佐野ラーメン隠れ老舗の実力

 栃木県・佐野市はウマズイめんくい村贔屓(ひいき)のラーメンスポット。200軒以上のラーメン屋がノレンを下げている日本でも有数のラーメン王国で、首都圏から車で1時間ちょっとで来れる便利さもあり、土日や3連休などは人気店の前には長い行列ができる。ウマズイめんくい村の怪しい一行も、3連休最後の日、久しぶりに旨いラーメンを食べたくなり、佐野へとポンコツ車を飛ばすことにした。

彦作村長は以前から気になっていた店がある。老舗の一つ「精養軒」である。地味系だが、昭和5年創業の青竹ラーメンの元祖「宝来軒」と並ぶ一方の雄である。佐野ラーメンの特徴は透き通った醤油ベースの鶏がらスープとメンマ、ナルト、それに青竹打ちの中太麵というのがベースだが、「精養軒」はちょっと違う。ナルトはないし、醤油スープもこってりと濁っている。何よりもその麵はぶっ太くて、縮れ具合も半端ではない。麺だけ見れば白河ラーメンや喜多方ラーメンに近い。それは彦作村長の好みでもある。

        精養軒12  
        老舗の中華屋さん

正午過ぎに到着。「創業から60年以上は経っている」という店は、今流行の小ジャレタ雰囲気はない。ラーメン店というより昔ながらの中華屋さんといった佇まい。カウンターとテーブル席、それに小上がりという構成で、店主が一人、それに奥さんらしき女性が一人でほぼ満員の店を切り盛りしていた。佐野の人気店のほとんどがアルバイトを使っているのに、「若いもんには任せておけんわ。自分たちでやるのが一番」という頑固なポリシーを感じる。

        精養軒② 
        うまい安いの王道

村長はメニューを見て軽く驚いた。全体的に安い。餃子はなくシュウマイ。少々迷ったが、村長は「チャーシュウメン」(650円)を選んだ。村民2号は「ラーメン」(500円)。目の前の広い厨房で平ザルを見事に使って、麵の湯切りをする姿は、どこか牧歌的で、村長がこれまで入った佐野ラーメンの人気店とはひと味違う光景。

       精養軒④ 
       チャーシュウメン

20分ほど待たされた。長い。だが、やってきた「チャーシュウメン」と「ラーメン」を見て、多少の不満は吹っ飛んだ。濃厚でこってりとした醤油スープは、その見た目の濃さを裏切る味わいだった。何と言っていいのか。柔らかくて深い甘み。タマネギが点々と浮いていて、その甘みがタマネギから来ていることがわかる。
「このスープ、こってりしているのにやさしいわ。見た目とまるで違う。お腹に染み入ってくるような味。うまいわ」
と村民2号。 

        精養軒⑦ 
        スープの奥行き
        精養軒⑥ 
        おめーん、一本

村長は麺に感動を覚えた。地粉を使っているのではないか、そう思えるほど、グレーががってぶっ太い縮れ麵。他の佐野ラーメンの麵とはひと味違っていた。コシもモチモチ感も別次元だと思う。細麺好きには合わないかもしれないが、村長がこれまで食べた佐野ラーメンの中では最も好みに近い。 

        精養軒⑨ 
        チャーシュウに感心

チャーシュウは5枚(ラーメンは2枚)で、それほど大きくはないが、1枚1枚に厚みがあり、多分ヒレ肉を使っているのだろう、その緻密な柔らかさと肉感がとてもいい。メンマは穂先メンマを使っていて、柔らかさとシャキシャキ感にあふれている。すべてに手づくりのハンコが押してあるようだ。

「こういう店が存在していることに佐野の深みと実力を感じるわ。難を言えば、待ち時間かな」
「いい店であることに変わりはない。チャーシュウメンも650円とは思えない満足度。佐野の本物って感じ。一つだけ言わせてもらうと、店主にはきりっと白衣を着てほしい。普段着でエプロン姿だけど、見た目が清潔感に少々欠けるのが残念」
「私は全然気にならないわ。不潔の塊の村長がそんなことを言うとはね。そっちの方が残念よ」
「・・・・・」


本日の大金言。

新しい波と頑固な佐野ラーメン。商売優先と職人の矜持(きょうじ)。その2つの流れががうまくいけば、佐野ばかりでなく日本のラーメン界の未来は明るい。


  
                     精養軒10
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR