平林寺の紅葉と武蔵野うどん

  埼玉県新座市野火止の古刹(こさつ)・平林寺は、首都圏でも有数の紅葉スポットである。数年前、京都にお住いの調布先生が美女とブログキング・渓流斎先生を伴って、この紅葉を愛で、近くのそば屋で熱燗と美味いそばを食べたとメールしてきたことがある。彦作村長はぎっくり腰で行けなかったが、地団駄(じだんだ)を踏んだ。調布先生と糸電話で話していて、そのことを突然思い出した。

          平林寺③ 
          平林寺の紅葉三幅
          平林寺⑤ 
          平林寺④ 

平林寺には、戦国武将・増田長盛の墓もある。行かずばなるまい。
「私はそんな人には関心がないわ。それより旨くてメチャ安の武蔵野うどんの店があるらしいわよ。平林寺からちょっと離れているらしいけど、周辺の観光客用の高いそば屋なんかより、B級の村長としてはそっちでしょ」
村民2号がうどん好きの知り合いからの情報を開陳した。行かずばなるまい。

その安くて旨い「池田うどん屋」は平林寺入り口からこもれび通りを20分ほど歩いた、志木街道沿いにあった。トラックがビュンビュン走る中、右手に「本物手打ちうどん・そば 池田うどん」という地味な看板が見えた。田舎のごくフツーの一軒家。「手打ち うどん そば」という紺地のノレンが下がっているだけ。玄関には店の名前も書いていない。駐車場には3~4台の車。

          池田うどん④ 
          池田うどん
          池田うどん③ 
          素朴とシンプル

きっと頑固なオヤジさんが昔ながらのスタイルそのままにいるんだろうな。その予感は的中した。店内はテーブルが6つ、奥が小上がりになっていて、テーブルが2つ。ご夫婦で切り盛りしているようだった。小上がりに腰を下ろして、メニューを見ると、まずその安さに驚く。「もり(うどん、そば)380円」「きつね400円」・・・。村長は「肉汁うどん 550円」、村民2号は「野菜天うどん 400円」をそれぞれ選んだ。店主が「あつもりもできますが」と言ったので、「では、そちらをお願いします」。

          池田うどん⑥ 
          肉汁うどん
          池田うどん⑦ 
          野菜天うどん

待ち時間12~3分ほどで本日の主役が登場した。「手打ち」の場合、待ち時間は長い方が期待できる。年季の入った朱と黒塗りの大きな器は多分プラスチックだろう。だが、その中に盛られたうどんは、うっすらと茶色がかっていて、手づくり感十分の、武蔵野うどんだった。素朴な田舎うどんであることを隠そうともしない。太さがまちまちで、エッジが立ち、よじれ具合が悪くない。洗練とか飾り気とかは無縁のうどん。

          池田うどん⑨ 
          土着の手打ちうどん

まずはひと口。強いコシともっちり感が際立っている。小麦の風味もある。地粉ではなく北海道産を使っているそう。武蔵野うどんの有名店「田舎っぺ」のような仰天するほどの過剰な太さも長さも固さもない。肉汁は大きな豚肉が2~3切れと長ネギ、それに小松菜が入っていた。かつお節の出汁と薄口のかえし。自然で家庭的な、昔ながらのツユだが、村長は少々物足りなく感じた。もう少しかえしが強い方が好み。

          池田うどん10 
          豚肉もどっかと

「私は気に入ったわ。うどんもツユも田舎のおじさんのような素朴な味。野菜のかき揚げは作り置きだけど、カラッとしていてイケる。これで400円とはびっくり。コストパフォーマンス的には平林寺周辺ではここが一番じゃないかしら。他の店は店構えはいいけど、高かったから」
「さすがドケチ村民2号の情報だよ。外見より愛想はなくても中身、ということだな。ところで、調布先生はどこで食べたんだろう? まさか観光客用の店だったりして・・・」
「きっとここに来てるわよ。今ごろクシャミしてるんじゃないかしら」


本日の大金言。

見事な平林寺の紅葉。松平信綱の墓は巨大だったが、関ヶ原後に71歳で切腹して果てた豊臣五奉行の一人、増田長盛の墓は、驚くほど小さかった。



                        池田うどん12 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR