      そば団子④
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

軽井沢の天然カキ氷

軽井沢のちもとは私も今年の夏に行ったんですよ。夏休み中の8月だったのでものすごい込みようでした。げんなりでした。
 
私はそば団子ではなく、天然カキ氷の小豆。天然氷を使ってかき氷は秩父と日光とここくらいでしょう? ちもとのカキ氷は餡も多くて、天然の氷はふわふわ冷たくてメチャ美味かったです! 村長がこれを食べなかったとは・・・。心中ご察しします!

でも、私はそば団子を食べなかったのであまり大きな顔はできません(笑々)。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR