土俵入り、秩父名物「豚みそ丼」

 「秩父名物 豚みそ丼」の存在を知ったのはテレビのローカルニュースだった。映像を見る限り、実に旨そうだった。肉がドンブリからはみ出ていた。観光客やバイク族が押し寄せ、土日の昼飯時などは、1時間待ちになるほどの人気だという。このところ紅葉づいているウマズイめんくい村の怪しい一行は、次の標的をこの「豚みそ丼本舗 野さか」にした。

          野さか11  
          じぇじぇじぇ、レアな看板

混雑を避けて、午前11時前に到着。西武秩父駅から歩いて5分ほどの国道140号線上に「野さか」の大きな看板がかかっていた。「秩父名物 豚みそ丼 並850円」という墨文字が無骨でいかにも武州・秩父らしい。この地方には昔からイノシシを味噌漬けにして保存する習慣がある。今ではイノシシから豚になり、それが「秩父名物 豚みそ丼」へと味な変換をしていったようだ。

          野さか10 
          豚みそ丼本舗 野さか

「野さか」の前の駐車場はすでに埋まっていて、店の入り口周辺には、名前を記入した人が手持ち無沙汰に順番を待っていた。20分ほどで名前を呼ばれて、店内に入った。すぐ右側に10人ほど座れる大テーブル、さらに4人用と2人用テーブルが7~8個ほど。結構広い。自販機で定番の「豚みそ丼(並盛) 850円」を押してから、奥のテーブル席に腰を下ろして、ひたすら待つ。

          野さか12 
          豚の誘惑

お盆に乗って、「豚みそ丼」がやってきた。確かにドンブリのふたから豚肉がはみ出していた。ある種の感動。ふたを取ると、「みそ豚さま」が、こんがり焼けたいい匂いを放って、鎮座していた。これだこれだ。長方形のバラ肉が2枚とロース肉が3枚。それがデカい。下のご飯が見えない。万能ねぎが上からパラパラ。

          野さか④ 
          勇み足?
          野さか⑥  
          この圧巻!

備長炭で焼いた味噌漬けの豚肉は、端っこが焦げていて、それが秩父の豚肉の現実を語っているようだった。バラ肉からは甘い脂がしたたり落ちて、味噌と醤油だれの味付けがやや濃いめロース肉は肉感十分で柔らかい。この2種類のバランスが豚肉好きにはたまらない。
だが、あえて言うと、ご飯には特筆するものを感じなかった。まずくはないが、特に旨くももない。肉が圧巻なだけに、少々物足りない。ドンブリはご飯が基本だと思う。

          豚味噌② 
          バラ肉の陶酔
          豚味噌 
          ロースの柔らかさ
          豚味噌④ 
          ご飯のフツー

「ロース肉が特に旨いわ。バラ肉は少々苦手。焦げ過ぎよ。少々高くなるけど、ロース丼にすればよかったわ。でも、お腹にずしんとくる。夕ご飯は軽くしたい」
「紅葉を楽しんだ後に、このボリューム感。まずまず満足。伝説の力士・若秩父を思い出したよ」
「古いわねえ」
「横綱を期待されたけど、関脇で終わった。この豚みそ丼も豚丼界では関脇クラスかな。期待が大きすぎたかな」
「関脇ならすごいわ。だから人気があるのよ。テレビがあおるとまた客が増える」
「ハエも来る」
「1匹、ずっと飛んでたわね。豚丼につられて(笑い)。自然が生きてる証拠」
「我々もハエと変わらない(笑い)」
「村長と一緒にしないでよ」
「ハエ~っ(ハイのつもり)」
「・・・・・」


本日の大金言。

秩父の豚みそ漬けの歴史は古いが、豚みそ丼の歴史は5年ほど。北海道・帯広の豚丼のみそ版といったところか。あるいは、豚丼界の遠藤かも。狙え横綱、である。




                    野さか⑨ 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バカの連鎖

テレビに引かれて店に行くバカ、行列するバカ。それを伝えるバカ。
プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR