メッカ北千住の絶品和牛バーガー

 東京会館で行われた秘密ペンクラブの例会の帰り、彦作村長はいつものように北千住にふらりと立ち寄った。時計を見ると、午後8時半を回っていた。小腹がすいていたのと、前から行ってみたい店があったので、村長は氷川神社方面へと急いだ。今、北千住で最もうまいハンバーガーを出すという評判の店「サニーダイナー本店」へ。噂は本当か? 自分の舌で確かめてみようと思った。

         サニーダイナー13 
         懐かしい場所

彦作村長は北千住がハンバーガーのメッカになりつつあることを、このブログでも紹介したことのある「蜂の巣」ですでに実感していた。「サニーダイナー」は7年ほど前に北千住で産声を上げた。その後、行列のできるバーガー屋として、人気を呼び、今ではルミネにも2号店ができている。何を隠そう、この「サニーダイナー」と彦作村長はちょっとした縁がある。

エンターテインメント新聞社時代、北千住のアパート2階に一部屋借りていたことがあるが、「サニーダイナー」はその真下の1階で産声を上げたのである。いわば彦作村長の足元でドラマが起きたということになる。7年前の話だが・・・。

         サニーダイナー① 
         サニーダイナー本店

外観は当時のまま、真っ赤なアメリカンポップスタイルで、アンディ・ウォ―ホールが店内でハンバーガーを食べていてもおかしくない雰囲気。店内は6席ほどのカウンターと左奥がテーブル席二つというほどよい狭さ。テーブル席のソファも真っ赤で、オーナーの徹底したアメリカンポップ好きがわかる。なぜかカウンターにはキューピー人形が置いてあった。

         サニーダイナー② 
         メニューは安くない

本格的なハンバーガーは安くない。最近ビンボーな村長は、一番人気の「タルタルベーコンチーズバーガー」(1380円)に目が行ったが、右目がメニューの右下をしっかりとらえていた。一番安い「フッツウ」(980円)。ここで見栄を張るべきか否か迷っていると、女性チーフの「一番シンプルで国産牛肉100%のパティ(手ごねハンバーグ)とトマトなどの野菜が付いています。美味しいと思います」という説明の仕方が気に入った。天使のような感じのよさ・・・。「フ」と「ツ」の間に小さい「ッ」が入っているセンスも悪くない。

         サニーダイナー③ 
         〆て1230円ナリ
                 サニーダイナー⑥ 
            この圧倒

「生ビールが半額で250円ですけど・・・。オーナーの気まぐれで半額にしてるんですよ(笑い)」
「それも一緒にお願いします」
右奥の鉄板でパティを焼き始めた。いい匂い。12~3分ほどで「フッツウ」がレーベンブロイの生ビールを従えてやってきた。うむむむ。こんがり焼けた国産牛のパティを挟んだハンバーガー。デカい。その横にはトマトとタマネギ、それにキャベツのコールスロー。さらに揚げ立てのフライドポテトがどっさり。見た目と存在感はマル。

         サニーダイナー⑦ 
         黒毛和牛のジューシー
         さにーだいなー 
         柔らかな豊饒

この店がなぜ人気があるのか、ひと口ガブリで理解できた。バンズ(パン)の柔らかさとモチモチ感が際立っていた。特注のバンズだそう。間にトマトとタマネギを挟みさらにガブリ。主役の手ごねパティから、いい黒毛和牛特有の肉汁の甘みがじゅわじゅわと滲み出てきた。味付けが塩だけのようで、それがまた肉の旨味を引きたてている。野菜から何からいい素材を使っていることが伝わってくる。

        サニーダイナー⑨ 
        脇役にも感心

バンズに塗られたホワイトソース、コールスローの自然な味わい、フライドポテトの塩加減。村長の足元でかようなハンバーガーが誕生していたとは・・・。レーベンブロイを飲み飲み、残りのフライドポテトをつまむ。目の前には愛らしい女性チーフ。最近不幸せな村長は、ハンバーガー一個の幸せをしばしの間、噛みしめるのだった。



本日の大金言。

ポパイの脇役ウィンビーもジミ・ヘンドリックスも大好きだったハンバーガー。アメリカ文化のよき時代。それが日本で新たな可能性を生んでいる。





                     サニーダイナー12
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR