「大学いも界」のチョモランマの味

 先月のこと、京都のグルメ亀仙人が東下りした折に、浅草でちょっとした会合を持った。その際にグルメ亀仙人が「大学いも 千葉屋」の紙袋を手にしているのを、彦作村長は目ざとく見てしまった。さすが、と彦作村長は唸った。大学の偏差値の頂点は東大だろうが、こと大学いもとなると、浅草の千葉屋を押す人が意外に多い。東大を超えて、大学いも界のチョモランマ、かもしれない。ん?

浅草には明治9年(1876年)創業の「おいもやさん 興伸」もある。ここのスイートポテトは特に絶品で、大学いもも旨い。種類も多く、東京を中心に15店舗を構えるまでになっている。だが、「大学いも 千葉屋」は、昭和25年(1950年)創業以来、言問通りの「雷5656会館」の並びで、手を1センチも広げずに、戦後の匂いを残す小さな店で、大学いもを作り続けている。メニューは「大学いも」とスライスした「切揚」のみ。それも少量しか作らない。チョモランマというよりイリオモテヤマネコのような存在。

            千葉屋⑧  
            昭和にタイムスリップ!

            千葉屋② 
            切揚は売り切れていた

彦作村長とウマズイめんくい村の一行は、「正ちゃん」でホッピーと牛めしを堪能した後に、ほろ酔い家分で、「千葉屋」に足を運んだ。午後3時を過ぎたばかりだというのに、「切揚(きりあげ)」(400グラム700円)はすでに売り切れていた。かろうじて、「大学いも」(400グラム700円)がホーロー挽きの器に残っていた。甘い素朴な蜜の匂いと木枠が昭和にタイムスリップした気分。奥が厨房になっていて、頭にねじり鉢巻き姿の中年男性と女性が、年季の入った大鍋で大学いもを作っている最中だった。ここにも職人がいる。

            千葉屋⑥ 
            作り立てダス
            千葉屋⑦ 
            黄金色の美味

村長は400グラムを買い求めて、浅草をそぞろ歩きしながら、揚げ立て、作り立ての大学いもを2個だけ賞味してみた。外側の蜜は意外にさらっとしていて、中のさつまいもの旨味を引きたてる意図を感じた。「おいもやさん 興伸」の蜜は水飴のようにドロリとしているが、「千葉屋」は甘さが控えめで、蜜の存在を適度に抑えた味。それは好みの問題でもあるが、正直に言うと、村長の好みは「おいもやさん」の方。だが、その判断は甘かった。

ウマズイめんくい村に持ち帰って、翌日の朝、本格的に賞味することにした。買ってから17時間ほど経過していた。備前焼の小皿に乗せて、改めてしみじみと見た。黄金色の蜜のテカり。黒ゴマの点々。只者でない雰囲気。静かになめんなよ光線を放っていた。
「揚げ立ても美味かったけど、それよりも馴染んで来るのかしら。姿がよくなっている気がするわね」
村民2号も見入っている。

            千葉屋①  
            17時間後
            千葉屋⑤ 
            チョモランマ!

賞味すると、外側の蜜はやや濃厚さを増していて、甘さがより馴染んでいた。だが、中のさつまいもはホクホクのままで、冷たくなっているにもかかわらず、蜜のトロリ感との相性が絶妙と言わずにいれない。揚げ立ての時には感じなかったほのかな塩加減も効いている。口中に残る後味がうむと唸りたくなるほどいい。うむむむ。つい、電話であれこれ聞いてみたくなった。

「さつまいもは季節によって変えてます。今の時期は鹿児島の紅さつまを使っています。買ってから翌日までに食べてください。えっ、なぜ千葉屋なのかですか? 創業当時に千葉のサツマイモを使っていたからなんですよ。えっ、じっくりと低温で揚げているかですって? 最後に表面を高温で固めるのかですって? ま、そのあたりは秘伝ですよ」
店主らしい男性が、最後はあきれ返るように笑った。


本日の大金言。

たかが大学いも。それにスタイルを変えず1か所に根を下ろして作り続ける。その素晴らしさ。谷岡ヤスジの「才能のある奴は一杯いる。オレは10年やって、初めて認める」という名言を思い出した。それが63年の重み。




                       千葉屋⑥ 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽彦作村長

Author:赤羽彦作村長
あの!エンターテインメント新聞で記者、デスク、編集プロデューサーとして活躍。思うところあって、原発で揺れるヤポネシアを辺境から見つめ直すべく、イカダを組み、オンボロ旗を揚げ、組織を脱出。荒海に乗り出す。「B級うまいものの宝島」を目指して、櫂をガタガタと漕ぎ出すことにした。一か八か泥船となるか、間違って宝船となるか?
特に麺類と和菓子にはうるさい。「舌の上から斜めに世界を見る」などとほざいている。はっきり言ってバカの3乗である。年齢不詳。乙女座、AB型。村民を募集している。

最新記事
カテゴリ
彦作のつぶやき
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR